2017/04/24

IOC List v7.2 Released

IOC World Bird List v7.2 が2017年4月22日にリリースされました.前回 v7.1 のリリースが2017年1月8日だったのですが,これはやや変則的に普段よりも早い周期でリリースされたもので,今回はその周期を元に戻す形になっています.

今回は定性的には特に目立つ変更はありません.今回収録されたのは科が 240,属が 2,295,現主種が 10,681,絶滅種が 159,亜種が 20,087 です.前回 v7.1 でアナウンスされたように,最新の研究の進展に伴い,旧来の鳥類分類体系を書き換える時期に来ていること,そのため,2017年中を目標に新たな分類体系に移行する予定であることは変わりないようです.そのためか,前回同様,上目 (Superorder) の PALEOGNATHAE(古顎類)NEOGNATHAE(新顎類)や,系統群であるNEOAVES がリストの最上位の階層にこっそりと載っています.

定量的には,亜種の整理統合が継続して行われており,今回も200弱の亜種が統合されて減少しています.以前は新しい亜種をどんどん掲載していく時期もあったのですが,さすがに現在はその揺り戻しが来ている時期になっています.また,研究の進展によって,絶滅種がわずかずつながら増えていっているのも興味深いところです.


IOC 本家の Master List を編集して,Refsort/Ruby 用の辞書ファイルを作りましたので,このブログサイトと,Microsoft One Drive 上に設けた “IOC List Archive„ にアップロードしておきます.

今回もこの辞書ファイルの正式なエンコーディングは UTF-8 です.従って,Linux 上で使う分には問題は生じませんが,Windows 上で使う際には,入力ファイルは UTF-8 でエンコードされ(辞書ファイルと入力ファイルのエンコーディングを揃える),かつ最初の行に

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

というおまじないを書いておかないとエンコーディングの解釈がうまくいきませんのでご注意ください.

しかし,Windows 上でのデフォルトのエンコーディングである US-ASCIIWindows-31J でも手間なく使えるように,エンコーディング指定なしの汎用 US-ASCII 版もアップしておきます.これはどのようなプラットフォームであっても,そのプラットフォームのデフォルトの Locale が無条件で US-ASCII を解釈できることを利用したものです.ただし,欧文のアクセントウムラウトを含む文字は,それらを含まない最も近い文字に置き換えられています.正版はあくまで UTF-8 なので,特に人名を含む種や,種の Authority を見るときにはご注意ください.


このオリジナル英語版の辞書ファイルに続いて,和名追加版2種と,IOC Master List の Excel ファイルに和名を追加したものも同時にリリースしました.和名追加版の辞書ファイルについても,UTF-8 でエンコードしてあるものが正版ですが,Windows などでの使い勝手を考慮して Windows-31J でエンコードしたものも同時にアップしてあります.ただし人名や地名のアクセントやウムラウトなどは,それらを含まない最も近い文字に置き換えてありますのでご注意ください.

和名追加版の辞書ファイルのうち,UTF-8 でエンコードしてある ioclist_v72ju.ref は,Linux などで UTF-8 でエンコードした入力ファイルをソートするときに使うことを想定しています.Linux 上で使う際には,入力ファイルの最初の行に上記のようなエンコーディング指定を書く必要はありませんが,Windows 上で使う場合には,入力ファイルは UTF-8 でエンコードされ(辞書ファイルと入力ファイルのエンコーディングを揃える),かつ入力ファイルの最初の行に

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

というエンコーディングを指定しておく必要があります.

逆に,Windows 上で Shift-JIS や Windows-31J でエンコードされた入力ファイルを,Windows-31J でエンコードされた辞書ファイル ioclist_v72jw.ref を用いてソートする際には,入力ファイルの冒頭にエンコーディングの指定は必要ありませんが,この辞書ファイルを Linux 上で使う場合には,入力ファイルは Windows-31J でエンコードされ(辞書ファイルと入力ファイルのエンコーディングを揃える),かつ入力ファイルの冒頭に

#!E -*- coding: Windows-31J -*-

とエンコーディングを指定しておく必要があります.要するに,どのような場合でも辞書ファイルと入力ファイルのエンコーディングを揃え,かつそれぞれの入力ファイルのエンコーディング指定を冒頭に書いておくのが無難です.

これらのファイルをダウンロードするには,従来通りこのブログの右側のコラムで “自作ソフト„ の中から個々のファイルをクリックしても良いのですが,前述のとおり,Microsoft One Drive 上に設けた IOC List 専用のフォルダからもダウンロードできます.それには,このブログ右側のコラムの最上段の “Archive„ の中の “IOC List Archive„ をクリックしてください.そうすると One Drive のフォルダに入ることができますので,あとは適当に選んでダウンロードしてください.今後は One Drive のみに集約していく予定です.


I am pleased to announce that I have posted reference files for Refsort/Ruby compiled directly from the latest IOC World Bird List v7.2. It contains 10,681 extant species, 159 extinct species and 20,087 subspecies, respectively. Please try it out, and enjoy its capability and speed.

Note that the reference file "ioclist_v72u.ref" is encoded in UTF-8 in order to retain all European accents and umlauts with complete fidelity as they are in the IOC Master List. Therefore, your input file should be encoded in UTF-8 as well, and should contain a magic comment on the top of the file such as;

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

For those who want to use Refsort/Ruby in universal ASCII environments, I have posted another reference file "ioclist_v72a.ref" encoded in 7-bit ASCII. Note that characters with accents and umlauts have been simplified to their nearest neighbors. So please be careful in particular when you refer to authorities of species.

I have also posted two reference files (encoded in UTF-8 and Windows-31J, respectively) which include Japanese names. If you want to refer to Japanese names, please see those files. In order to sort a list properly using these reference files, you need to align the encoding of the input file to that of the reference file, and you should add a magic comment specifying the encoding of the input file in the first line of the file, such as UTF-8, US-ASCII or Windows-31J.

A master list in Excel format containing a column of Japanese names has been posted as well. This would be more convenient.

You can download an appropriate file by clicking a link listed on the right column of this page, but you can also access files and folders built in my area of Microsoft One Drive by clicking “IOC List Archive„.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/16

奉獣

直前の記事と同じ稲荷神社の境内に,祠の前に向かい合って対になった狐の石像が置かれています.狐と言うには耳が尖っておらず,だいぶ丸みを帯びた頭をしていて,これでは狐だかなんだかよくわからない獣ですが,神の使いである狐の像を奉納することを “奉獣” と言うようで,稲荷神社の狐の像にはよくこの言葉が書かれています.

Aroundtorinji_apr2017_0020m

尤も,奉獣とは別に狐に限らないわけで,狛犬や,牛などの像も神社でよく見かけますので,稲荷神社の専売特許ではないと思います.

損耗の具合や地衣類の付き方などからかなり古いものと思われ,周囲の観音像や地蔵像の古さから推測するに,少なくとも200年程度は経っているのではないかと思います.

子供のころは,薄暗い稲荷神社で狐の像を見ると,非常に怖かったことを思い出します.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの子安地蔵

自宅近くの目立たない稲荷神社の境内にはいくつかの石像が置かれています.今からちょうど3年前に紹介した子安地蔵を,新調したカメラで撮ってみました.光線の具合が前回とは異なるので,微妙な陰影などは再現できていないのですが,撮像素子のフォーマットが大きくなった分は良くなっているのではないかと思います.

Aroundtorinji_apr2017_0014m

前回も書いた通り,このお地蔵さんの碑文によると “文政四年巳年九月” に奉納された石像です.西暦では1821年,シーボルトが来日したのが1823年8月(文政六年七月ころ)です(前回の記事で文政五年と書いたのは間違いでした)ので,幕末に向けて世の中がざわつき始めたころと言ってもよいと思います.今から約200年前のことです.

おそらく子供の健やかな成長を祈って奉納されたものだと思いますが,お地蔵さんの表情が実に良いですね.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017/04/14

FreeNAS Corralの開発がとん挫

このブログで断続的に報告している FreeNAS の新しいバージョン Corral ですが,唐突に公式のフォーラムで開発のとん挫と Technology Preview への格下げが発表されました.今後の開発は,現在の安定版である 9.10 系列をもとに Corral に盛り込まれた要素を移植する形で再開され,その最初の成果は 9.10.3 として5月にリリースされる予定だというものです.

フォーラムでは,これまで何とか Corral を動かそうと苦闘してきたユーザたちから様々な反応が寄せられています.中には,この決定を非常に残念に思う,これまでの努力は何だったんだ?という否定的なものもありますが,大部分は開発チームの決断に理解と賛同を示したものです.

私自身,これまで書いてきたように,Corral は未完成な状態でリリースされたと感じており実戦投入できずにいたものですから,今回の決定をむしろ歓迎しています.フォーラムでもコメントされているように,Corral で実現しようとした数々の新機能は,そのほとんどが 9.10 系列で実現されるはずで,これまで Corral を動かそうとしてきた努力は無駄にはならないはずです.

より深堀りすると,とん挫の原因の一つは GUI のフレームワークとして採用された MontageJS の開発チームが解散してしまうという不幸に見舞われ,MontageJS の開発が大幅に遅延してしまったということがあるようです.これでは Corral の開発もうまく行かないのは当然です.

また,開発のリーダーだった jkh という人物が Corral のリリースとほぼ同時に開発元企業を辞めたのですが,彼が Corral のリリース期限に自分の転職時期を合わせてしまい,転職時期は動かせないため開発を急ぎ,事前の内部テストが不十分な状態でリリースを宣言してしまったのではないか?という疑問も付きまといます.

いずれにせよ,私はこれまで通り 9.10.2-U2 を使い続け,9.10.3 が出た段階でそちらに乗り換えればよいだけの話なので,大した影響はないのですが,それにしても,ソフトウェア開発のプロジェクトマネジメントは一筋縄ではいかないという一例を目の当たりにしました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/09

FreeNAS Corral 10.0.3, not yet!

FreeNAS Corral こと 10.0 がリリースされたことはすでにお伝えしましたが,いろいろと不具合が多くてまだ実戦に投入できる段階ではありませんでした.この週末に,10.0.3 という新しい安定板がリリースされたので,今度こそは稼働できるか?と期待を込めてインストールしてみました.

結果ははずれ.ブートしてみたのですが,いつまで経っても立ち上がってきません.しかたがないので,サーバーに直接キーボードとディスプレイをつないでブートしてみると,どうやら Network Plugin を読み込むところでスタックしているようです.私のマシンのネットワークチップは,やや古い Intel 82579V という少々珍しいものなのですが,このドライバが読み込めていないようです.しかし 9.10.2-U2 や 10.0.0 ではちゃんと読み込めていたので,どうもヘン.

いずれにせよ,10.0.3 もまだ実戦投入は無理という結論を出さざるを得ませんでした.残念.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017/04/02

わが家の庭にも春が来た

昨日は一日中小雨がぱらつき,真冬と同じくらい寒かったのですが,今日は雲が多いながらも日差しがあり,また気温も10度以上に上がって,外を歩いていても全然寒さを感じませんでした.

Springhome_apr2017_0026m

コブシは当地でもすでに盛りを過ぎ,ソメイヨシノが今にも咲きそうになっていますが,昨日の寒さのおかげでまだ開花していません.それでも春の花が一斉に咲き始めており,猫の額ほどのわが家の庭でも,そこここに春の姿を見ることができます.カメラを新調したので試し撮りをやってみましたが,なにぶん重量が大幅に増え機能も増え,カメラの癖もまだわからないので,これから慣れていくつもりです.

Springhome_apr2017_0037m

レンギョウは先週あたりから一斉に咲き始めました.

Springhome_apr2017_0015m

クリスマスローズは花期が長いので,まだまだ咲き誇っています.それにしても “クリスマス” という名前は変えたほうが良いですね.

Springhome_apr2017_0011m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FreeNASのブートドライブが劣化

FreeNAS Corral こと,FreeNAS 10.0 がリリースされたことは先々週にお知らせしましたが,やはり世界各地で果敢な人柱たちが阿鼻叫喚の騒ぎを起こしながらバグ出しをしてくれたおかげで,10.0.2 という暫定バージョンでとりあえず落ち着いているようです.

私自身はすでに申し上げているように,9.10 系列の最新安定板 9.10.2-U2 で運用しているのですが,週末の夜になって異変が発生しました.私はブートドライブに超短尺の USB スティックを使っているのですが,このドライブにエラーが起きているとシステムが警告を出してきたのです.いろいろ調べてみると,やはりこのドライブの checksum が異常です.

仕方ないので,昨日土曜日は早朝から新しい USB スティックを使ってシステムを再インストールしました.その後,SambaNFS のファイル共有環境を整え,元通り使えるようになりました.

問題を起こした超短尺 USB スティックは ADATA 製で,一応この業界では名の通ったブランドなのですが,子細に構造を調べてみると,microSD カードを超短尺 USB スティックに差し込んで使うタイプのものでした.このタイプの USB スティックは回路が異常に発熱して自分で壊れてしまう経験を何度もしており,今回もそれで逝ってしまったのではないかと推測しています.

捨ててしまうには惜しいので,物理フォーマットをやり直してエラーの出た領域を除外し,普通のデータ交換用などさし障りのない用途に使おうと思っています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

FreeNAS Corral の命名の理由?

FreeNAS 10.0 が FreeNAS Corral と名前を改めたことは先週の記事でお知らせしましたが,この命名の由来については,FreeNAS Forum で尋ねられたにも関わらず,明確なことは明らかにされていません.

しかし,Corral 本来の意味は,アメリカ西部開拓時代に野営をする際に馬車で野営地を取り囲むように円陣を組んだ,というものです.さらに,FreeNAS Corral になってから毎度お決まりのように出てくる六角形の囲いのシンボルが,まさにこの円陣を表していると思われることから,NAS のみならず Docker などの仮想化プラットフォームすべてを内包した新たなコンピューティング・プラットフォームという意味で Corral という命名をしたのではないかと思われます.つまり,かなり野心的に風呂敷を広げてプロモーションを開始したと見て取れます.

映画好きの人にとって,この Corral という単語は “OK 牧場の決闘” という繰り返し映画化されたモチーフ(*1 *2 *3 *4)に使われていることで有名で,いわばアメリカ版忠臣蔵のようなお話です.日本語では “牧場” と訳されていますが,これは本来は “牛囲い” とでもいうべきもので,町はずれの,カウボーイたちが町にやってきたときに一時的に牛を預かっておくための囲い,という意味なのですが,この単語が IT の分野で使われるようになったというのは,非常に感慨深いものがあります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

FreeNAS Corral Out

Windows Home Server 2011亡き後,ハードウェアはそのままに “FreeNAS” というフリーのNAS OSをインストールして試用しています.これまで “FreeNAS 9.10.2-U2” というFreeBSD 10.3ベースのバージョンをインストールし,クライアントのバックアップ用として便利に使ってきました.

開発中だった新しいバージョン “FreeNAS 10 Corral” が3月中旬にリリースされたのでさっそくインストールしてみたのですが,


  • Volume の設定がちゃんと引き継がれていないように見える

  • SMBNFSなどのServiceの設定がうまく引き継がれない

  • ファイルやディレクトリのPermissionの設定方法がよくわからない

という状態で,NFSマウントができなかったり,Windowsのシステムイメージのバックアップ先にSMBマウントしたData Setを指定すると,Windows が “0x8078006F” というエラーを吐いてバックアップできないなどという症状なので,元の “9.10.2-U2” に戻してしまいました.Corral-U1が出るまでは静観するつもりです.

システムを設定するためのGUIが大幅に変更になったこともあり,特にPermissionの設定法がよくわからないままです.ベースOSが “FreeBSD 11.0” になったり,Dockerなどの仮想化機能が強化されたりしていますので,プラットフォームとしては非常に魅力的なのですが,設定方法の変化があまりに大きすぎてちょっとついて行けません.

もうしばらくすると解説記事が出回るだろうと思いますので,それを読んで勉強したいと思います.

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2017/03/19

ついにコブシが開花

Springaroundhome_mar2017_0032m

早春の女王ともいうべきコブシがついに開花し始めました.暖かな東京では先週くらいから開花していたようなのですが,東京よりもわずかながら寒冷な当地では今週になってようやくほころび始めました.

Springaroundhome_mar2017_0031m

ただし,木によって開花の段階には大きな差があり,まだ全く開花していないもの,ほころび始めたもの,3分から6分咲き程度のもの,8分咲き以上のものなど,実に様々です.これは日当たりなどの微気候によるもの,木々の個性によるものなど,いろいろな可能性が考えられるので,なかなか複雑だと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなになっちゃったフキノトウ

Springhome_mar2017_0022m

ちょうど一か月前に記事をアップしたフキノトウですが,その後順調に伸びて,今はこんな感じ.ずいぶんと丈が伸びるものです.春遅くから初夏にかけて,フキ特有の大きな葉っぱが広がって,その茎が食べごろになってきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

トサミズキほころぶ

Springhome_mar2017_0001m

我が家の庭の早春の使徒となっているトサミズキですが,例年3月中旬にはほころび始めています.今年は先週末からほころび始め,今週末はある程度の数の蕾がほころんでいます.

Springhome_mar2017_0001m2

トサミズキは花穂が長く垂れてくるのが面白いのですが,それとは全く別に,咲き始めの花の色気は格別です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

ボケの花が満開

Springaroundhome_mar2017_0023m

うっかりしているうちに,近所の公園のボケの花が満開になっていました.まだまだ蕾がたくさんあるので,これからもうしばらくは楽しめると思います.

Springaroundhome_mar2017_0024m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツマタの花

毎週末の散歩の折に気にかけていた花が満開を迎えました.とあるお宅の玄関に植えられているミツマタです.黄色い集合花で,独特の形状と色合いをしています.なんとなくねっとりとした感触を覚えるのですが,これは私だけでしょうか?

Springaroundhome_mar2017_0020m

ミツマタはその名の通り,枝が三つに分岐していくのがこの写真でもよくわかります.ただしこのお宅では枝を剪定して二股にしているようですが.これが和紙の良い材料になるそうなのですが,何と日本の紙幣はこのミツマタが材料なのだそうです.へぇー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

ナノハナは黄色の飽和に注意

団地の中の空き地にナノハナが咲き始めました.花期はかなり長いので,これから2か月ほどは黄色い花を楽しむことができると思います.

Springaroundhome_mar2017_0010m

実は,デジカメでこのナノハナを撮るのは結構難しいのです.カメラにもよりますが,強烈な黄色がいとも簡単に飽和してしまい,本来の色相彩度をうまく再現できないのです.今回の作例もその一つで,お手軽コンパクトデジカメで撮ったのですが,RGBのうち赤と緑が同じ画素内で飽和している,すなわち黄色が飽和していることが確認できています.これを少しでも救済するために,レタッチしてカラーバランスを若干修正しているのですが,それでも飽和したものを未飽和にすることは原理的に不可能です.

このような現象を避けるためには,何度か試し撮りをして露出補正をかけるしかありません.デジタル一眼レフでは,露出制御に多数のRGBセンサーを用いているものもありますが,そのようなカメラではこのようは飽和は起きにくいはずです.私も後日確かめてみようと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウメがようやく満開

Springaroundhome_mar2017_0001m

3月に入ってからはさすがに気温が上がり,昨日もそうでしたが今日も15度くらいまで上がるようです.気温としてはソメイヨシノが咲き始めるころの気温なのですが,実際に花が咲くまでには温度の積分値が必要なので,あと3週間ほどは待たなければなりません.

Springaroundhome_mar2017_0005m

団地の公園のウメはようやく満開を迎えました.咲き始めから1か月以上経っていますし,毎日霜に当てられてもいるので,花弁はかなり痛み気味ですが,それでもたくさんの花が咲いているのは美しいものです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/26

遅咲きのツバキ

これも我が家の庭の風景.ツバキの木は異なる品種が何本もあるのですが,今年はワビスケ以外の花の付きが非常に悪く,なかなか花を楽しむことができていません.

Winterhome_feb2017_0033m

この写真はようやく咲いてくれたツバキの花.花付きが良い年には,一株の木に何十という花が咲いて,美しいのですが,どうも最近調子がよくありません.隣家の木がよく茂って日当たりが悪いのか,私の寒肥のやり方がまずいのか,悩みどころです.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タネツケバナ

タネツケバナが咲き始めました.先週末には見当たらなかったので,先週の半ばくらいから咲き始めたのではないかと思います.

Winterhome_feb2017_0028m

この花が田んぼの畔をびっしりと飾るようになると,春が近づいているのだということを実感します.ホトケノザはもうとっくに咲いていますし,オオイヌノフグリもどんどん咲き始めています.まもなく3月に入りますが,そうなるといよいよ春が本格的になってくるものと思われます.

Winterhome_feb2017_0039m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/20

クロッカス

今日は強い南風が入って,日差しは弱いものの気温がぐんぐん上がり,20度近くまで行ってしまいました.強風で砂埃が巻き上がり,外出するには良い日和とはいきませんでした.しかし夕方からはかなり強い雨が降り出し,これでようやくカラカラだった大地に湿り気が行き渡ったことと思います.我が家の庭に1週間前に施した寒肥も,この水分で少しは拡散したのではないかと思います.

Winterhome_feb2017_0003m

さて1週間ほど前から我が家の庭では黄色いクロッカスが目立ち始めました.強烈な黄色なので,下手をすると露出が飽和してしまいそうですが,最近のカメラはそのあたりをきちんと制御しているので,安心して自動露出で写真を撮ることができます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

クリスマスローズも開花

Winterhome_feb2017_0019m

先ほどアップしたフキノトウに続いて,こちらはクリスマスローズです.クリスマスのころから咲き始めるということでこの名前が付いたようですが,日本で出回っているものは1月を過ぎないと咲かないものが多いようで,早春の今頃にフキノトウとほぼ同時に花を咲かせる花だという印象を私は持っています.

Winterhome_feb2017_0023m

品種が非常に多く,またバリエーションも多様なようですから,様々なものを楽しむことができるはずです.花が地面近くで下向きに付くものが多いのが鑑賞するうえでは欠点と言えますが,美しいにもかかわらず慎み深く恥ずかしがり屋(こんな人は滅多にいませんが),という風に思えば,これもまた一つの魅力になります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«フキノトウが上がってきた