« 朝もや | トップページ | FreeBSD 6.0 Release »

2005/11/05

カラスウリ

03Nov2005-008m自宅周辺をカメラを持って散歩すると,いろいろな被写体に出会うことができてとても面白いのですが,この季節は秋の実りがハイライトでしょう.右の写真は,林縁のマント群落の中にたくさんぶら下がっていたカラスウリ.まだ赤くなる前です.緑色ですじが入っているので小さなスイカのようにも見えますね.

これ以外にも様々な木の実,草の実を見つけることが出来ますので被写体には事欠きません.以前の銀塩カメラの時代には,よーく被写体を選んで,慎重に構図と焦点を定め,露出を失敗しないように祈りながらレリーズボタンを押したものですが,今のデジカメでは失敗を気にせずに何枚でも撮って,後でパソコンに取り込んでから選ぶという撮り方になりました.すると気合の入れ方が不足して,みょうにピンボケや手ブレの写真が増えたような気がしていますが,もしかしてパソコンの画面で等倍まで拡大してチェックするので,厳しいチェックになっているだけかもしれません.

|

« 朝もや | トップページ | FreeBSD 6.0 Release »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/6910849

この記事へのトラックバック一覧です: カラスウリ:

» 初冬の烏瓜(カラスウリ)と瓢箪(ヒョウタン) [花筏…]
小学校のフェンスに 烏瓜と瓢箪の実が 吊る下がっていた どちらも、 遺伝子の伝達を目的としているのに 方法が違うためか 烏瓜と瓢箪の色のコントラスト が、一際目を引く 烏瓜の花は 夏の夕方白い花を咲かせるが それが何とも不思議な形の花 まだ実物を観た事が無いが 来年は、近くで 烏瓜を捜せたので 観察する事が出来るだろうか 自然は芸術!:手作りの『北の森工房』へ... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 18:44

» カラスウリ熟す [望湖庵日記 Lakeside Almanac]
このブログでは定番のカラスウリ (*1 *2 *3 *4),今年はどうやら当たり年のようで,そこここの雑木林の林縁部にはオレンジ色の実が沢山ぶら下がっています. [続きを読む]

受信: 2009/11/04 20:41

« 朝もや | トップページ | FreeBSD 6.0 Release »