« 霜 | トップページ | Oazoチビナリオに再挑戦 »

2005/12/23

朝焼けの異変

CA250116m

このところの寒波で毎朝の通勤が本当につらいのですが,それでも体に鞭打って駅まで歩いています.昨日22日の朝,家を出て東の空を見たとたんに異変に気が付きました.朝焼けに映える雲なのですが,渦巻きの列になって光り輝いているではありませんか!早速ケータイ電話のカメラで写真に撮ったことは言うまでもありません.

これは,"Kelvin-Helmholtz不安定"と呼ばれる流体力学ではおなじみの現象(厳密にはさらに温度成層の効果などが加わっているはずですが)なのですが,これほどの大きなスケールでこの現象を目の当たりにすることが出来るのは大変珍しいことです.映像的にも印象的.寒さに縮こまっていた脳みそが一瞬のうちに目覚めました.

|

« 霜 | トップページ | Oazoチビナリオに再挑戦 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/7790116

この記事へのトラックバック一覧です: 朝焼けの異変:

» 寒気が入って?波状の雲 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
先週末に散歩をした時のスナップの続きです.空を見上げると非常に高いところに波状雲が連なっているなぁと思っていたのですが,数分後に再び見上げると,波の波長が非常に長い波上雲が発達していました.よく見ると,大きなスケールの波の中にさらに小さなスケールの波が発達していて,大変興味深いです.小さなスケールの波はおそらくケルビン... [続きを読む]

受信: 2017/11/28 21:34

« 霜 | トップページ | Oazoチビナリオに再挑戦 »