« たんぱく質の静的構造の理解に役立つ | トップページ | 真の贖罪ができないアメリカ »

2004/10/23

経営工学のすばらしい入門書

企業の意思決定のためのやさしい数学 山本 隆三 (著),講談社プラスアルファ新書,価格: \882

MathematicalDicisionMaking.jpg会社で経営工学や金融工学を学ぶ人に最初に勧めることにしているのが本書です.とにかくわかりやすい!この本をわかりやすいものにしている最大の理由は,著者が実務者としてこの方面の仕事に長年携わってきたことでしょう.学者や研究者が書いた場合にはこうはいかないと思います.難しいことを易しく解説するのは難しいことなのですが,それが達成された珍しい実例がこの本です.

大学教養課程程度の数学の素養がある人で,キャッシュフロー財務の基礎知識がある人ならば簡単に読み進められます.ブラック・ショールズ式のみならず,最後はEVA経営やリアルオプションにまでたどり着けるのが素晴らしいです.難しいのはCAPMのところくらいでしょうか?

理工系のサラリーマン全てにお勧めします.この本を読んで,あなたの会社の財務の連中をやり込めてやりましょう!

| |

« たんぱく質の静的構造の理解に役立つ | トップページ | 真の贖罪ができないアメリカ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営工学のすばらしい入門書:

« たんぱく質の静的構造の理解に役立つ | トップページ | 真の贖罪ができないアメリカ »