« Norah Jones の新バンド | トップページ | 晩夏の実り »

2006/08/27

個人輸入に対する消費税の怪

Photo年に数回,米国の Amazon.com に CD を注文して取り寄せたり,Lands' End から衣料品を買ったりしていますが,どうも腑に落ちないことがあります.それは消費税のことです.購入するのが CD であれ衣料品であれ,それが少額であれば何も課税されることはありません.単に国際郵便で届くだけです.しかし CD の場合,枚数が10枚を越えるあたりから消費税がかかるようになります.このときには税関に代わって郵便局が徴収を代行する手数料までも払わされる羽目になります.右の写真はこのときの課税通知書です.このときには12,900円の購入に対して500円の消費税と200円の手数料の合計700円を払いました.Lands' End でも同様で,まとめ買いをするとよく税金を取られます.

これはどうなっているのだろうと思って調べてみました.参考にしたのはこのページです.まず CD にかかる関税率は 0% です.ほう?優遇されていますな.これはきっとアメリカの圧力でしょう.関税がかかる場合でも課税価格(商品代金に送料と保険料を加えた金額のことだが,個人輸入と判断された場合には,卸値を基準とした安めの価格,おおよそ 60-80% が設定される)が10万円以下の場合には簡易税率という低めの税率がかかります(例外品目あり).従って,CD には消費税だけがかかることになります.あれ?やっぱり消費税はかかるのか.でもかからない場合があるのは何故?それは課税価格が1万円以下ならば,関税や消費税が免除されるからです.庶民の味方というわけですか?ただし皮革製品などは例外だそうです.

やっと納得.課税価格が1万円を越えるかどうかが分かれ道だったのです.うーむ,そうすると CD は10枚を越えない量で小分けに注文したほうが良いのですね.少し賢くなりました.

ただし革製品には要注意.国内の脆弱な皮革産業を保護するために,革製品からはしっかりと税金を取ることになっています.Lands' End でも革靴などを買うと最高で 41.3% もの関税を取られる場合があります.これでは個人輸入のメリットはほとんどありませんよね.

| |

« Norah Jones の新バンド | トップページ | 晩夏の実り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人輸入に対する消費税の怪:

« Norah Jones の新バンド | トップページ | 晩夏の実り »