2017/11/14

コガマの冬枯れ

Takasakiforest_nov2017_0065m

これも先週末の里山歩きの続き.休耕になっている田んぼの一枚はここ数年の間にコガマの田んぼと化しており,今年もたくさんのコガマが穂をつけ,北風に種を飛ばし始めています.コガマの穂はいったん一部が崩れ始めるとどんどんと種が飛んで穂全体が崩れてしまうのですが,最初はなかなか頑丈で,穂の形を保っています.

Takasakiforest_nov2017_0069m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

マメヅタが青々と元気

Takasakiforest_nov2017_0047m

昨日の里山歩きの続き.これは昨年12月にこのブログで紹介したことがあるマメヅタ.相変わらず同じ木にびっしりとツタが張り付いていました.胞子葉も立ち上がっています.不思議なのは,なぜこの木だけこんなにツタが張り付くのか?周囲には似たような木が似たような環境に立っているのですが,なぜこの木だけなのか?謎です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

落葉の最終期

昨夜から未明にかけて大変強い北西風が吹いており,今日はどういう天気になるのかと気を揉んでいたのですが,夜が明けてみると実に穏やかな快晴.日中太陽が高くなっても風が強まることはなく,日陰では肌寒いものの日なたにいるとちょうどよい陽気.

Takasakiforest_nov2017_0003m

今日は絶好の里山歩き日和です.ということで朝から家人と連れ立って近場の森林公園へ出かけました.樹種や個々の木によって紅葉や落葉の進み具合は実に様々.もう完全に葉を落として冬支度を完了した木もあれば,まだ紅葉も途中という木もありましたが,全体としては紅葉も終盤.昨夜の強風のせいもあってか森の木々はだいぶ葉を落とし,落葉樹の林では見通しが良くなってきました.

Takasakiforest_nov2017_0051m

休耕地のほうへ行ってみると,何と一面のセイタカアワダチソウの草原になっているではありませんか.あと2週間ほどして霜が降りるようになると,この草原も茶色く立ち枯れてしまうのでしょう.

Takasakiforest_nov2017_0028m

田んぼのあぜにはコセンダングサの種が目立ちました.これがウールにくっつくとかなり厄介です.同じあぜにオオオナモミも.これも厄介なひっつき虫.

Takasakiforest_nov2017_0059m

Takasakiforest_nov2017_0063m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017/11/06

秋の野の果実

この季節は,自宅の周囲を歩き回っていると,思わぬ収穫に出くわすことがあります.下の写真はその中の一つ.ツルウメモドキの実です.黄色い殻の中に赤い実が隠れているので,非常に色彩豊かな秋の光景を楽しむことができます.

Fallaroundhome_nov2017_0099m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

落花生の収穫

自宅近くの畑では,落花生の収穫が進んでいます.落花生は地面から掘り上げた後,しばらく乾燥させるのですが,このときボッチに積み上げることが多く,下の写真はその直前の様子です.

Fallaroundhome_nov2017_0109m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉進む

ソメイヨシノの紅葉は年によってずいぶんと差があるのですが,今年は秋になって台風にたびたび襲われたにも関わらず,紅葉の色づきは良いように思います.

Fallaroundhome_nov2017_0075m

これは自宅周辺の団地の公園に植えられているソメイヨシノの紅葉の様子ですが,木によって色合いは異なるものの,おしなべて鮮やかな赤色に染まっているようです.

Fallaroundhome_nov2017_0092m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

秋深まる

Fallaroundhome_nov2017_0002m

この週末は台風に襲われることもなく,日差しに恵まれて暖かい日中を迎えることができました.近所の公園を訪ねてみると,ソメイヨシノの紅葉が終盤を迎えており,ほど良く紅葉した葉が梢から地面まで,あたりを彩っていました.

Fallaroundhome_nov2017_0038m

一方,カキノキはすでにすべての葉を落とし,残ったカキの実が熟して落ちるか,鳥に食べられてしまうかという段階にあります.

Fallaroundhome_nov2017_0054m

今年は真夏の天候が不順だったのですが,それでもこれだけの実を付けることができたのはすごいことだと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉はすでに終盤

このところ2週続けて週末に台風に襲われていたので,秋が深まってきていることに気づかなかったのですが,庭の木々を見てみると,すでに紅葉は盛りを過ぎ,葉がどんどんと散っていっているではありませんか.あとは,今月下旬にイチョウの葉が落ちてしまうと,いよいよ冬がやってきたということになります.

日本の季節を言い表すのに,暑いか寒いか雨が降っているかだ,と誰かが言ったそうですが,今年の秋はまさにそのような展開でした.

Fallhome_nov2017_0018m

わが家のメイン・ツリーであるヤマボウシも,すでに紅葉は終盤に差し掛かり,特徴的な実が目立つようになってきました.これは食用になるそうです.

Fallhome_nov2017_0024m

一方,これは新たな発見でもあったのですが,ヤツデの花が咲いています.

Fallhome_nov2017_0033m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/28

Refsort/Ruby 2.80 Released

辞書参照型ソーティングフィルターをスクリプト言語 Ruby で実装した Refsort/Ruby の開発を10年以上続けています(例えば新しいほうから順に *1 *2 *3 *4 *5 *6 *7 *8 *9 *10 *11 *12 *13 *14 *15).もう仕様は落ち着いていて機能の追加をするつもりは(ほとんど)なく,細々とバグのメンテナンスを行っている状態です.

前回のリリースは約3か月前の2017年7月9日でしたが,このたび Refsort/Ruby の改訂版である v2.80 をリリースしました.

実は,今回の改訂は非常に難産でした.そもそも,Refsort の原型は今から10数年前に作成し,そこから機能を加えるごとにコードを建て増し建て増ししていったので,山あいの温泉旅館のように非常に見通しの悪いスクリプトになっていました.そこで1年ほど前から,自前のクラスやメソッドを定義してスクリプト全体をできる限りモジュール化し,さらに例外処理も Ruby の作法に則ったものに統一した新版を書き始めていたのです.

しかし,まず例外処理でつまづきました.モジュール化すると構造はきれいになるのですが,メソッドの階層を深く下ったところで例外を発生させると,それを最上層までもっていって,ファイルを閉じたり配列やハッシュをクリアしたりという後始末をしなければならないので,非常に煩雑でコードの量が増えてしまいます.仕方がないので,モジュール化の階層はできる限り浅くして,例外もできる限り最上層で発生させるようにしました.

次につまづいたのは実行速度です.格好よく自前のクラスを定義して,その中でインスタンス変数をたくさん定義し,それをメソッドで呼び出して使うのは快適なのですが,実行速度が大幅に落ちることがわかりました.Refsort はあくまでソーティング・フィルタなので,あまりトロトロと走らせるわけにもいきません.そこで,涙をのんで自前クラスは最小限にせざるを得ませんでした.そういうわけで,v2.80 は v2.70 に比べると速度が約 15% ほど低下しています.

一つだけ大幅に改良した点は,埋め込みマイルストーンの処理についてです.ここも過去のスクリプトでは温泉旅館の新別館のような扱いだったのですが,今回はマイルストーンのために自前のクラスを定義し,オブジェクトとして扱うことでコードの見通しを大幅に改善しました.

また従来は,出力時には出力候補のリスト全体をまず1回スキャンしてマイルストーンの階層構造を解析し,出力すべきマイルストーンを抜き出したうえで,2回目のスキャンでリストを出力するという2パス構造にしていたのですが,これが非常にわかりにくく,自分でも過去のコードをよく読めない事態に陥っていたので,これをゼロから書き直し,非常に素直な1パス構造に改めました.

仕様を1点だけ改訂しました.それはマイルストーンのコメントに関するもので,従来はマイルストーンのコメントは,それが番号付きやダブルコメント (##) でない限りは,そのまま出力していたのですが,今後は,マイルストーンのコメントは取り除いて出力することにしました.これは,マイルストーンにコメントが付いていると,リストがごちゃごちゃして見にくくなってしまうためです.

そういうわけで,今回の改訂はユーザにとっては非常に小さな変更でしかありませんが,内部的にはある程度手が加わり,将来の改良に向けた準備を進めた版であるとご理解いただければ幸いです.


さて,余談ですが,IOC の Web サイトに耳寄りな情報が掲載されました.以下引用です.

ANNOUNCEMENT (Oct 21, 2017): NO 7.4! Effective today, we are shifting to a semiannual revision schedule. Our next release will be 8.1 in January 2018, followed by 8.2 in late July or early August 2018. A step towards improved alignment with the Clements/eBird world list is one of the motivations for this change. We will continue to post working revisions regularly on the Updates web pages, so please keep up the flow of comments and corrections. Thank you!

従来の慣習に従えば,IOC List は四半期ごとに改訂されるので,前回7月末の改訂の後は10月末に v7.4 が出るはずでした.ところが,この版は出ません!なぜかというと,今後は年4回ではなく年2回の改訂頻度に改める,という方針変更を行ったそうです.従って,次の版は年が明けた2018年1月に v8.1 が出る,ということになります.

さらに,これは年初からアナウンスされていたことですが,代表的な鳥類分類体系の間で,それらを統合しようという機運が盛り上がってきており,それが2018年の IOC 総会の円卓会議で議論されるというのです.これにより,鳥類分類の世界に大きな変化が訪れることになりそうで,私自身は心配半分,期待半分といったところです.

さらに,余計な心配をさせていただくと,日本鳥学会がこの変化の波に置いていかれはしまいかと気を揉んでいます.前回の改訂からすでに5年が過ぎていますが,次の改訂に関して何のアナウンスもありません.世界の動きに対して,意見を言う,見識を示す,参画するという動きを示してほしいと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

NAS boxの障害の顛末

話は今をさかのぼることちょうど5年,震災の翌年にホームサーバでも立ち上げようと思い立ち(*1),ちょうどMicrosoftからWindows Home Server 2011 (Vail)が発売されて間もなかったので,低電力のCPUをMini-ITXのマザーボードに乗せ,NAS用の高耐久性を謳って発売されたWestern DigitalのHDDであるRedを2台搭載して,小さなNAS Boxを組み上げたのでした.(*2)

このNAS boxはそれなりに順調に動き,メインPCのシステム・バックアップとユーザ領域を毎晩バックアップし,アクセスがないときはスリープして電力を節約しながらも24時間連続で稼働させていました.使い勝手も悪くなかったので,私としては後継のホームサーバ用OSが出てくるのを楽しみに待っていました.

ところが,Microsoftはコアなユーザがいたにも関わらず,Windows Home Server 2011のサポートを2016年4月に打ち切ったので,そこからハードウェアはそのままで,フリーのNAS専用OSであるFreeNASに乗り換え,複数のマシンのシステムとユーザ領域のバックアップに使ってきました.このあたりの推移は過去のこの記事に書いた通りです.

FreeNASは大規模なアップデートを企んで新しい版Corralを出そうとしたものの,完成度が低くて実使用に耐えないと判断され,開発責任者が変わり,慌ててロードマップを書き直し,現在も精力的に大規模アップデートに向けて開発が続けられています.おそらく年内には,当初目論んでいたレベルの版である11.1がリリースされるだろうと思います.

てなことを考えていたある日,FreeNASのダッシュボードに赤いアラームが点滅しているではありませんか.内容を見てみると,HDDの1台に障害が発生しているとのこと.このHDDはOSによって自動的に切り離されてしまったようです.

問題の切り分けのためにNAS boxを開け,まずはマザーボードのディスク・インターフェースの障害を疑い,空いているインターフェースに切り替えて再起動させてみました.すると何の問題もなく動くではありませんか.しばらくはこのままの構成で運用しようと思ったのですが,しばらくすると再び赤いアラームが点滅しています.HDDのセクターエラーが発生しているようです.

ここでHDDの障害であることは確実になったのですが,さりとて代替のHDDを買ってきてこの古いハードウェアを延命する気にもなれません.NAS boxの構築から5年が経っているので,どうせだったらHDDも大容量のものに替え,さらにハードウェア全体を新調して,そこにFreeNAS 11.1を載せたいところです.

しかし,最近ハードウェアは値上がり気味.特にメモリが高騰してます.しかも,FreeNASの最大のウリであるZFSというファイルシステムはメモリ食いで有名で,最低でも16GB,出来ることなら32GB程度を載せるのが良いとされているので,直ちにNAS boxを換装という決断ができません.

というわけで,古いハードウェアのうち,売れるものは売り払い,メモリをはじめとするハードウェアが少し安くなるのを待っている状態です.情けない...

どうせFreeNAS 11.1がリリースされるのは年末ころなので,その完成度具合を確かめてからでも遅くありません.それまではホームサーバが無い生活が続き,寂しい気はしますが,まぁ,こういうこともあると思うしかありません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

綿毛が秋の風に舞う

これも昨日の里山歩きの続きです.日中の最高気温は高くなって夏日にはなったものの,朝晩はさすがに20度以下に下がってひんやりしてきたので,草花も冬への準備を始めたようです.

Shishitzuka_oct2017_0072m

すっくと立ったススキの仲間の穂.まだ花が終わっておらず,熟して穂が開いてくるのはこれからですが,秋の到来を告げる草花の代表格でしょう.

Shishitzuka_oct2017_0047m

この綿がボロボロになったようなものはおそらくダンドボロギク.背丈が高くなるのでボロボロな様子が目立ちます.風に綿毛が飛ばされる様子は,いかにも秋を思わせます.

Shishitzuka_oct2017_0046m

ガマの穂はもう十分に熟して風に吹きちぎられるようになってきました.ボワボワになってきたので,見るからに枯れ穂という感じです.これを見ると冬が近づいたなという感じになってきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いイヌタデ

Shishitzuka_oct2017_0028m

昨日の里山歩きの続きです.イヌタデの赤い花穂が最盛期を迎えていたのですが,場所によっては姿形はそっくりで色だけ純白のものがあります.どうやら白い変種もあるのですね.

Shishitzuka_oct2017_0039m

イヌタデは俗称「赤まんま」と呼ばれますが,この白い花は「白まんま」ということになります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

秋の里山歩きで汗ばむ

今日はお天気が安定して朝から快晴.風も弱くて野山歩きには最適です.今日は久しぶりに自然度の高い里山を歩いてみました.

この時期の里山歩きの楽しみの一つはキノコ探し.今日もいろいろなキノコを見ることができましたが,特大のアカヤマドリというキノコを見ることができたのは幸運でした.食べると非常に美味しいらしいのですが,残念ながらこのあたりのキノコは福島第一原発の事故の後で放射線値が高いらしいので,それを知っている人はみな断念しているようです.

Shishitzuka_oct2017_0020m

秋の花はおそらく今が盛り.ユウガギク,キンミズヒキミゾソバ,赤と白のイヌタデなどです.こうしてみると,今日見た花はタデの仲間が多かった.主に水辺を歩いたからなのでしょう.

Shishitzuka_oct2017_0024m

Shishitzuka_oct2017_0026m

今日は気温が上がって夏日になったので,日なたを歩いていると汗ばむほど.それでも秋は確実に通過中です.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017/10/01

秋の林縁を歩く

早いもので今日から10月.暑かった夏もようやく終わりに近づき,朝晩は確実に秋の涼しさが訪れています.

今朝は家人と近所の谷津田の林縁を歩いてみました.まだ夏の名残りが感じられる強い日差しで汗ばむほどでしたが,それでも秋の実りが着実に進んでいることを実感しました.

Aroundhome_oct2017_0003m

まず最初は定番のカラスウリ.この林縁ではウリ坊状態のものはすでに見られず,真っ赤に熟したものが多くみられました.

Aroundhome_oct2017_0009m

ヤブミョウガの紫色の実がびっしりとなっていました.

Aroundhome_oct2017_0019m

クサギの実が高いところに生っていて,木漏れ日を浴びて輝いていました.

Aroundhome_oct2017_0023m

暗い竹林の中に一本だけカキの木があるのでしょうか,熟した実が落ち葉の上にポツンと落ちていました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/24

稲穂もそろそろ見納め

わが家周辺の田んぼは早植え早刈りが主流で,ほとんどの田んぼではすでに稲刈りが終了し,もみ殻や稲わらを焼く匂いを夜通し感じるのが初秋の風物詩となっています.しかし,中には遅植え遅刈りの田んぼもあり,そういう田んぼでは穂が垂れた稲が稲刈りを待っています.

Aroundhome_sep2017_0133m

早刈りの田んぼでは,稲刈りが終わると切り株から二番穂がすくすくと育ち,それがさらに実を付けて霜が降りる頃に立ち枯れ,初冬に鳥たちの貴重な食糧になっています.しかし,最近では稲刈り直後に切り株を耕して二番穂が生えないようにしている田んぼもあり,このほうが地力が落ちずに良いのでしょう.

Aroundhome_sep2017_0136m

私の個人的な希望は,二番穂が立ち枯れたところで水を入れて冬季湛水をやってくれることなのですが,水田漁業などもうはるか昔に廃れてしまったので,どこもやるところはありませんね.殺風景な田んぼの風景が稲刈りから春の代掻きまで続きます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カキの実が熟し始めた

今日は朝は雲が多かったものの,午後からは日差しが強くなり気温も高め.先週は光が悪く良い写真が撮れなかったので,リベンジにと散歩に出かけたのは良いのですが,思いのほかの暑さにほうほうのていで退散.それでも,いくつかのポイントで確実に秋が訪れているのを発見してきました.

Aroundhome_sep2017_0120m

数年前から放置された竹林わきの畑に植えられている大きなカキの木.すでに実が熟し始めており,鳥に突かれた後も多数.このままいくと,10月の末には食べつくされてしまうのでは?と思います.

Aroundhome_sep2017_0122m2

接近してみると,すでに紅葉も始まっており,未熟の実のすぐ隣に曜変天目のように紅葉した葉があるのがとても不思議な光景でした.

Aroundhome_sep2017_0125m2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

ウリ坊は少なめ

昨日の午後散歩をした折,毎年秋になるとカラスウリを探す場所に立ち寄ってみました.この時期には熟す前のウリ坊状態のカラスウリの実が見られるはずだからです.しかしこの夏の天候は非常に不順で雨ばかりだったので,実際にどの程度見られるか不安でした.かつ,昨年はこの10年程度でもっともカラスウリが不作の年だったので,そこからどの程度回復したのかも確認しようと思っていました.

Aroundhome_sep2017_0079m

行ってみると,カラスウリは非常に少なめ.昨年よりはマシのようですが,例年よりは非常に少ない感じです.カラスウリはマント群落に繁茂するのですが,夏の下草刈りでこのマント群落がどの程度影響を受けたのかも関係しているのかもしれません.一つだけ,青々つやつやした健全なウリ坊を見つけたので,写真を撮ったのが上の写真です.秋になるにつれて,もっと多くの実がぶら下がるようになることを祈っています.

一方,ススキが開花していました.これから種が熟して穂が開いてくるはずで,穂がふさふさした状態になるにはもう少し時間がかかりそうです.

Aroundhome_sep2017_0008m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/16

キクイモの花が盛り

Aroundhome_sep2017_0021m

クズの花とほぼ同時に咲き誇るのがキクイモです.すでに盛りを迎えており,関東地方ではあちこちで黄色い花を見ることができます.クズと同一の群落を作ることもあり,結構なボリュームのマント群落に成長することがあります.

Aroundhome_sep2017_0075m

名前の通り,これから塊茎ができて,それが食用になるのだそうですが,このイモにはデンプンはほとんど含まれていないそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クズの花が満開

台風が接近中で,かつ梅雨前線の活動が活発になりそう,という予想だったのですが,本日の日中は何とか雨は降らずに済みました.これ幸いと,光線の具合は良くないながらも,自宅の周りを歩き回って,初秋の題材を拾ってきました.

Aroundhome_sep2017_0033m

今年の夏は雨が多く,気温もさほど高くならず,冷夏と言ってもよいくらいだったと思いますが,それでもクズの花が満開を迎えていたのは非常にうれしく思いました.迷惑な植物ではあるのですが,夏の終わりから秋の初めにかけて,クズが鮮やかな色の花をつけているのを見ると,あぁこの花も日本の美の一部なのだなぁ,という思いを強くします.

Aroundhome_sep2017_0059m

花穂は下から上へと咲いては枯れていくので,全体が咲き誇る様を見ることはできないのですが,クズの群落をよく観察すると,様々な段階の開花を見ることができます.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017/09/09

夏の終わり,秋の始まり

今日は朝から日差しに恵まれ,最高気温は28度くらいまで上がったのですが,湿度は低めだったので比較的過ごしやすい一日でした.今週は雨が多かったので,溜まった洗濯物をさばくのに最適の一日だったのではないでしょうか?

Amahouki_sep2017_0011m

さて,今日は当地の小さな神社秋祭り.いちおう厳島神社の分社ということになっているので,それなりに格はあるのだと思いますし,かつては万灯といって,神社周辺のいたるところに提灯が下げられて盛大なお祭りだったようなのですが,少なくとも私たちが引っ越してきてからこの20年ほどは,夜店の屋台が20軒ほど,花火が数10発程度打ちあがる程度の,非常に小ぢんまりとした地域のお祭りになっています.江戸時代中期から盛んになったお祭りと言われていますが,行く末が心配ですね.

Amahouki_sep2017_0015m

花火はお金を奉納すれば誰でも上げることができて,その際には住所氏名を読み上げられ,仕損じてもご容赦ご容赦という独特の口上とともに打ち上げられるのが特徴です.花火の発射場所は神社から少し離れた川沿いの田んぼの縁なのですが,我が家からは至近距離なので花火の爆発音が非常に大きく響きます.

Amahouki_sep2017_0016m

当地では,このお祭りが終わると夏が終わり秋が始まる,そういう季節感を持ったお祭りです.2012年2015年にもこのブログで紹介しています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«まだスイレンが咲いていた