« 秋だね!タテハチョウも来たよ | トップページ | 今日の夕暮れ »

2006/10/15

波状雲

Ca250202m涼しい秋風が当たり前のように吹くようになって来ました.日中,日なたを歩くとまだ汗ばむのですが,日陰に入って風に当たっていると体が冷え込んでしまうほどです.ふと空を見上げると,うぉー!これは何だ?まるで巨大な洗濯板.上空に強いシアー(高度による風速の差が大きい層)があるのでしょう.流体力学的な不安定波が雲によって可視化されて延々とつながっています.これをうろこ雲というのでしたっけ?

疑問が入道雲のようにムクムクと湧き上がって Wikipedia の雲形を引いてみると,実に様々な雲の形が分類されています.それによれば,今回の雲は「高積雲のうちの層状雲かつ波状雲」ということになるようです.雲の分類がこのようになっているというのは今回初めて勉強しました.

この Wikipedia に掲載されている雲の写真の中には凄いものがあります.特に印象的だったのは「アーチ雲」です.外国のどこかの都市の写真のようですが,まるで特撮映画そのもの.作り物ではないかと思えるほど.一見の価値があります.

|

« 秋だね!タテハチョウも来たよ | トップページ | 今日の夕暮れ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/12290367

この記事へのトラックバック一覧です: 波状雲:

» 寒気が入って?波状の雲 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
先週末に散歩をした時のスナップの続きです.空を見上げると非常に高いところに波状雲が連なっているなぁと思っていたのですが,数分後に再び見上げると,波の波長が非常に長い波上雲が発達していました.よく見ると,大きなスケールの波の中にさらに小さなスケールの波が発達していて,大変興味深いです.小さなスケールの波はおそらくケルビン... [続きを読む]

受信: 2017/11/28 21:34

« 秋だね!タテハチョウも来たよ | トップページ | 今日の夕暮れ »