2021/07/22

IOC List v11.2 の反復名

IOC List v11.2 がリリースされましたので,例によって反復名 tautonym を調べてみました. 今年 v11.1 が出たときにも調べたので,その続編です.

生物分類学で反復名とは,属名と種小名が同一の綴りである種(つまりその属の模式種)の名前のことです.さらに基亜種も定義されていれば,それは種小名と同一なので,結局3つの同一のラテン語が並んでいる亜種名が存在することになります.

以下の表は,反復名の種と,亜種名まで含めて反復している亜種を網羅したリストです.今回の IOC LIst v11.2 では反復名は 97 種,うち亜種名まで反復しているものが 53 亜種あることがわかります.前回 v11.1 の結果との差分は,Urile urile, チシマウガラスと,Pyrope pyrope, アカメタイランチョウが増えたことです.後者は亜種名も反復しています.

チシマウガラスについては,Urile 属が復活して Phalacrocorax 属から異動したことによるもの,アカメタイランチョウについても Pyrope 属が復活して Xolmis 属から異動したことによるものです.また tautonym とは関係ありませんが,リスト末尾の Diuca diuca, ジュウカチョウの英名が Common Diuca Finch から Diuca Finch に変更されています.

Tautonym で有名なものはカササギPica pica でしょうか?私はワシミミズクBubo bubo も鳴き声を連想させてとても良いと思いますし,タシギの Gallinago gallinago も大好きです.

以下に表を載せますが,v11.2 で科や属のシーケンス(並び順序)が変わり,前回の結果と見た目が少々変わっていますが,内容は上記の2種の増加以外,同一です.前回からの変更箇所にはアスタリスク * を付けました.

属名 種小名 亜種名 英名 和名
Casuarius casuarius   Southern Cassowary ヒクイドリ
Anser anser Greylag Goose ハイイロガン
Coscoroba coscoroba   Coscoroba Swan カモハクチョウ
Cygnus cygnus   Whooper Swan オオハクチョウ
Radjah radjah Raja Shelduck シロガシラツクシガモ
Tadorna tadorna   Common Shelduck ツクシガモ
Histrionicus histrionicus   Harlequin Duck シノリガモ
Pipile pipile   Trinidad Piping Guan トリニダードナキシャクケイ
Mitu mitu   Alagoas Curassow チャバラホウカンチョウ
Pauxi pauxi Helmeted Curassow カブトホウカンチョウ
Lerwa lerwa   Snow Partridge ユキシャコ
Lagopus lagopus Willow Ptarmigan カラフトライチョウ
Falcipennis falcipennis   Siberian Grouse カマバネライチョウ
Perdix perdix Grey Partridge ヨーロッパヤマウズラ
Crossoptilon crossoptilon White Eared Pheasant シロミミキジ
Gallus gallus Red Junglefowl セキショクヤケイ
Francolinus francolinus Black Francolin ムナグロシャコ
Coturnix coturnix Common Quail ヨーロッパウズラ
Apus apus Common Swift ヨーロッパアマツバメ
Coeligena coeligena Bronzy Inca ブロンズインカハチドリ
Ensifera ensifera   Sword-billed Hummingbird ヤリハシハチドリ
Pampa pampa   Wedge-tailed Sabrewing クサビオケンバネハチドリ
Tetrax tetrax   Little Bustard ヒメノガン
Guira guira   Guira Cuckoo アマゾンカッコウ
Crex crex   Corn Crake ウズラクイナ
Porzana porzana   Spotted Crake コモンクイナ
Porphyrio porphyrio   Western Swamphen セイケイ
Leucogeranus leucogeranus   Siberian Crane ソデグロヅル
Antigone antigone Sarus Crane オオヅル
Grus grus   Common Crane クロヅル
Poliocephalus poliocephalus   Hoary-headed Grebe シラガカイツブリ
Himantopus himantopus   Black-winged Stilt セイタカシギ
Vanellus vanellus   Northern Lapwing タゲリ
Jacana jacana Wattled Jacana ナンベイレンカク
Limosa limosa Black-tailed Godwit オグロシギ
Gallinago gallinago Common Snipe タシギ
Ichthyaetus ichthyaetus   Pallas's Gull オオズグロカモメ
Alle alle Little Auk ヒメウミスズメ
Puffinus puffinus Manx Shearwater マンクスミズナギドリ
Ciconia ciconia White Stork シュバシコウ
Sula sula Red-footed Booby アカアシカツオドリ
Anhinga anhinga Anhinga アメリカヘビウ
Urile urile   Red-faced Cormorant チシマウガラス*
Cochlearius cochlearius Boat-billed Heron ヒロハシサギ
Nycticorax nycticorax Black-crowned Night Heron ゴイサギ
Clanga clanga   Greater Spotted Eagle カラフトワシ
Milvus milvus Red Kite アカトビ
Buteo buteo Common Buzzard ヨーロッパノスリ
Bubo bubo Eurasian Eagle-Owl ワシミミズク
Colius colius White-backed Mousebird セジロネズミドリ
Todus todus   Jamaican Tody ジャマイカコビトドリ
Galbula galbula   Green-tailed Jacamar ミドリオキリハシ
Indicator indicator   Greater Honeyguide ノドグロミツオシエ
Pyrilia pyrilia   Saffron-headed Parrot アカメインコ
Mascarinus mascarinus   Mascarene Parrot マスカリンインコ
Suiriri suiriri Suiriri Flycatcher スイリリハエトリ
Pyrope pyrope Fire-eyed Diucon アカメタイランチョウ*
Tyrannus tyrannus   Eastern Kingbird オウサマタイランチョウ
Rupicola rupicola   Guianan Cock-of-the-rock イワドリ
Cotinga cotinga   Purple-breasted Cotinga ムネムラサキカザリドリ
Porphyrolaema porphyrolaema   Purple-throated Cotinga ハシブトカザリドリ
Manacus manacus White-bearded Manakin シロクロマイコドリ
Tchagra tchagra Southern Tchagra マユジロヤブモズ
Xenopirostris xenopirostris   Lafresnaye's Vanga クロアゴハシボソオオハシモズ
Oriolus oriolus   Eurasian Golden Oriole ニシコウライウグイス
Temnurus temnurus   Ratchet-tailed Treepie キリオオナガ
Pica pica Eurasian Magpie カササギ
Pyrrhocorax pyrrhocorax Red-billed Chough ベニハシガラス
Riparia riparia Sand Martin ショウドウツバメ
Incana incana   Socotra Warbler ソコトラムシクイ
Curruca curruca Lesser Whitethroat コノドジロムシクイ
Erythrogenys erythrogenys Rusty-cheeked Scimitar Babbler ホオアカマルハシ
Regulus regulus Goldcrest キクイタダキ
Troglodytes troglodytes Eurasian Wren ミソサザイ
Luscinia luscinia   Thrush Nightingale ヤブサヨナキドリ
Calliope calliope Siberian Rubythroat ノゴマ
Phoenicurus phoenicurus Common Redstart シロビタイジョウビタキ
Oenanthe oenanthe Northern Wheatear ハシグロヒタキ
Cinclus cinclus White-throated Dipper ムナジロカワガラス
Petronia petronia Rock Sparrow イワスズメ
Quelea quelea Red-billed Quelea コウヨウチョウ
Amandava amandava Red Avadavat ベニスズメ
Granatina granatina   Violet-eared Waxbill トキワスズメ
Coccothraustes coccothraustes Hawfinch シメ
Pyrrhula pyrrhula Eurasian Bullfinch ウソ
Chloris chloris European Greenfinch アオカワラヒワ
Carduelis carduelis European Goldfinch ゴシキヒワ
Serinus serinus   European Serin セリン
Spinus spinus   Eurasian Siskin マヒワ
Xanthocephalus xanthocephalus   Yellow-headed Blackbird キガシラムクドリモドキ
Icterus icterus Venezuelan Troupial ムクドリモドキ
Dives dives   Melodious Blackbird ウタムクドリモドキ
Curaeus curaeus Austral Blackbird ミナミムクドリモドキ
Cardinalis cardinalis Northern Cardinal ショウジョウコウカンチョウ
Cyanicterus cyanicterus   Blue-backed Tanager セアオフウキンチョウ
Melanodera melanodera White-bridled Finch ノドグロシトド
Diuca diuca Diuca Finch* ジュウカチョウ

日ごろ目にしている鳥の中にも多くの反復種が含まれていることがわかって面白いです.今気が付きましたが,キクイタダキRegulus ってしし座のアルファ星と同じ名前なのですね.もともとは王という意味.Rex よりもやや下位の「王子」や「小さな王」を意味したようです.キクイタダキの頭頂部の黄色を王冠に見立てたのでしょうか?

| | | コメント (0)

2021/07/21

IOC List v11.2 released

IOC World Bird List v11.2 が2021年7月10日(ドラフト版解除は7月20日)にリリースされました.これは2021年2回目のリリースです.前回 v11.1 のリリースが2021年1月19日だったので,ちょうど6か月の更新間隔,新たな編集長 Pamela Rasmussen に代わってから3回目のリリースということになります.

今回収録されたのはが 44,が 252,が 2,372,が 11,072(うち絶滅種が 160),亜種が 19,889 です.

すでに先日の速報で大きな変化はお知らせ済みなのですが,とにかく今回は変化の量が大きく,種の分割による亜種の昇格だけでも 100 を越えているので,それらの確認と和名の追加に時間がかかりました.

速報の内容と重複しますが,最大のニュースは目が4つも新設されたことです.いずれも非常に小さな目であり,これら目の位置づけは流動的だと思われ,今後さらにアマツバメ・ヨタカ類の目や科の再編が行われるのではないかと思います.それにしても,意外と気軽に目を追加するのですね.誰がどう影響を受けるかよく考えた末なのかなぁ?

また今回は英名の変更が多かったのも特徴です.例えば英名に地名が含まれている場合,地名の形容詞形に残る多様性をつぶすのが IOC の思想です.今回は過去に使われていた Madagascan がすべて Madagascar に統一されています.ちなみに Malayan と Malaysian はいまだに混在しているので,近い将来どちらかに統一されるかもしれません.

一方,今回は種小名のラテン語の性による語尾変化の訂正はごくわずかでした.


速報の内容で日本のバーダーに関係する部分を少し詳しく補足します.

  1. シラコバトの一亜種であった Streptopelia decaocto xanthocycla, , "(Newman, TH, 1906)" が種に昇格して基亜種のみが残ったため,Streptopelia decaocto decaocto, , 亜種シラコバト, "(Frivaldszky, 1838)" が抹消されました.
  2. 速報に記載したように Treron permagnus, リュウキュウアオバトが種に昇格して種小名が変更され,同時に亜種 Treron formosae medioximus, , 亜種チュウダイズアカアオバト, "(Bangs, 1901)" も種小名が permagnus に変更されました.そのため和名を亜種チュウダイリュウキュウアオバトと変更するよう提案します.
  3. オオカラモズの一亜種 Lanius sphenocercus giganteus, , , "Przewalski, 1887" が種に昇格して基亜種のみが残ったため,Lanius sphenocercus sphenocercus, , 亜種オオカラモズ, "Cabanis, 1873" が抹消されました.
  4. 速報に記載したように Larvivora komadori namiyei, , 亜種ホントウアカヒゲ, "(Stejneger, 1887)" が種に昇格して基亜種のみが残ったため,Larvivora komadori komadori, , 亜種アカヒゲ, "(Temminck, 1835)" は抹消されました.
  5. 速報に記載したように Ficedula narcissina owstoni, , 亜種リュウキュウキビタキ, "(Bangs, 1901)" が種に昇格して基亜種のみが残ったため,Ficedula narcissina narcissina, , 亜種キビタキ, "(Temminck, 1836)" が抹消されました.

IOC 本家の Master List(学名と英名を収録した Excel ファイル)を編集して,Refsort/Ruby 用の辞書ファイル(拡張子が .ref のテキストファイル)を作りましたので,Microsoft One Drive 上に設けた “IOC List Archive„ にアップロードしました.

エンコーディングは UTF-8US-ASCII の2種類です.正版は UTF-8 版で US-ASCII 版は簡易版ですが,詳細についてはユーザーズガイドをご覧ください.


このオリジナル版の辞書ファイルと併せて,全ての掲載種に和名をつけた辞書ファイル 2 種と,IOC Master List の和名追加版(Excel ファイル)も同時にリリースしました.和名追加辞書についても,UTF-8 でエンコードしてあるものが正版ですが,Windows などでの使い勝手を考慮して Windows-31J でエンコードしたものも同時にアップしてあります.詳細についてはユーザーズガイドをご覧ください.

単に種名を調べるためだけであれば,和名追加版の Master List(Excel ファイル)が最も便利です.ただし長大なワークシートなので,目的の名前をスクロールして探すのは非効率です.検索メニューからジャンプするのが良いでしょう.


これらのファイルは前述のとおり,Microsoft One Drive 上に設けた IOC List 専用のフォルダからダウンロードできます.それには,このブログ右側のコラムの最上段の Archive の中の IOC List Archive をクリックしてください.そうすると One Drive のフォルダに入ることができますので,あとは適当に選んでダウンロードしてください.


I am pleased to announce that I have posted reference files for Refsort/Ruby compiled directly from the latest IOC World Bird List v11.2. It contains 44 orders, 252 families, 2372 genera, 11,072 species including 160 extinct ones, and 19,889 subspecies, respectively. Please try it out, and enjoy its capability and speed.

Note that the reference file "ioclist_v112u.ref" is encoded in UTF-8 in order to retain all European accents and umlauts with complete fidelity as they are in the IOC Master List. Therefore, your input file should be encoded in UTF-8 as well, and should contain a magic comment on the top of the file such as;

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

For those who want to use Refsort/Ruby in universal ASCII environments, I have posted another reference file "ioclist_v112a.ref" encoded in pure US-ASCII. Note that characters with accents and umlauts have been simplified to their nearest neighbors. So please be careful in particular when you refer to authorities of species.

I have also posted two different reference files "ioclist_v112ju.ref" and "ioclist_v112jw.ref" (encoded in UTF-8 and Windows-31J, respectively) which include Japanese names for all species. If you want to have Japanese names, please refer to those files.

In order to sort a list properly using these reference files, you need to align the encoding of the input file to that of the reference file, and you should add a magic comment specifying the encoding in the first line of these files, such as UTF-8, US-ASCII or Windows-31J. You can skip this process if your iput file is encoded in the default encoding of your platform, e.g., US-ASCII or Windows-31J for Windows, UTF-8 for macOS or Linux.

A master list in Excel format containing a column for Japanese names has been posted as well. This would be most convenient for quick reference.

You can download an appropriate file from my area of Microsoft One Drive by clicking "IOC List Archive". Enjoy, and bon appétit.

| | | コメント (0)

2021/07/17

Covid-19 ワクチンで腕が痛い

遅ればせながら,昨日 Covid-19 ワクチン (Pfizer-BioNTech) の第1回目を接種.ワクチン接種に関しては,毎年インフルエンザワクチンを打っているので,副反応は似たようなものだろうと思っていたのですが,Covid-19 ワクチンは,インフルエンザワクチンのように打った場所が赤くはれるのではなく,筋肉自体に痛みが出てきました.

午後遅めの時間に左腕に打ってもらったのですが,夜遅くなってから痛みが出てきました.寝ているときに体の左側を下にすると痛いので,ちょっと寝がえりが打ちにくい.一晩が過ぎて今日の朝,日課のラジオ体操をやるときに,やはり左腕の筋肉を使う動作は痛みが来てやりにくいです.このまま痛みだけで済むのか,それとも発熱までするのか,様子を見るしかありませんね.

512pxcovid19_vaccine_biontech_pfizer_3

Wikipediaより転載

このワクチンはいわゆる mRNA ワクチンと呼ばれる新しい原理に基づくワクチン.インフルエンザワクチンのような不活化ウィルスを使ったものではありません.ウィルス外側のスパイクタンパク質の RNA 情報を利用するものです.つまり RNA そのものがワクチンの主体なので,非常に壊れやすい RNA という高分子を守るために,低温での保管,静粛な輸送が求められ,このワクチンの使い勝手を悪くしています.

一方,発症予防効果は驚異的に高く,95% もあります.これはインフルエンザワクチンの 50% 程度に比べると圧倒的に高い.このようなワクチンが開発されたことは,まさに人類の英知の結晶と言わざるを得ません.長年のバイオテクノロジーの地道な蓄積の上に達成された金字塔です.間違いなくノーベル賞候補となるでしょう.

でも,金字塔だって痛いね.

| | | コメント (2)

2021/07/14

エゾウコギには毒があるのか?

毎日の散歩コースの途中のマント群落にあったエゾウコギの果実.熟す前から気が付いて気にしていたのですが,誰も食べていない様子.すぐ近くの藪にはスズメがたくさん出入りして何か熱心に食べているのですが,このエゾウコギの実には目もくれません.

Summerhome_jul2021_0025m

どうやらサポニンを含んでいるようなので,毒性のある果実として避けられているのでしょう.ちなみにモスクワオリンピックの時に,ロシア選手団はこのエキスを強化剤として使ったとか.へぇー!

| | | コメント (0)

2021/07/13

IOC List が大変なことに!

7月10日に世界鳥類目録 IOC List v11.2 のドラフト版が公開されました.現在はすべての形式のリストのドラフト版が閲覧可能になっています.内容に重大な欠陥がなければ,おそらく7月15日には正式リリースされるだろうと思います.私は Refsort/Ruby の辞書ファイルの元データとすべく,早速マスターリストをダウンロードして辞書ファイルを作り始めました.

と,ここでアップデートの内容を精査してみてびっくり.今回は非常に大きな変化があります.特に重大なものを箇条書きで示します.

  1. ヨタカ目 (Caprimulgiformes) が4つに分割されて,新しく3つの目が作られました.すなわち,アブラヨタカ目 (Steatornithiformes)タチヨタカ目 (Nyctibiiformes)ガマグチヨタカ目 (Podargiformes) です.これらは語尾を見るとわかるようにれっきとした目です.ちなみに,アブラヨタカ目は1科,1属,1種しかない目です.
  2. 同じくアマツバメ目 (Apodiformes) が2つに分割されてズクヨタカ目 (Aegotheliformes) が新設されました.
  3. 多くの科で,属名が変更されたり,種のシーケンス(掲載順序)が変更されたりしています.
  4. 少数ではありますが英名が変更されています.特にややこしいのは,亜種が種に昇格して種が分割されるとき,古い英名が新しい種(すなわち新設された学名)に引き継がれ,新しい英名が古い種(すなわち元々ある学名)に割り当てられる場合です.このときの和名の扱いは毎回頭を悩ませるところです.

もともと,ヨタカ目とアマツバメ目は統合が構想されていたはずなのですが,それとは逆に細分化されてしまいました.ひょっとすると統合前の一過程なのかもしれません.進化系統がよくわかっていないのでこのような変更があるのだと思いますが,ズクヨタカ科の Wikipedia の記事に載っている系統樹がわかりやすくて参考になります.

以下は日本のバーダー向けの情報です.

  1. リュウキュウアオバト (Treron permagnus) がズアカアオバト (T. formosae) から独立して種に昇格しました.
  2. カモメ (Larus canus) の英名がおなじみの Mew Gull から Common Gull に変更されました.
  3. 上記カモメの一亜種であったコカモメ (L. brachyrhynchus) が種に昇格しました.いろいろと長い議論があった末のことのようです.
  4. タイワンツグミ (Turdus niveiceps, Taiwan Thrush) がハイガシラツグミ (T. poliocephalus, Island Thrush) から独立して種となりました.これに伴い和名をこのように修正することを提案します.
  5. ホントウアカヒゲ (Larvivora namiyei, Okinawa Robin) が種に昇格しました.しかし絶滅が危惧されます.
  6. リュウキュウキビタキ (Ficedula owstoni, Ryukyu Flycatcher) が種に昇格しました.

ざっと以上のような改訂内容ですが,今回は変化の量が非常に多く,特に目が新設されたり,種のシーケンスが数多く変更されているので,慣れるまでには時間がかかりそうです.

和名を追加した辞書ファイルは作成中なので,完成しだい別の記事をアップしたいと思います.

| | | コメント (0)

2021/07/04

稲が育ってきた

当地でも昨日の未明に大雨が降り,これでは田んぼが冠水するのでは?と心配していたのですが,空が白んでから眺めてみると,どこもどうということなく,田んぼの間を走る道路も全く冠水などしていませんでした.

このあたりの水路は,用水路から小さな川へ,それが大きな沼へ注ぎ,そこからさらに大きな川へ排水されていくのですが,沼の出口に大きな排水機場があり,大型のポンプで強制排水される仕掛けになっているので,この辺りが水に浸かることはないようになっているようです.

Summerhome_jul2021_0003m

このあたりで最も遅く6月に入ってから田植えがなされた田んぼでも,稲は上の写真くらいにまで育ってきました.分蘖(ぶんげつ)も順調に進んでいるようです.20年ほど前は,ちょうど今ごろ有人ヘリコプターによる農薬の空中散布が行われていたのですが,今はやらなくなりました.代わりに小型ラジコンヘリやドローンによる散布が試行されていますが,定着はしていません.

| | | コメント (0)

2021/06/30

2021年6月,今月のトリ

今月も早や月末.トリを何にしようかと悩んだのですが,月初に見られて現在の状況が確認できていないカルガモの親子にしたいと思います.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0115m

昨シーズンは2組,今シーズンもすでに2組の繁殖を確認しているのですが,昨シーズンとは異なり,いずれの組もヒナが十分に育った姿を確認できていません.最初に見たのはヒナが6羽,次に見たのはヒナが13羽の親子でしたが,いずれも現状を未確認です.

カルガモの繁殖はありふれた光景なので,いちいち気にし出すときりがないのですが,自然度が高い環境ではイタチなどの捕食者が多くヒナは昼夜狙われているので,都市環境よりも生存率は低いかもしれません.

冬季に調整池に多くいたカルガモは,田植えが始まって以降周辺の水田に分散しており,調整池ではわずかな羽数しか見ることができませんが,ヨシの茂みの中には子育て中の親子が残っているはずです.周辺の住宅の敷地にヒナが入り込む事例も聞いているので,ある程度の繁殖率は保たれているのではないかと思います.

| | | コメント (0)

2021/06/29

雨の合間に散歩

このところ梅雨にしては暑い日が続き,散歩をさぼり気味だったのですが,今日は朝から涼しい風が吹き,夜来の雨も上がったので散歩に出かけました.

とは言うものの,調整池の周囲にはガマヒメガマヨシオギオオブタクサなどの背が高い草がびっしりと生えて,水面を覗き見ることができなくなってしまいました.しかもようやく視界が開けたところを見つけて覗いてみても,カイツブリカルガモがパラパラといるだけです.ヨシの群落の中ではまだオオヨシキリがさえずっていました.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0169m

調整池を離れて田んぼの際を歩いていると,ヘクソカズラが花を付けているのを発見.万葉集の時代からこの憐れな名前で呼ばれていたそうですが,もうちょっと良い名前に改名してもよいのでは?と思います.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0181m

それにしても,もうそういう季節になったのですね.夏至も過ぎたのでした.そう言えばネズミモチにもびっしりと花が咲いていました.

| | | コメント (0)

2021/06/17

久しぶりのヒクイナ

冬から春先にかけて,毎日の散歩コースでちょくちょく見かけていたヒクイナ.春になってから滅多に声を聞くことができなかったので,ひょっとして他の場所に移動してしまったのかと心配していたのですが,昨日偶然に生息を確認できました.それも2羽同時に.これは初めてのことで,繁殖が期待できそうです.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0131m

草の陰になってなかなか全身が見えづらいのですが,胸から腹にかけての赤茶色,赤い脚,大きな趾(あしゆび)などがわかります.

これら2羽は,人間が近くにやって来たのに気がついて,慌ててヨシの藪の中に駆け込んで隠れてしまいましたが,日中でも周りに外敵がいなければこうやって出てくるということなのでしょう.

| | | コメント (0)

2021/06/16

イタチがモグラを狩る

このところ高温の日が続き,散歩はお休みしていたのですが,昨日はなんとか歩けそうな気温だったので,夕方曇りがちの時間にいつものコースに出かけました.鳥は少なめで,オオヨシキリのさえずり,カイツブリのヒナ,ハシブトガラスの巣立ちビナ,モズなど.

ところが,きれいに草刈りされた休耕田でタヌキでも出てこないかと見ていると,イタチが出てきたのを家人が見つけました.大きさからいっておそらくオスです.しかもある所でじっと動きを止め,地面に顔を突っ込むような仕草.しばらくすると,大きな獲物を抱えて飛び跳ねて藪の中へ去っていきました.ネズミでも捕まえたか?

Earlysummeraroundhome_jun2021_0106m

写真を確認してみると,獲物はネズミではなくモグラアズマモグラかな?こんな大きな相手も獲るのですね.さすがはイタチです.水鳥のヒナもこうやって狩られているのではないかと想像しますが,まあ自然の通常の営みなので見守るしかありません.カイツブリのヒナは先週に比べて1羽減っていました.

| | | コメント (0)

2021/06/12

RoE はこんな感じ

一昨日の記事で Refsort/Ruby の新作を出したことを紹介しましたが, Refsort on Excel についてはほとんど言及しなかったので補足です. Refsort/Ruby v3.60 の改訂に合わせて, RoE (Refsort on Excel) も改訂版の v2.30 をリリースしました.

下の画像がコントロールパネルを出したところ.上部 Sorting options の右下端に,新設のオプション "did you mean?" のチェックボックスを追加しました.これをチェックしておくと,入力のキーフィールドが辞書ファイル中に見つからなかった場合,よく似た単語を辞書ファイルの中から探し出して「ひょっとしてこれかな?」と提示してくれるようになります.ただし実行速度はそれなりに遅くなります.

Just_after_sorting_v230_640x720

また,この版からミニコンソールのフォントを等幅フォントに変更し,出力がそれなりに整って見えるようにしました.しかしフォントのポイント数は小さいため,ノート PC では非常に見にくいかもしれません.

ともあれ,日常のちょっとしたリストの整理にはこの RoE が便利ですので,ぜひ使ってみてください.

| | | コメント (0)

2021/06/10

エディタをアップグレード

Windows 95 の時代から使ってきた WZ Editor を最新の v10 にアップグレードしました. WZ Editor は,もともとは MS-DOS 時代に人気を博した VZ Editor の使い勝手を Windows でも再現するために,ネーミングを含めて後継のソフトウェアとして開発されたものです.しかし,その後は低迷状態が続き,いまではユーザーの数もすっかり少なくなってしまったと思います.私はバージョン番号は飛び飛びながらも使い続けており,とうとう v10 まで来てしまったというわけです.

私がこのエディタを使い続けるのはブログの原稿を書くためです.ブログの原稿は HTML で書くのが基本なのですが,文字装飾やリンク,さらには定型の HTML タグを埋め込む必要があり,それをキーボードから手を放さずに次々に操作できる,という使い勝手の良さでは, WZ の右に出るものはおそらくないだろうと思います.例えば URL のリンクを埋め込むには,リンクされる単語の左端で "href" とタイプすると,私があらかじめ設定しておいたスニペットの文字列

<a href="" target="_blank" rel="noopener">

が即座に挿入され,カーソルが href="" の 2 重引用符の中に移動します.そこでクリップボードにコピーしておいた URL をペーストします.それからリンクされる単語の右端にカーソルを移動して Ctrl-return とタイプすると,そこに自動的に</a>が挿入されるのです.この利便性は何物にも代えがたいのでいまだにこのエディターを手放せずにいます.

しかし,インストールした直後の初期設定はかなり凶悪で,私のようにブログの原稿を書くものにとっては全く相容れません.何しろ HTML タグを書くなり非表示にしてしまうのです.設定のダイアログの体系もかなり独特で,手作り感があるのはいいのですが,洗練されているとは言い難いです.

さらに, Windows 10 の新しい IME との相性が悪く,上記のスニペットの挿入が動作しません.仕方がないので, Windows の設定で従来の IME を使用するようにしています.これは WZ v9 から続いている不具合ですが,改善の兆しがありません.

ま,それでも上記の利便性のためにこのエディターを使い続けています.ブログをいつまで書き続けるのかわかりませんが,少なくともあと数年は続けようと思っています.このエディターとともに.

| | | コメント (1)

Refsort/Ruby v3.60 released

辞書参照型ソーティング・フィルタ Refsort/Ruby (新しいほうから *1 *2 *3 *4 *5)の改訂版 v3.60 をリリースしました.今回の改訂の目玉は,新オプション "didyoumean" を実装したことです.入力の実質名が辞書ファイル中に見つからなかった場合,従来はただ

"入力実質名" not found in 辞書ファイル名

と警告メッセージを表示していただけだったのですが,このオプション --didyoumean または -y を指定すると,上の警告文に引き続いて,

Did you mean? "辞書ファイル中の類似名"

と辞書ファイルの中から入力の実質名と類似度の高いエントリーを探して表示するものです.ただし辞書ファイルの中をくまなく探索するので実行速度が低下します.

この文字列の間の類似度は,編集距離の一種 Levenshtein 距離の発展形である Damerau-Levenshtein 距離を用いて評価しています.この距離を求めるアルゴリズムはあまり効率が良くないため,比較する文字列が長ければ長いほど,そして辞書ファイルのレコード数が多ければ多いほど加速度的に時間がかかるようになります.日本鳥類目録程度だとほとんど気になりませんが,IOC List の辞書ファイルでは体感できるほど実行速度が落ちます.そのために少なくとも先頭の 1 文字が一致するものに限定して探索するようにしました.これは,どんなにタイプミスや思い違いをしたとしても,最初の 1 文字くらいは正しく入力できているだろうと期待するからです.

Refsort_v360_demo

実行速度は落ちるもののこの探索の威力は大きく,ちょっとしたタイプミスや思い違い程度の誤りに対しては,ほとんど漏らさずに正解候補を提示できます.上のコンソール画面の例を見ると,たくさんの誤った入力に対して,ひょっとしてこれのことかな?と正解候補を提示できていることがわかります.ただし最初の 1 文字が一致しないものは探索候補としませんので,ミヤマセキレイなどに対する正解候補はないということになります.

「ノリス」に対して「ノスリ」を提示できているのは我ながらエライ.こういう文字の入れ替え間違いは日本語でも欧文でもありがちなので,わざわざ Damerau-Levenshtein 距離を持ってきたのです.しかし類似度の閾値を緩くしすぎると多くの無意味な候補が引っかかるので閾値のとり方は難しく,現状はまだ暫定値だと思ってください.

このオプションの新設以外にも,潜在的なバグの芽を摘み取り,スクリプトをより簡潔なものに最適化しています.

この改訂に伴い,Excel とのインターフェースである Refsort on Excelについても新しい v2.30 をリリースしました.新設のオプション "didyoumean" を指定するためのチェックボックスをコントロールパネルに設けました.

Refsort/Ruby とそれに関するコンテンツのアーカイブを Microsoft One Drive に置いています.画面右側コラムの “Archive” の中の “Refsort/Ruby Archive” をクリックしていただくと,私の OneDrive 上に設けたライブラリが開きますので,そこから過去分も含めてファイルをダウンロードすることができます.Refsort 本体の “refsort.rb” は “refsort_v360.rb” というファイル名でアップロードされていますので,ダウンロード後に適宜 “refsort.rb” に変更するとよいでしょう.改行コードも CR/LF になっていますので,適宜変更してお使いください.

Refsort on Excel v2.30 や 日本鳥類目録 v7 に準拠した辞書ファイル,IOC List v11.1 に準拠した辞書ファイル,最新版に準拠したユーザーズガイドやプレゼンテーション用のスライドもこのアーカイブに収録されていますので,どうかご利用ください.

| | | コメント (0)

2021/06/08

タチアオイ繚乱

散歩コースにある道端の花壇.世話をしている人が熱心かつ優秀なのだと思いますが,季節ごとに美しい花を楽しむことができます.今の旬は何といってもタチアオイ.梅雨の期間中咲いているような花です.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0084m

背丈は 3 m ほどにもなり,花自体も大柄です.花の色にも多様性があり,群生させたときのデザインも楽しむことができます.

花は下から順に咲いていくのかと思っていたら,そうでもありませんね.

| | | コメント (0)

2021/06/06

カルガモ親子が隠れ家へ急ぐ

散歩のときに見かけた光景.ヒナ 6 羽を連れたカルガモの母親が,調整池の片方の岸のヨシ藪から,もう片方の岸のヨシ藪に急いでいました.ヨシの藪の中に入ってしまえば,外敵からヒナたち守ることができるので,お母さんがリードしながらヒナたちも懸命に泳いでいます.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0074m

岸辺にはイタチタヌキアライグマ,ネコなどが出没し,また大型のサギや,場合によってはカラスなど,ヒナを狙っている者たちがたくさんいるので,子育て中は気を抜けません.このヒナたちも数日前の 8 羽から 6 羽に減っています.

それでも昨シーズンは複数組の家族がこの調整池で子育てに成功しましたので,今年も何とか成功してほしいと思います.尤も,生存確率が高すぎても数が増えすぎて困るので,難しいところではあります.

| | | コメント (0)

2021/06/04

やっと穂先で鳴いてくれた

当地で COVID-19 ワクチンの接種予約が始まって 20 日ほど.私もようやく重い腰を上げて予約サイトを訪ねたのですが,自宅近くで登録されている医療機関が少ないうえに,そのどれもが予約できない状態となったままです.車で 30 分ほど走ったところの医療機関には空きがあるのですが,そんなところまで行くかよ!

てな具合のところへ,たまたま歩いて行ける開業医に一人分空きが出たので,すかさずいただきました.当地の予約サイトは 24 時間開いているのはいいのですが,時々刻々と予約可能な医療機関のリストが変わるので,おちおちパソコンの前から離れられませんでした.

Earlysummeraroundhome_jun2021_0038m

さて,昨日は日中の暑さを避けて夕方に散歩に出かけました.日が傾いてきてからのほうが生き物の動きも活発になるように思います.調整池の周辺で高い密度で縄張り争いをしているオオヨシキリですが,なかなかヨシのてっぺんに止まって鳴いてくれないので,写真が撮れなくて困っていました.しかし昨日は比較的近距離のヨシの穂先に止まって鳴いてくれて,ようやく写真を撮ることができました.

調整池ではカルガモカイツブリが子育て中です.例年,日ごとにヒナの数が減っていくのを見ているので,今年はなんとか無事に育ってほしいと思います.

| | | コメント (0)

2021/06/01

アマサギのカップル

先週末にサギのコロニーを訪ねた時の一枚.アマサギのカップルがご休憩中でした.オスと思しきほうの冠毛が立っていて,精悍な感じを与えています.このカップルはまだ抱卵もしていないようなので,ヒナが巣立つまでにまだだいぶ時間がかかるでしょう.

Heronsattsuchiura_may2021_0147m

アマサギはかつては Bubulcus ibis という学名で,英名は Cattle Egret でした.日本で見られるアマサギはその一亜種の B. i. coromandus とされていたのですが,IOC List ではこの亜種は種に格上げされ,学名が B. coromandus,英名が Eastern Cattle Egret と変更されています.さらにこの亜種が独立して出て行った後の残りの B. ibis の英名が Western Cattle Egret に変更されています.

それでは和名はどうなっているかというと,日本鳥学会の日本鳥類目録改訂第 7 版はまだこの変更を取り入れていないので,昔のアマサギのままです.次回,来年の改訂第 8 版で変更するとすれば,B. coromandus の和名はアマサギのままにして,B. ibis の和名をニシアマサギとすればよいと思います.

このような変更が必要な種がだいぶ増えてきており,種をどのように分割し,和名をどう再定義するのか,ややこしい状況になっています.ただし,これらは科学者の間の議論によって決まるということも忘れてはいけません.あくまでその時々の人間の都合であって,アマサギ自身は何ら関するところではありません.

| | | コメント (0)

2021/05/31

2021年5月,今月のトリ

季節の移り変わりが早い2021年,とはあまり関係なく5月もとうとう月末になってしまいました.今月のトリですが,これは間違いなくオオヨシキリでしょう.今シーズンは良い写真が撮れていないのですがご容赦ください.

Earlysummeraroundhome_may2021_0213m

まさに初夏を告げる鳥.この鳥が,東南アジアからの暖かく湿った風に乗ってやって来てけたたましく鳴き始めると,ああもうすぐ夏だなぁと思い起こされる,そういう鳥です.この鳥とほぼ同時にやって来るのはアオバズクですが,なぜか当地ではめったに声を聞くことはありません.少し遅れてやってくるホトトギスは,梅雨空になってからよく聞かれるようになります.梅雨時の朝の通勤時にはホトトギスの声を聞きながら駅まで歩いたものです.

Earlysummeraroundhome_may2021_0208m

オオヨシキリはカッコウ托卵される鳥の一種なのですが,このあたりにカッコウがやって来ることは非常に稀なので,托卵の心配をせずに子育てができるのでしょう.

今日はたまたま写真が撮れたので追加します.

Earlysummeraroundhome_may2021_0279m

| | | コメント (0)

2021/05/29

これはアマビエではないか?

今日は家人のリクエストでかねてからの宿題だったサギのコロニーへ出張.幹線道路が通る橋のたもとの笹薮が 300 羽程度のサギのコロニーになっています.種類は,コサギチュウサギダイサギアマサギゴイサギ.なぜかアオサギは見当たりませんでした.

Heronsattsuchiura_may2021_0128m

今はサギ類の繁殖期で,彼らは異種混合で一か所に集まって営巣し,卵を産み,ヒナを育てます.種ごとに進捗状況に差があるようで,すでにゴイサギのヒナが大きく育っている一方で,生まれて日が浅いコサギのヒナ,そしてまだ卵を温めているチュウサギの母親など,混然一体となっています.

Heronsattsuchiura_may2021_0016m

と,その中に奇妙な鳥がいるではありませんか.これは2週間ほど前に近くの里山で5分の差で見損なったお客さん.熱帯系の派手な体色のサギ,アカガシラサギです.上嘴が水色をしていたり,頭部の赤茶色の羽毛が頭巾のように蒼い背中に垂れ下がっていたり,とにかく「この辺りじゃあ見ない顔だねぇ」という鳥です.すでに情報が出回っているせいで,遠くからわざわざ写真を撮りに来た人たちもいました.

Heronsattsuchiura_may2021_0084m

しかし,ぱっと見はまるでアマビエのように見えます.あともう少し嘴が短かったらアマビエそのもの.藪の奥でじっとたたずみ,ときどき羽繕いをしてますが,目立った動きはしないので,羽を広げた姿を見ることはできませんでした.

単独でやって来たようで,安全を求めてこのサギ山に落ち着き,周囲の田んぼで餌を探しているのだと思います.しかし何とも孤独で,周囲がカップルだらけの環境でひっそりと沈殿しています.秋になったら無事に南に帰ることができればよいのですが.

| | | コメント (2)

2021/05/25

アカミミガメが増殖中

毎日の散歩コースにしている調整池にはたくさんのアカミミガメ (Trachemys scripta)が住んでいます.アメリカ原産の亜種ミシシッピアカミミガメ (T. s. elegans) と思われます.アメリカでは Red-eared slider というそうです.

Earlysummeraroundhome_may2021_0214m

もともとどこから来たのかはわかりませんが,最初は飼われていた個体が逃げ出した,飼い主が野外に捨てたなどして川や沼で繁殖していたものが,水路を伝わって調整池にたどり着いた,あるいは調整池が作られて以降,飼い主が捨てに来たなどの事情によるものでしょう.要するにろくでもない理由によるものです.嫌われ度合いもウシガエルと同等クラスで,IUCN の世界の侵略的外来種ワースト100 や,日本生態学会の日本の侵略的外来種ワースト100 に入選しています.

調整池全体では数10匹いるのは確実,ひょっとすると百匹を超えているかもしれません.岸辺で寄り集まって日向ぼっこをしている姿が目立ちます.大きな成体だけではなく小さな個体もいるので,繁殖しているのは確実です.しかし卵を見たことはありません.

写真の個体は体長が 30 cm 程度はあるので,体重も 3 kg 程度はあるのではないかと思います.美味だという評価が定着すれば,これほど増殖することはないと思いますが,きっと肉の量も質も大したことはないのでしょう.日本ではアメリカザリガニですら食べないので.

| | | コメント (0)

«ガマの花が開いてきた