« 経済物理学は経済学の大前提を覆せるか? | トップページ | 私にとってのEmmylouのベストアルバム »

2004/09/24

企業内ベンチャーの必読書

アントレプレナーの戦略思考技術―不確実性をビジネスチャンスに変える リタ マグレイス (著), イアン・マクミラン(著),ダイヤモンド社,価格: ¥2,940

現在,大企業の中でベンチャー組織を任されている人はかなりの数に登るはずです.そのような人たちのために系統的に「起業の方法論」を説いたものが本書です.すなわち,自腹を切って会社を起こす,というよりは,大企業が自らの変革のためにあえて別組織で新しい何かを始めるときの方法論です.

逆財務諸表の考え方は,ベンチャのみならず既存の事業にも応用できる面白い考え方です.花王のフロッピーディスク事業を例に新事業をどう設計したかというエピソードは大変参考になります.花王自身はその後,黒字事業にもかかわらず撤退したことを知った上で読むと,さらに深く考える機会となるでしょう.

しかしリアルオプションに中途半端に触れているため,論旨の流れが乱れているのが難.最近はビジネススクールでも企業内ベンチャの講座を設けて起業方法論の試行錯誤を始めています.その際の参考書としての価値は十分にある本です.

| |

« 経済物理学は経済学の大前提を覆せるか? | トップページ | 私にとってのEmmylouのベストアルバム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業内ベンチャーの必読書:

« 経済物理学は経済学の大前提を覆せるか? | トップページ | 私にとってのEmmylouのベストアルバム »