« 早春の中の晩秋 | トップページ | 都心のオリーブ »

2007/02/18

早春の雨

Springhome_feb2007051m

昨夜から降り始めた雨はまとまった雨になり,今日の昼過ぎまで降り続きました.3時頃になってようやく雲が切れて日が差し始めました.昨日に続いて K10D + FA31mm/F1.8AL Limited の試し撮りです.まだ水が滴っているトサミズキの新芽を撮ってみました.ボディ内モータによるオートフォーカスとしてはかなり速い合焦速度だと思うのですが,マクロ撮影になるとどこに合焦してよいのか迷う頻度が高く,こういうときにはクイック・シフト・フォーカス付きのレンズが欲しいなぁと思うことしきりです.

画像をパソコンに取り込んでレタッチをするときに気が付くのですが,このカメラの画像データ生成はアンダー側はかなり粘って階調を残してくれますが,オーバー側はあっさりと白飛びしてしまいます.このあたりはまだまだ銀塩には適わないところです.撮像素子がもう少し進歩して欲しいものです.

|

« 早春の中の晩秋 | トップページ | 都心のオリーブ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/13959249

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の雨:

» ペンタックスはニコンFマウントのレンズを作るべきである [望湖庵日記]
昨日発売になったニコンのフルサイズデジタル一眼レフ D700 のレビュー記事を丹念に読んでみました.読めば読むほど,フルサイズの撮像素子の高感度・低ノイズの威力 [続きを読む]

受信: 2008/07/26 12:05

« 早春の中の晩秋 | トップページ | 都心のオリーブ »