« 北朝鮮豊渓里核実験サイト | トップページ | 秋だね!タテハチョウも来たよ »

2006/10/09

二番穂すくすく

Ca250199mこの地方では稲刈りが8月の終わりから9月の初めにかけてです.まだ気温も日照も十分ですから,切り株からは右の写真のように二番穂がすくすくと育ちます.例年この状態は10月一杯は続き,11月になって二番穂にも実が入り頭を垂れ始めた時点で霜が降りて,そのまま立ち枯れるという経過を辿ります.米の実が入ったまま立ち枯れた二番穂は,初冬の鳥たちの格好の食料になり,冬が本格化する頃には全て食べ尽くされてしまいます.

二番穂が入ることで田んぼの地力は落ちるのかもしれませんが,夏の終わりの稲刈りで緑がなくなった田んぼが,霜が降りるまでの間,再び青々とする姿はなかなか面白いものです.

|

« 北朝鮮豊渓里核実験サイト | トップページ | 秋だね!タテハチョウも来たよ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/12208365

この記事へのトラックバック一覧です: 二番穂すくすく:

» 二番穂ついに霜枯れ [望湖庵日記]
例年この地方の稲刈りは9月初めなので,稲刈り後の切り株から二番目の稲がすくすくと育ち,11月初め頃にはいわゆる二番穂に実が入るようになります.これは昨年10月 [続きを読む]

受信: 2007/11/24 21:58

« 北朝鮮豊渓里核実験サイト | トップページ | 秋だね!タテハチョウも来たよ »