« 盛夏 | トップページ | 一院制,定数100人,全員全国区,再選なし »

2005/08/08

Google Earthで遍歴をたどる

Google Earthを御存知でしょうか?地球上を膨大な量の衛星写真でカバーし,しかも標高データや交通・行政・産業などのデータも加えて,地球上のどこでも直ちに飛んで行き,詳細な衛星写真を楽しむことが出来る,画期的なソフトウェアです.現在の最新版は8月3日に更新された3.0.0464(beta)です.

大都市ならば世界中どこでも,車一台一台がはっきりとわかるほどの分解能の画像が得られます.ただし4,5年前に撮られた画像も多いので,都市再開発が盛んに行われている今の東京は,すこし古いと感じることがあるかもしれません.住宅も一軒づつはっきりと識別できますから,自宅を特定することも比較的容易です.ただし高解像度画像は大都市や有名な観光地だけなので,私が現在住んでいるような地方都市はボケボケの解像度の写真しか得られません.

えっ?と思ったのはバグダッドの高解像度写真.この立派な大都市の高解像度写真を見ることが出来ます.湾岸戦争に備えてか,戦後復興ビジネスの需要を当て込んでか,こんな写真が撮られていたのですね.

さてこのソフトには,好きな地点をマークする機能があり,それをアイコンと文字列で画像上に表示することが出来ます.しかもこのマークはいくつでも階層構造を持って登録することが出来ます.この機能でちょっと遊んでみました.これまで自分が住んだことがある家やアパートやマンションを特定し,それを時代順にマークするのです.このソフトにはマークした地点を自動的に順番に辿っていく機能が備わっているので,自分が住んだことがある場所を衛星写真で次々に辿れるのです.ある場所から次の場所に移動する際には,視点がグーンと高くなって画像がズームアウトし,それから飛行機のように次の場所の上空に移動してそこから高度を下げてズームインします.これが実に面白いのです.Google Earthの成功の鍵は,このズームイン・アウトの出来のよさではないかと思うくらいです.

そういうわけで,住んだことがある場所8箇所,勤務したことがある場所11箇所を登録し,たくさんの思い出を胸に浮かべながら,びゅーんと飛び回っています.あそこではこんなことがあったなぁ,こんな人と一緒に仕事をしたなぁなど.感傷にひたれること請け合いです.

|

« 盛夏 | トップページ | 一院制,定数100人,全員全国区,再選なし »

IT関連情報」カテゴリの記事

コメント

偶然にも先週Google Earthを知り、日本上空を散歩しました。
大袈裟に言えば「神の目」を得たような面白さでした。昔遊んだSim Earthというゲームを思い出しました。
いつの日か、これがリアルタイムの動画で見られる日が来るのでしょうか。

投稿: umex@白梅亭 | 2005/08/09 15:53

umex@白梅亭様,コメントとトラックバックをありがとうございました.そうそう「神の目」という表現もぴったりですね.家のカミさんは「どこでもドア」とも申しております.

投稿: 俊(とし) | 2005/08/09 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/5368359

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earthで遍歴をたどる:

» 「吉田初三郎のパノラマ地図」 [白梅亭 in Frankfurt am Main]
Google Earthの面白さは、大袈裟に言えば「神の目」を得た感覚かもしれな [続きを読む]

受信: 2005/08/09 17:20

» Google Earthに、時間を忘れる [LiveMore International Inc.]
ほとんど年賀状のみで連絡を取っている古い友人のブログ、望湖庵日記でGoogle Earthを知りました。 世界中の衛星写真を見ることができます。 その操作性も非常に良く、良好な通信環境さえあれば、快適に楽しめます。 また、好きな地点を登録す...... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 23:37

« 盛夏 | トップページ | 一院制,定数100人,全員全国区,再選なし »