« 比較制度分析を学ぶための序論 | トップページ | まりやちゃんと同世代でよかった! »

2004/12/04

「大陸移動説」級のショックをもう一度

全地球凍結 川上 紳一 (著),価格: \714

ZenChikyu_Touketsu.jpg私が高校生のころ,大陸移動説を実証したプレートテクトニクスは当時最新の地球物理学でした.それを応用した小松左京の「日本沈没」がちょうどベストセラーになったりもしました.東大理学部の竹内均教授のわかりやすい解説本を何度も読んでは,大陸移動説という最初は荒唐無稽と思われた「仮説」が,どのように実証されて「プレートテクトニクス」という「事実」に進化したかに感動したものです.

本書はその感動をもう一度味わえると期待して読み始めたのですが,実証はまだまだ道半ばということがすぐにわかります.仮説に対する様々な反論や反対仮説の提案,古い地層の分析による実証,これらのプロセスが現在進行形で語られています.地球全体が凍りついていた時代があったという驚くべき仮説は大変魅力的で,その実証研究を始めた著者のワクワクが伝わってくる楽しい本です.通勤電車の中でも楽しく読めます.

数年後,実証されるときが来ることを祈ります!

| |

« 比較制度分析を学ぶための序論 | トップページ | まりやちゃんと同世代でよかった! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大陸移動説」級のショックをもう一度:

» 三葉虫の眼からカンブリア爆発が始まった [望湖庵日記]
眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く (単行本) - アンドリュー・パーカー (著),渡辺 政隆 (翻訳),今西 康子 (翻訳) この本はもう1年越しでツン [続きを読む]

受信: 2007/10/20 14:08

« 比較制度分析を学ぶための序論 | トップページ | まりやちゃんと同世代でよかった! »