« 台風「ウサギ」来てます | トップページ | 酷暑だけど豊かに実れ »

2007/07/31

どこかもの悲しいカントリー・ポップの定番

Highway 101: Greatest Hits [Best of] [from US] [Import] - Highway 101 (アーティスト)

うーん,このグループ "Highway 101" はですねぇ,私としてはあまり推薦するほうではないのですが,しかし聴いていて気持ちが良いのです.からりと乾いたアメリカの西部を思わせるサウンド.ノリは良くメロディーも素敵です.カーオーディオにうってつけの曲ばかり,というとその良さがわかるでしょうか?カントリーポップの定番というか,一つの標準.しかし最近の可愛い子ちゃんカントリーポップの歌手とは異なり,あくまで大人の情感を美しいメロディーラインで淡々と歌い込みます.

しかしよく聴き込んでいくと,どこかもの悲しい雰囲気が感じられるようになってくるのです.特に,このグループが多用しているごくありきたりのハーモニーコーラスが時としてとてももの悲しく聴こえてくるのです.そしてこのときにこそメロディーラインの美しさが際立ちます.例えば,第4曲目の "Somewhere Tonight" はその代表格.こうなると情感派はもうたまらなくなります.スティールが良い味を出しているのですが,Dobro を使ったらどうなっていたでしょうね?

いったん感覚にスイッチが入ると,メロディーラインとともにジャケット写真からももの悲しさが感じられるようになるから不思議です.トレーラーに機材を積んでそこに寝泊りしながらアメリカ中をツアーをしているのだろうなどと勝手に想像できてしまいます.今日はこの町,明日はあの町.州境を越えると小麦畑が綿花畑に変わって・・・なーんてね.

バンドの名前はアメリカ合州国の太平洋岸を南北に貫くハイウェイの名前から取ったもので,道理でサウンドは西海岸のそれそのもの.歴史は長く,最初のアルバムは1987年ですから,もう20年選手であることがわかります.ただしメンバーの移り変わりは激しいそうです.私が持っているのは右の2枚のアルバムのみなのですが,きっとアメリカ西海岸にはファンが多いことでしょう.まだ活発にツアーを行っているそうです.

| |

« 台風「ウサギ」来てます | トップページ | 酷暑だけど豊かに実れ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこかもの悲しいカントリー・ポップの定番:

« 台風「ウサギ」来てます | トップページ | 酷暑だけど豊かに実れ »