2018/04/23

排石記

本日朝,数年ぶりで排石しました.その記録です.

昨日,4月22日未明午前3時ころ,痛みで目が覚めました.右わき腹が鋭く痛みます.石持ちの私には,これが腎臓結石の移動である可能性が高いことがすぐにわかりました.結石が腎臓内部から尿管に移動してきたしるしです.これがいつも強烈に痛い.痛みで寝ていられません.痛みをこらえていると腹部の筋肉が緊張して軟便を繰り返し,そしてさらに嘔吐.ああ,つらい.

朝になったものの,今日は日曜日で泌尿器科がある病院は休みです.私がいつも週末や祝日に限って排石するのはどうしたことでしょう?朝食を食べる気にはなれないものの,鎮痛剤を飲むには空腹はまずいと思いバナナを一本.鎮痛剤を探すと,期限切れのバファリンしか見当たらないと思ったところに,家人が残った処方薬の中からアセトアミノフェンを発見.これはまさにこの症状に対するドンピシャリのお薬なので,白湯で服用します.これが午前5時55分.ところがなかなか効いてきません.ようやく7時くらいになってから痛みが和らいできました.やれやれ.

あとは水分をたくさん取り,運動して石を膀胱に落とすしか手はありません.その場駆け足や家人が勧める「かかと落とし体操」をやってみますが,すぐに石が落ちてくるわけではありません.しかしこれを断続的に継続し,さらに水を飲んでいると,痛い部位が少し下がってきたのがわかりましたので,これは良いと思ってさらに継続.一方,こればかりやってもいられませんし,寝ている間に石が尿管を下っていくこともあるので,日常のルーチンワークも始めました.部屋のふき掃除やら,昔の写真のスキャンなどの軽作業です.

昼食後,尿管の痛みが軽くなったように感じ,逆に膀胱に違和感を感じ始めたので,定期的に水分を摂取しておしっこをどんどん作ります.この時,肉眼でようやくわかる程度の血尿を確認し,やはりこの痛みは尿路結石だったとわかって一安心.ほかの病気だったらえらいことですから.

寝不足なので夜は早めに就寝しました.もう鎮痛剤は飲みません.膀胱に鈍痛と違和感が残っていましたが,寝付けないほどではありません.翌朝の本日,起床後の最初の排尿で見事排石.石が尿道を通る時の感覚ですぐにわかります.しかも今回は採集にも成功.長径6mm,短径4mm程度の勾玉型.先が尖っていて,いかにも痛そう.これが尿管を下って来たのかと思うと,痛みが再発しそう.とにかくこれで一件落着.たまたま大型連休明けに定期的な診察の予約を入れているので,石を持って行って説明しようと思います.

ちなみに前回の排石は,2010年11月3日の未明でした.今回と同じ時間帯で,この時のメモによると,

右腎より石排出し尿管途中に引っかかる.早朝より激痛.07:00にXX病院にて採血,ブドウ糖・鎮痛剤を点滴.CT撮影にて石を確認して帰宅.同日深夜に膀胱に落ちる.翌日10:30頃排出.
とあります.今回と経過はほとんど同じだったのですね.でもこの時は病院に行って鎮痛剤を点滴しているので,もう少し大ごとで費用も掛かりました.今回はすべて自力,費用もゼロ.でもやっぱり痛かった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/10

ダチョウ牧場

昨日は家人のリクエストに応えて,遠出のついでにダチョウ牧場に立ち寄ってきました.なぜ日本のこのような農村地帯にダチョウの牧場があるのか,理由はわかりませんが,食肉や卵を生産しているのは確かです.牧場内の売店では加工肉を買うこともできます.

Ostrichfarm_apr2018_0002m

囲いの中にたくさんのダチョウが放し飼いにされているのですが,こちらが柵に近づくと餌をもらえると期待してたくさんのダチョウが近づいてきます.ダチョウのほうが人間よりも背が高いので,多数に近寄られると迫力があって怖い感じ.首が長いのでつつかれる危険もあり,餌をあげるのもこわごわという感じです.

Ostrichfarm_apr2018_0004m

顔は小さく,まつ毛が長く,口角のしわが何とも可愛らしいのですが,足を見てびっくり.まるで恐竜の足そのもの.筋肉隆々で,特に趾(あしゆび)が太く,爪も巨大.これで蹴られたら大怪我をするだろうなと思いました.鳥と恐竜が共通の系統だったことが一目でわかります.

Ostrichfarm_apr2018_0018m

大人のオスらしい個体も何頭かいたのですが,これはさらに背が高くて力強く,そばに来られると本当に怖い感じがしました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シダレザクラとヤエザクラを観てきました

昨日はちょっと遠出をして,シダレザクラヤエザクラで有名な公園を散策してきました.例年だと今頃がシーズンなのですが,今年は季節が1-2週間ほど早まっているため,シダレザクラはすでに散りかけてみすぼらしくなっており,一方,ヤエザクラはまだこれから開花が進むという端境期の状況でした.

Hitachifudoki_apr2018_0016m

世の中ではサクラというとソメイヨシノ一本やりの傾向がありますが,江戸末期にソメイヨシノが開発されるまでは,サクラや花見といえば主にヤマザクラだったはずで,歌舞伎の吉野山もヤマザクラです.シダレザクラやヤエザクラはいずれもこのヤマザクラの系統なので,ソメイヨシノよりも歴史のある桜の品種です.

Hitachifudoki_apr2018_0027m

散る直前のシダレザクラはなかなか優美.下から見上げるといい感じで写真が撮れます.

Hitachifudoki_apr2018_0039m

この公園には,この地域の有名なお祭りの主役となる獅子頭の巨大なオブジェが建設されていて,いやでも目を引きますが,もうかなり傷んできているので修復や塗り直しをすべきではないかと思います.

Hitachifudoki_apr2018_0010m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/07

春の暴風

昨日,4月6日は低気圧が日本海に入り,それに向かって南風が吹き荒れて,日本の広い範囲で春の暴風となりました.このところ干天続きで畑の土が乾いていたため,台地の上の畑作地帯では砂塵がすごかったのではないかと思います.また倒木が電線を切ったり,電車の架線に農業用プラスチックフィルムが引っかかったりして,停電や電車の運休になったところもありました.

この現象は春先には頻繁に起こる風物詩のようなもので,特に珍しいものではないのですが,それでも一日中強風が吹いて電線がうなり,埃っぽいので外出すると目がゴロゴロし,落ち葉や千切れた花弁が大量の吹き溜まりを作ったりするので,無いにこしたことはありません.

なぜ低気圧が日本海に入ったくらいでこのように強風が吹くのか,天気予報できちんとした解説を聞いたことはありません.春先に低気圧が日本の南岸を進んで発達した場合は「南岸低気圧」と言って,関東地方に大雪を降らせることがありますが,このときも低気圧の南西側ではこのように強風が発達するのでしょうか?何とも不可解.

気象学的には今回のような低気圧のことを「日本海低気圧」と呼んでいますが,これでは単なる一般名詞としか思えません.もう少し気の利いた命名はできないものでしょうか?そもそも南岸低気圧と日本海低気圧は本質的に異なるところがあるのでしょうか?

下の写真は我が家に一昨年植えた若木のジューンベリーがつけた花.きれいな花が咲きましたが,この春の嵐で花弁がなくなってしまいました.ちゃんと実をつけるか心配です.

Springhome_apr2018_0012m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/31

Refsort/Ruby 2.92 Released

2月12日に,辞書参照型ソーティングフィルターをスクリプト言語 Ruby で実装した Refsort/Rubyの新版 v2.91 をリリースし,数か月はこのまま落ち着かせるつもりだったのですが,(過去リリースは新しいほうから順に *1 *2 *3 *4 *5 *6 *7 *8 *9 *10),Ruby 本体が3月28日に新版 2.5.1 にアップデートされたことを契機として,Refsort の小改良版 2.92 をリリースすることにしました.

今回の改訂でのユーザーにとっての変化点は,埋め込みマイルストーンの書式の変更です.これまでは,マイルストーンのレベルを表す記号列と,マイルストーン本体との間には0個以上の空白を置くというルールにしていたのですが,今回の 2.92 からは,これを1個以上の空白を置かなければならないと改めます.この改訂はマイルストーンの書式の誤りを捕捉しやすくするためのもので,従来よりも広い範囲で書式の誤りを捕捉できるようになりました.細かい実例などはユーザーズガイドに書きましたので,ご覧ください.

このルールの改訂により,古い辞書ファイルの中には書式エラーとなるものが出てくると想定されますが,このルール改訂は至極単純なものなので,エディタの置換機能などを使って簡単に修正できると思います.また,私が2018年以降にリリースしている辞書ファイルは,すでにこのルールに則っていますので,修正は不要です.

ユーザーズガイドも改訂しましたので,同時にアップロードします.これで様々な改訂は一段落したと思いますので,今度こそ当分の間はこの版で運用したいと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/29

花見のついでにお稲荷さんにお参り

ソメイヨシノが満開になったので,近所の桜並木を散歩したのですが,すぐ近くの稲荷神社にもお参り.ここには,地元の氏子さんが奉納したと思われる観音像 (*1) と地蔵像 (*1 *2) が今でも置かれていて,実に味のある風情を醸し出してくれるので,私は年に何回もお参りしては写真の修行をさせてもらっています.

Shinchiushiku_mar2018_0042m

今日は光線の具合がいまいちでしたが,碑文を読むにはちょうど良い角度だったと思います.右側におかれている観音像は古くて,延宝六年(1678年)の奉納.これは古いです.すでに340年ほど経っているのですが,この古さでこの風化具合は優秀.碑文が容易に読めます.

Shinchiushiku_mar2018_0044m

左側に置かれている地蔵像はそれよりもだいぶ新しくて文政四年(1821年).江戸時代も末期に入ろうかというころで,文政六年にはシーボルトが来日しています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当地でもソメイヨシノが満開

今年は3月が異常な高温となり,ソメイヨシノの開花が大幅に早まりました.このおかげで,例年であれば4月初めころに満開となる当地のソメイヨシノも,昨日,今日と満開です.

Shinchiushiku_mar2018_0014m

Shinchiushiku_mar2018_0007m

それではというので,近所の長い桜並木を散歩.すぐわきの田んぼでは遅めの田起こしををやっていました.また疇にはツクシがいっぱい.でもすでに穂は開ききっていて,食べるには遅すぎます.

Shinchiushiku_mar2018_0030m

おや?と思ったのは,ソメイヨシノに交じって少数植えられているオオシマザクラ.例年だと,ソメイヨシノとほぼ同時期に開花しているのですが,オオシマザクラはまだ蕾を閉ざしたままです.種類によって開花条件が違うのでしょうか?ソメイヨシノの片親はオオシマザクラなのですが.私はソメイヨシノよりも,オオシマザクラの花のほうが好みです.緑色の葉と白い花の組み合わせが絶妙.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/25

ツバキ・ロード

東京ではすでに満開となっていますが,当地でもいよいよソメイヨシノが咲き始めました.そんな陽気の中,本日は当地の地域のイベントに参加して,龍ケ崎市若柴地区にあるツバキ・ロードとその周辺を散策しました.

古くから人の営みがあった場所なので,昔からある古い道や切り通し,古いお寺や神社などを見ながら,お目当てのツバキ・ロードを歩きます.ここは古い河岸段丘の縁に沿って,袖群落の大部分がヤブツバキという,大変珍しく豪華な散歩道.

Wakashibaarea_mar2018_0035m

ヤブツバキの季節としては終わりに近く,地面にはたくさんのツバキの花が落ちていて,木々の中の狭く薄暗い切り通しでは,独特の艶やかな光景を見せてくれます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/18

立ち枯れのクサソテツ

Springhome_mar2018_0076m

我が家の庭で春の花を撮っていたとき,ふと目に留まったのがこれ.立ち枯れたクサソテツ.左右対称,かつ葉の湾曲具合が実に美しいです.根元から新しい葉が伸びてくるのでしょうが,この立ち枯れた姿も見事です.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/03/17

トサミズキの花穂が伸びてきた

Springhome_mar2018_0067m

4日ほど前に,我が家の庭のトサミズキの花がほころびだしたことを報告しましたが,それ以降季節外れの高温の日が多く,花穂がぐんぐんと伸びてきました.最終的にはもう少し長くなるのですが,バランスの良さからすると,本日のこれくらいがちょうどよいように思います.

Springhome_mar2018_0083m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブシが開花

昨日後半に寒冷前線が通過して寒気が入り,今日は最高気温が10度程度と,真冬に逆戻りした感がありますが,日差しは十分に強く日照時間も長いので,やはり春を感じます.

Springaroundhome_mar2018_0012m

東京では先週前半から開花していたようですが,当地でもついにコブシが開花しました.まだほころんだだけの木もありますが,もう満開に近い木もあって,開花段階はさまざま.

Springaroundhome_mar2018_0009m

私の通勤路に生えている大木のコブシではもうかなり開花が進んでいます.昨日の冷たい雨にもめげずに開花を進めていたのだと思います.雑木林の中で最も早く春を告げるコブシ,孤高の輝きが春の到来を高らかに歌っているように感じます.

Springaroundhome_mar2018_0029m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/13

春燭光

冬から春にかけて,自宅の庭では何種類かのツバキの花が咲いていきます.これはその中でも最も大振りなのに上品さを失わない「春燭光」という品種.八重咲きで,このような花弁の重なり具合を抱え咲きというらしいです.ピンクのグラデーションがとても上品.もう20年以上も我が家の冬を彩ってくれています.現在では春燭紅とも言われているようです.あまり紅という印象はないのですが.

Springhome_mar2018_0010m

直射日光をまともに浴びていて,あとちょっとでシロ飛びしてしまうところ.自動露光でぎりぎりセーフになっていますが,明るすぎて彩度が低下気味.もう少し露出を控えて,花弁のテクスチャがわかるようにすべきでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トサミズキの花にへばりつく虫

今朝アップしたトサミズキの写真の番外編.逆光に映える花弁を,玉ボケを入れて撮ってやろうと構図を決めたのですが,撮った後でパソコンで編集していて気が付きました.この虫は何?

Springhome_mar2018_0055m2

もう十分暖かくなったので,このような羽をもった虫も出てきたようです.成虫越冬していたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トサミズキがほころびだした

我が家の庭に春を告げる指標となっている花,トサミズキが先週末からほころびだしています.まだ花穂は伸びておらず,短い状態ですが,今日,明日と気温が非常に高くなるようですから,これで一気に開花が進むことでしょう.

Springhome_mar2018_0031m

毎年,このブログでこの花の開花を報告しているのですが,昨年2017年の記事は3月18日.非常に色気のある花の写真を掲載することができました.一昨年2016年の記事は3月12日.今年とほとんど同時期です.

Springhome_mar2018_0047m

この花の写真を撮るのは意外と難しいのです.なぜかというと,直射日光が当たっていると,花弁の部分,とくにほころび始めの光沢のある部分の輝度が非常に高くなるので,シロ飛びしないように露出を抑えると,他の部分の露出が不足するだけではなく,花弁の細かいテクスチャが失われてしまうからです.これを避けるには,晴天の日よりは薄曇りくらいの条件のほうが,全体に光が回ってバランスの良い露出と花弁の微細なテクスチャが得られます.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

クリスマスローズが満開

Springhome_mar2018_0016m

我が家の庭では,フキがにょきにょきと薹(とう)を伸ばしている傍らで,こぼれ種から増えたクリスマスローズが満開期を迎えています.立派な花なのですが,地面すれすれで下向きに咲くので,写真を撮ろうと思ってもなかなかうまくいきません.この仲間にはたくさんの品種があり,同定するのは難しいのですが,我が家にあるのはレンテンローズと・・・白から緑色の花の品種は何でしょうね?

Springhome_mar2018_0042m

Springhome_mar2018_0018m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/12

ようやくウメが満開

今シーズンの冬は12月から1月にかけて寒かったために,ウメの開花がだいぶ遅れましたが,ここへきて平年よりも暖かい日が多くなり,一気に追いついて来ました.この調子でいくと,ソメイヨシノの開花も例年とさほど変わらなくなるのではないでしょうか?

Hoyodai_mar2018_0007m

団地の中の公園ではそのウメがちょうど見ごろになっています.白梅あり,紅梅あり,その中間のピンクの梅もありで,なかなか楽しめます.

Hoyodai_mar2018_0013m

また,庭木として植えられているミツマタも満開期を迎えています.

Hoyodai_mar2018_0026m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/25

フキノトウが上がってきた

今シーズンの冬は気温が低めで,そのためにいろいろな植物の春の兆しが遅れています.それでもウメは本格的に咲き始めましたし,我が家の庭ではフキノトウが先週末から上がりだし,完全に薹(とう)が立ってしまったものもあります.こうなるともう食べられないので,地面からわずかに顔を出したばかりものを物色する必要があります.この辺りはタケノコ掘りと似ていますね.

Winterhome_feb2018_0005m

春が近づいてきた明確な証拠は,冬型の気圧配置が長続きせず,天気が周期的に変化するようになったことです.しかし関東地方ではこのために日射量が減って,かえって寒い日が多くなるという逆説的な効果もあり,なかなか難しいところです.今日はまさにそのようなお天気.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/17

寒肥やり

春節が始まり,今年も寒肥やりの季節がやってきました.まだまだ寒さが続いていますが,今の時期に元肥とか,寒肥とか言われる遅効性の肥料を花木に与えておくと,成長を促進し,花の付きも良くなると言われているので,ほぼ毎年(サボる年もありますが)欠かさずこの時期に寒肥を庭木に施しています.

昨年の寒肥やりは2月12日でブログの記事はこちら,一昨年は2月21日でブログの記事はこちらです.今日の午後は,日差しは大変強かったものの,寒気の流入で風が強く,にわか雨が降ったりしたのですが,日差しを浴びながら,スコップを地面に突き刺しては肥料を落とし込んで地面を叩くことを繰り返していると,さすがに汗ばんできます.

Winterhome_feb2018_0001m

真冬に日なたで肉体労働をして汗をかくという,この行為が何とも気持ちが良くて,そのためにわざわざ重たい肥料を買ってきては土と戯れることを続けています.

以前は,私が土を掘り返していると必ずと言っていいほど,♀のジョウビタキがやってきては虫を物色していた(*1 *2 *3 *4)のですが,このジョウビタキも昨年からは見られなくなりました.おそらく寿命が尽きたのだと思いますが,それにしても5年以上も続けてやって来たことになります.同じ個体だと証明することはできないのですが,私は同じ♀だったと信じており,彼女の魂が安らかに眠らんことを祈ります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/12

やっと梅が開花したものの

今年の冬は寒気の流入が激しく,12月後半から2月前半にかけて2か月余りも寒い日々が続いています.シベリアや北米でも寒気の流入が激しいらしく,この冬は極渦 Polar Vortex が活発に活動しているようです.

Winteraroundhome_feb2018_0008m

そういうわけで野菜が育たず価格が高騰してますが,ほかの植物にも顕著に影響を与えており,例年だともう十分に開花しているはずのウメが,当地ではようやくほころびかけてきたところです.本日,団地の中の公園に行ってみましたが,梅の木一本につき,ようやく一輪咲いているかどうかといったところです.蕾はたくさん付いており,膨らんで色づいてきてはいるので,もう2週間ほどすればだいぶ目立ってくるのではないかと思います.この調子では,今年のサクラの開花はかなり遅いのではないでしょうか?ちょっと心配ではあります.

Winteraroundhome_feb2018_0011m

寒さが続くからでしょうか,庭木の中ではロウバイがまだまだ咲いていて,強い香りを漂わせていました.ミツマタもつぼみが膨らんできたので,これからが楽しみ.

一方,田んぼでは二番穂を鋤き込む作業が終わり,水路の補修やアシ原の野焼きをやっています.こちらはカレンダー通り着実に歳時記をこなしているところ.あとひと月もすれば,本格的に春めいてくると思われますが,それまではもう少し辛抱が必要なようです.

Winteraroundhome_feb2018_0014m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Refsort/Ruby 2.91 Released

つい1週間ほど前に,辞書参照型ソーティングフィルターをスクリプト言語 Ruby で実装した Refsort/Ruby新版の v2.90 をリリースしたばかりなのですが(過去リリースは新しいほうから順に *1 *2 *3 *4 *5 *6 *7 *8 *9 *10),いろいろなケースで実行させてみると,バグとは言えないまでも動作を改善したほうが良い点が見つかり,またエラーメッセージや警告メッセージを充実させたり,コードの最適化を行ったりしたので,最新版として v2.91 をリリースすることにしました.これでしばらくは落ち着くと思います.

今回の改訂でのユーザーにとっての変化点は,インデント付きのマイルストーンを出力する際のレコードの通し番号の位置です.これまでは,通し番号は実質名の左側に空白を1個置いて6桁の幅で出力していました.しかし,インデントが深くなってくると,マイルストーンの階層の中に数字が混在して見にくくなってしまうため,今回の版から書式を改め,通し番号はインデントの深さによらず左端に6桁の幅で寄せて出力することとしました.これにより,通し番号と実質名の間が広く空く場合もありますが,このほうがかえって見やすくなると思いますので,当面はこの書式で試用したいと思います.

また,エラーや警告のメッセージを充実させたり,コーディングを最適化したりして,スクリプトの細かな改善を行っています.

ユーザーズガイドもこれに合わせて改訂しましたので,同時にアップロードします.ユーザーズガイドの今回の目玉は,Windows に Ruby をインストールする手順を巻末の付録で詳しく図解したことです.操作途中のデスクトップの画面のスクリーンショットをたくさん載せました.これにより Ruby を使う敷居がぐっと低くなることを期待しています.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«Refsort/Ruby 2.90 Released