« 花の種が付いてくるアルバム | トップページ | サイト内検索機能を付けました »

2007/03/24

豪華ゲストが盛り上げるブルーグラスアルバム

Fair Weather [from US] [Import] - Alison Brown

最近このブログでたびたび取り上げている (*1 *2 *3) Alison Brown ですが,これは2000年にリリースされたアルバム.1995年に設立された彼女自身のレーベル,Compass Records から出されています.彼女自身は Banjo 弾きなのですが,曲作りも精力的に行っており,このアルバムの曲も大半は彼女自身の作曲.現代的なブルーグラスを数多く生み出している才能は見事としか言いようがありません.

このアルバムの特徴はゲストが豪華なこと.主なメンバーだけでも

とまあこんな感じで,Alison Brown 自身は Banjo 一本です.特に,Sam Bush や Tim O'Brien のマンドリンが加わることでアルバム全体に繊細で華やかな雰囲気が添えられ,それが Alison の柔和な Banjo の音色と交じり合って見事です.これが最もよく現れているのが第8曲目の "Everybody's Talkin'" で,Tim O'Brien のヴォーカルとマンドリンが実に素晴らしいでき.

Fiddle を弾いている Stuart Duncan は Alison がハイスクールの学生だった頃からの音楽パートナーですが,さすがにぴったりと息が合ったところを聴かせてくれるのもまたうれしいところ.Dobro の大御所 Jerry Douglas はいろいろな人のアルバムにちょこちょこ顔を出している人なのですが,やっぱりここにも!てな感じですね.こんな感じで一流のゲスト連中が楽器やヴォーカルで加わっているので,大変豪華なアルバムに仕上がっており,大変お買い得感が高いです.

最終第12曲目の Sweet Thing は,Alison の Banjo ソロを聴かせる1分42秒の小品ですが,アルバムの最後を締めくくるにふさわしい美しい響きです.

| |

« 花の種が付いてくるアルバム | トップページ | サイト内検索機能を付けました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪華ゲストが盛り上げるブルーグラスアルバム:

» ブルーグラス女性ヴォーカルの星 [望湖庵日記]
Catch Tomorrow [Import] [from US] - Dale Ann Bradley(アーティスト) いやぁ,驚きました.あまりぱっとしない [続きを読む]

受信: 2009/05/06 08:05

» Country ColdにAlison Brownが来た! [望湖庵日記 Lakeside Diary]
今年の Country Gold に Alison Brown Quartet が来ました!本日14時からの NHK の番組を見て,初めて知りました.Alison Brown はインテリのカントリー,というかブルーグラス,というかジャズ.というか,とにかく既存の音楽ジャンルの枠をはみ出た音楽を作ってきた,ナイロン弦のバ... [続きを読む]

受信: 2011/11/06 07:53

« 花の種が付いてくるアルバム | トップページ | サイト内検索機能を付けました »