« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/19

Eva Cassidyに捧げられたアルバム

Sands of Time [from US] [Import] - Grace Griffith

Grace Griffith のアルバム "My Life" を2006年7月にこのブログでも紹介しましたが,そのときに

あーっ!この人は声が美しい!まるで Eva Cassidy のよう!

と表現しました.このアルバム "Sands of Time" を聴き始めてもその印象は変わりません・・・それどころか!ライナーノーツを読んでいたら

This album is dedicated to Eva Cassidy.

という Grace Griffith 自身の一文を発見してしまいました!さらにライナーノーツを読むと,彼女と Eva Cassidy との交流が実に深いものであったことが解説されています.

Eva は Grace のファンであり,しばしばコンサート会場にも足を運んでいたのだそうです.聴衆の中の Eva の顔を Grace は覚えていたのですが,1996年のある日,バージニア州 Alexandria のある小さなクラブのステージで Eva が歌うのを聴いて,Grace はあの少女であることがただちにわかり,しかもそのあまりの素晴らしい歌声にぶっ飛び,彼女をレコード会社に紹介したのです.これも Washington D.C. というやや特殊な地区の音楽シーンに,この二人がたまたま居合わせたという幸運からでした.しかし,そのときには Eva はすでに病魔に冒されてそれと闘っている最中だったのです・・・この続きは Blix Street Records 社長の Bill Straw が書いたライナーノーツでどうぞ.

さて当の Grace Griffith の2003年にリリースされたアルバムがこれです.とにかく Eva Cassidy に捧げられたアルバムだからなのでしょうか,追悼という言葉がぴったり来る曲が多いように感じます.静かに,深く,清らかな歌声で何かを悲しみ,惜しんでいるように聴こえるのです.うーん,しかし,私の第一印象が意外な展開を見せたことにびっくりしています.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おでん

Fallhome_nov2006028m

いよいよおでんの季節になりました.良いネタを選び,手を抜かずに昆布でだしをとり,そして時間をかけて煮込んだおでんは,寒い季節にぴったりの食べ物です.日本酒でも良し,焼酎でも良し,そして残ったおでんは翌日のご飯のおかずにもなります.こんな素晴らしい食べ物を食べられる日本人は本当に幸せですね.昨日は客人とともに,今シーズン最初のおでんをつつきました.あー美味しかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/16

霧の朝

Ca250211m

今年の秋は濃霧の朝を迎える日が多いです.昨日は夜間に雨が降り,その後深夜に晴れ上がって放射冷却となり,今日の朝方には地表近くの水蒸気が凝結してこのような霧が発生したのだと思われます.そのお陰で私が乗るべき電車は20分近くも遅れて到着し,その遅れ時間を徐々に拡大しながら都心のターミナルに到着しました.

ドイツやフランスの平原地方も秋に霧が発生することが多く,濃霧の高速道路で事故が発生することがあります.またパリのドゴール空港には霧を滑走路周辺から吹き飛ばす大掛かりな装置が備えられています.日本では阿蘇山の裾野の台地の上に造成された熊本空港が濃霧で有名です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

冬の予感

Fallhome_nov2006024m

今日の夕暮れです.今日は一日中強風が吹き荒れ,大気は乾燥して澄み渡り,そして夕暮れ時には,冬特有のオレンジ・紫系のグラデーションが地平線近くの空を飾ってくれました.ここに金星が光り輝いていれば,もう何も言うことはありませんね.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

柿の実に木枯らし強し

Ca250208m昨日雨を降らせた低気圧が今日は北海道付近で猛烈に発達し,関東地方は朝から徐々に晴れ間が広がり,お昼頃には抜けるような青空に強烈な日差し,そして強い風が吹いてきました.木々はすでに落葉の季節に入っており,今日の風は木枯らしになることでしょう.

今年は柿の当たり年のようで,住宅地の中のそこここにたわわに実をつけた柿の木を見ることができます.ちゃんと収穫していない家があるのは渋柿だからかな?と思うのですが,熟しきった柿が道路にいくつも落ちているのはもったいない気がします.

昨日わが家ではストーブを点火しました.あと二週間ほどするとイチョウも黄葉して落葉し,いよいよ冬に入ります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/08

昼休みのスリラー

昼休み,昼食の帰りに高層ビルの谷間の歩行スペースを歩いていたら,地面に何か落ちています.ふわふわした灰色の羽毛の丸い塊り.携帯のストラップを誰かが落としたのかなぁと思って良く見ると,なんと食いちぎられたヒヨドリの頭部.血が滴っています.

カラスかハヤブサか,はたまたハイタカか?皇居の広大な森がすぐ近くなので,いずれの可能性も排除できません.しかし他に何も落ちていない敷石の上に,この頭部だけがころっと落ちている様は白昼のスリラー.写真が撮れなかったのが何とも残念でした.

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/11/05

秋のお散歩

Fallhome_nov2006023m

今日は昨日よりは日差しがあって暖かかったので,自宅の周辺をちょっとお散歩.カメラを持って出たのですが,最初の2枚を撮ったところであえなく電池切れになってしまいました.カメラが悪いのか電池が悪いのか,カメラに満充電のニッケル水素単三電池を入れたま2,3週間もするとバッテリ表示が半分以下になってしまいます.このカメラを買った当初はもっと電池の持ちは良かったと思うのですが・・・カメラのファームウェアをアップデイトしてからこの症状が出るようになったような気もします.

電池切れ直前に撮った写真がフェンス際のセイタカアワダチソウとカラスウリです.青空とのコントラストがきれいでした.今日は上空に寒気が入ったため,雲があちこちで沸き立っていますが,にわか雨を降らすほどではなさそうです.青空に白い雲が高くそびえて,夏の空のようでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

情感豊かなブルーグラスの有望株

Alecia Nugent [from US] [Import] - Alecia Nugent

先月このブログで紹介した Alecia Nugent ですが,今回はそのデビューアルバムをご紹介しましょう.2004年のリリース.今からまだ2年前のことですから,この歌手は新人に近い・・・たしかに Wikipedia を引いても出てきません・・・うーむ,新人にしてはこの貫禄はどうしたことでしょう?音程やリズムの取り方は実に安定感があって,しかも情感表現もなかなかのもの.少なくとも10年は歌ってきたベテランの味です.

前回の紹介のときに Patty Loveless と良く似ていると書きましたが,それはこのアルバムも同じことです.声の質も,節の回し方も良く似ています.断片だけ聴くと間違ってしまいそうなほどです.いずれにせよ,彼女たちの歌のスタイルがブルーグラスの一角に占める存在感は確かなものがあります.これからもアルバムのリリースを注意して見守っていきたいと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

秋深まる

Fallhome_nov2006021m

秋が深まり,平地でも木々の紅葉が進んできました.上の写真はわが家の玄関に植えられているナツツバキの紅葉.今年は台風が来なかったために,木々の葉は比較的痛みが少なく,紅葉も美しいように感じます.

これからは一雨ごとに冬が近づき,今月の下旬には初霜が降り,そして木枯らしが吹き出して冬が始まります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »