« 複雑系から見た進化生態学 | トップページ | ナナカマド開花 »

2005/05/01

春から初夏へ

UshikuShizenKansatsuNoMori_01May2005_017m連休に入り,日なたを歩くと汗ばむほどの陽気になってきました.いよいよ夏が近づいてきたわけです.それとともに林の中の様子もだいぶ変わってきました.早春を飾ってきた春の妖精たちは姿を消し,林床にはシャガやマムシグサが顔を出し,木々の花もハナミズキなどの第二陣が盛りになってきました.鳥たちも巣立ち雛を連れて子育ても後半です.右の写真はもういささか盛りを過ぎたスミレの仲間,日本古来のスミレ Viola mandshurica です.タチツボスミレなどに比べると大変色が濃いのが特徴で,林床に咲いていると遠くからでもそれとわかります.今日は曇り空で光が良くなかったのですが,それでも目で見た色に近い色合いで撮ることができました.

アジアモンスーンが吹きだして今夜は雨です.

|

« 複雑系から見た進化生態学 | トップページ | ナナカマド開花 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/3937877

この記事へのトラックバック一覧です: 春から初夏へ:

» 春萌え [望湖庵日記]
昨日散歩したときのその他の写真です.黄色い花あり,アケビの赤茶色の花有り,色々な花が咲いています. ところで今年はスミレ属が不作のようです.当地では普段ならば非 [続きを読む]

受信: 2008/04/06 11:12

« 複雑系から見た進化生態学 | トップページ | ナナカマド開花 »