« 今朝は濃霧 | トップページ | 会計基準は政治を規律付けるか?世代間の公平を担保する公会計革命 »

2005/06/09

光ファイバが断線

先週末,家人からインターネットが使えなくなったと言われ,調べてみると ONU のインジケータ "LINK FX" が消灯しています.これはファイバとの光通信が出来なくなっているか,ONU そのものの故障のはず.しかし ONU のマニュアルには,電源を入れ直し,それでもだめなら連絡しろと書いてあるばかりです.それでも,すぐに NTT に電話.このBフレッツ専用の窓口はフリーダイヤルで365日24時間対応してくれるのが良いところ.結局修理に来てくれることになったのですが,週末は対応できず,週明け月曜日の午後の予約を入れてもらいました.

私は修理に立ち会うことは出来なかったのですが,家人によれば,やはり原因はファイバの断線だったそうです.しかも屋外のクロージャ内での断線.なぜ?修理に来てくれた人の話によれば,光ファイバはデリケートなので,ちょっとしたことで断線しやすいのだそうです.断線というとファイバが物理的に切れることを連想しますが,実際には芯がずれたり,接続面の角度が合わなくなったりしているのでしょう.

これで週末を含めてまるまる3日間インターネットを使えなかったので,とても不便な思いをしました.以前,モデムでパソコン通信をしていた頃に比べると,非常に依存度が高くなっていることを実感しました.こうなると,インターネットも文字通り社会インフラの一部ですね.

|

« 今朝は濃霧 | トップページ | 会計基準は政治を規律付けるか?世代間の公平を担保する公会計革命 »

IT関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/4485715

この記事へのトラックバック一覧です: 光ファイバが断線:

« 今朝は濃霧 | トップページ | 会計基準は政治を規律付けるか?世代間の公平を担保する公会計革命 »