« 本当に春 | トップページ | 田んぼのタネツケバナ »

2007/03/07

根津のトマソン「原爆タイプ」

Yanakanezu_mar2007012m

3月4日の日曜日に根津を歩いていて見かけた,日本では珍しいトマソン「原爆タイプ」の写真です.この用語は以前このブログで紹介した "路上観察で歩くパリ" に登場するもので,確かにパリの市中ではそこここに見られる建物外壁のパターンです.要するに,隣接する建物どうしが壁を共有して建てられているために,片方の建物が取り壊されると,もう片方の外壁に壊された建物の壁の断面がくっきりと残る,というものです.

ちなみにトマソンとは,Wikipedia によれば,"超芸術トマソン" とも呼ばれ,赤瀬川源平らの発見による芸術上の概念であり,不動産や建築物に付着していて美しく保存されている無用の長物,なのだそうです.

根津のような木造家屋密集地域で,この原爆タイプのトマソンが発見されたのは,なかなか珍しいことではないかと思うのですが,私の思い込みだけかもしれません.

|

« 本当に春 | トップページ | 田んぼのタネツケバナ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/14181221

この記事へのトラックバック一覧です: 根津のトマソン「原爆タイプ」:

« 本当に春 | トップページ | 田んぼのタネツケバナ »