« 1000円理髪店で見つけたもの | トップページ | 低収益にあえぐ日本企業に期待される戦略論 »

2005/07/23

ハルバースタム渾身の力作

静かなる戦争(上)-アメリカの栄光と挫折 デイヴィッド・ハルバースタム (著), 小倉 慶郎 (翻訳), 三島 篤志 (翻訳), 価格: \1,890 (税込)

david_halberstamwar_in_a_time_of_peace_1私がハルバースタムの初期の傑作 "ベスト・アンド・ブライテスト" を読んだのは今から30年ほど前の大学生のときです.当時はベトナム戦争終結からあまり時間が経っておらず,なぜアメリカ最高の頭脳がベトナムの泥沼に引きずり込まれたのか(という言い方は被害者意識が表に出て適切ではありませんが)という視点は実に時宜を得たものでした.しかも膨大な取材をもとにして淡々と事実を描き,しかし本質を鋭くえぐっていくジャーナリズムの手法は当時の日本には無いもので,ハルバースタムというジャーナリストが世界中で注目されることになりました.

さて本書(上巻)はベトナム戦争終結から約20年後,ジョージ・ブッシュ(父)からビル・クリントンへとアメリカの政権が移り変わる時期を舞台にしています.そう,冷戦が終結して核戦争の恐怖から世界中が開放された代わりに,それまで押さえ込まれていた民族主義,部族対立が世界中で解き放たれた時期です.このときアメリカの外交・軍事戦略がいかに難しい局面に立たされたのかを,ベスト・アンド・ブライテストと全く同じ手法で,膨大な取材,政権内部のメンバーや対立する当事者双方のミクロな記述からえぐりだした傑作です.

私自身,バルカン半島で何が起きたのか,ボスニアでどういう悲劇が起き,コソボで何が行われたのか,いまだに正確には知りませんし理解もしていませんが,冷戦終結後の世界秩序がいまだに落ち着きを見せない今日,アメリカという超大国との付き合い方,世界中に多くの火種がくすぶる民族主義に対して,多くの示唆を与えてくれる羅針盤となる優れた著作です.

2001年9月11日の同時多発テロ以降,世界はますます混沌としてきました.根本的には世界中から貧困,差別,劣悪な統治を無くさなければならないことは周知の事実ですが,それを具体的にどのように進めていけばよいのか,誰も良い解答を持っていないところに悲劇があります.そして貧困と差別と劣悪な統治がテロリストを量産する悪循環に世界中が巻き込まれています.今日もエジプトの観光地での爆破テロのニュースが流れました.アメリカの圧倒的な力を "賢く" 使うにはどうすればよいのかがポイントですが,誰も良い解答を持たないのです.

それにしても,日本のジャーナリズムはいったいいつになったらこのレベルに達することが出来るのでしょうか?記者クラブのようなものがある限りそれは不可能なようにも思えます.立花隆さんが唯一の例外でしょうか.

|

« 1000円理髪店で見つけたもの | トップページ | 低収益にあえぐ日本企業に期待される戦略論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/5116715

この記事へのトラックバック一覧です: ハルバースタム渾身の力作:

» ブッシュ(父)とクリントンのビミョーな関係 [TIME ガイダンス-Scanworld-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し]
When Opposites Attract タイム誌はふたりの元大統領を写真におさめていました。クリントン前大統領は、1992年、戦後生まれの初の大統領として、ブッシュ(父)元大統領を破りました。湾岸戦争に勝利し見事な停戦合意を成し遂げたにも関わらず勝てなかったブッシュ元大統領は、5年ほどは立ち直れなかったといいます。しかし、そのクリントン氏もみずからの不倫問題で弾劾され、執拗な追及を受けました。現在に至っては、現大統領が子供のブッシュ氏、そしてクリントン氏の妻ヒ... [続きを読む]

受信: 2005/12/28 06:50

» 紛争を生き延びたユーゴの名監督 [望湖庵日記]
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える 木村 元彦 (著),価格: \1,680 (税込) 新聞の書評で本書を知り,買い求めて数ヶ月経ち,連休中にやっと [続きを読む]

受信: 2006/05/11 22:54

» 石油を巡る欲望の複雑な構造 [望湖庵日記]
シリアナ 特別版 - 出演: George Clooney, Matt Damon, Jeffrey Wright, 監督: Stephen Gaghan この [続きを読む]

受信: 2006/07/24 22:58

« 1000円理髪店で見つけたもの | トップページ | 低収益にあえぐ日本企業に期待される戦略論 »