« 秋深まる | トップページ | 朝もや »

2005/11/03

二番穂実る

03Nov2005-033m私の住む地域では田植えが5月の連休の頃,稲刈りが8月末から9月前半にかけてです.日本の伝統的な歳時記から比べると随分と前倒しのスケジュールになっています.そのせいもあって稲刈り後の田んぼには二番穂がすくすくと育ちます.何しろ稲刈りは9月最初ですから,まだまだ気温は高く日照時間も十分なのです.そしてちょうど今頃,11月の初旬頃になると二番穂にもついに実が入ります.この時期に田んぼを歩くと,背丈は低いながらもちゃんと頭を垂れたイネが普通に見られます.

残念ながら実が入るとほどなく霜が降りるようになり,そうなると二番穂はそのままの状態で立ち枯れてしまうのですが,それが冬のあいだの小鳥たちの貴重な食料になるのです.もっとも二番穂は冬の早い段階で食べつくされてしまい,一冬中持つわけではありません.

私が当地で身につけた季節感としては,二番穂が実るとやがて霜が降りる,ということになります.もう朝晩はストーブが必要になってきました.灯油の巡回販売も始まりましたが,今年は価格が高騰しています.私が知る限り過去最高値です.庶民には寒さが身にしみる冬になりそうですね.

|

« 秋深まる | トップページ | 朝もや »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/6875434

この記事へのトラックバック一覧です: 二番穂実る:

« 秋深まる | トップページ | 朝もや »