« うまく泣かせるアイドル映画 | トップページ | 一通りインストールした後で悩んだときに開く本 »

2004/12/23

ファンの期待を裏切らない珠玉の短編集

出走 ディック フランシス (著),価格: \882

Dick_Francis-Field_Of_13早川ミステリ文庫,競馬シリーズの第38巻目はなんと短編集でした!珠玉の13篇がぎっしりと詰まっており,短編をめったに書かないディック・フランシスのファンとしては大変興味深いものばかり.作品の質は非常に高く,ファンの期待に十二分に応えてくれます.お勧めです!

私が早川ミステリ文庫で競馬シリーズを読み始めてもう20年が経ちました.作者はかなりの高齢なので,もうこれから多くの作品が書かれることは期待できません.しかし20世紀後半から21世紀初頭にかけて,ディック・フランシスの作品に親しむことができたことはとても幸せでした.これから何百年も読み継がれていく作品群であることは間違いありません.

| |

« うまく泣かせるアイドル映画 | トップページ | 一通りインストールした後で悩んだときに開く本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンの期待を裏切らない珠玉の短編集:

» 最晩年の珠玉の作品 [望湖庵日記]
勝利 (ハヤカワ・ミステリ文庫) (文庫) - ディック・フランシス (著),菊池 光 (翻訳) ディック・フランシスの競馬シリーズは,私が学生の頃からの愛読書 [続きを読む]

受信: 2008/01/13 11:33

» ディック・フランシス逝去 [望湖庵日記 Lakeside Almanac]
英国の作家,ディック・フランシスが2月14日に亡くなりました.この日が早晩来るとは分かってはいましたが,いざ訪れてみると喪失感と寂寥感に囚われてしまい,鬱々としています.このブログでも近作を取り上げてレビューしたことがあります(*1 *2 *3). 元,英国競馬界での優秀なジョッキー,後に作家に転じ,競馬に何らかの関わ... [続きを読む]

受信: 2010/02/19 08:12

» ディック・フランシス再起の一冊 [望湖庵日記 Lakeside Almanac]
再起(ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-41) - ディック・フランシス(著),北野 寿美枝(訳) イギリスのミステリー作家として世界中にファンが多いディック・フランシスが今年2月に亡くなったことはこのブログでもお伝えしたとおりですが,このブログでもわずかながら晩年の数作品を扱ってきました(*1 *2 *3).著者は,最... [続きを読む]

受信: 2010/06/06 08:46

» 凶悪な理不尽と闘う法廷弁護士 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
審判(ハヤカワ・ミステリ文庫)(競馬シリーズ) - ディック・フランシス(著),フェリックス・フランシス(著) 久しぶりに読んだ競馬シリーズ.私は学生時代からディック・フランシスの作品を愛読してきました.このブログでも過去に晩年の作品をいくつか取り上げて(*1 *2 *3 *4)紹介してきました.知っての通り,ディック... [続きを読む]

受信: 2014/09/22 06:00

« うまく泣かせるアイドル映画 | トップページ | 一通りインストールした後で悩んだときに開く本 »