« 肉は硬いほうが旨い | トップページ | トラディショナルな曲作りが光るシンガー・ソングライター »

2008/02/08

革命家を育んだバイク旅行

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 - 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル,ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 監督:ウォルター・サレス

ちょっと評判になっていた映画だったので,気にはなっていたのですが,運良く NHK 衛星映画劇場で放映されたので録画して鑑賞しました.

良い映画です.純粋無垢な医学生の青年を革命家に変貌させた原体験がこのようなところにあった,というのはある意味うれしい驚きでした.当初は気楽で興味本位のつもりの南米大陸横断のバイク旅行だったのですが,行く先々での貧困と差別と搾取を目の当たりにしていくにつれ,純粋無垢な医学生だったチェ・ゲバラの中に,これを何とかせねば,という思いが湧きあがっていきます.

バイク旅行のコンビを組む生化学者で現実主義者の友人との対比・組み合わせが大変良く計算されており,演出も見事.良質のロードムービーです.主人公を演じるガエル・ガルシア・ベルナルの演技は特に光っており,アカデミー主演男優賞ものです.当初の無垢で頼りなげな青年の表情から,悩み苦しみながらも次第に自らの意思を固めていき最後にはそれが確固とした確信に変わる,そういう青年の内面の成長を見事に演じきっています.

えーと,それでですねぇ,最後に気がついたのですが,この映画の監督のウォルター・サレスって,ブラジル映画のロードムービーの傑作 "セントラル・ステーション" を撮った人なのですね.なーんだ!彼なら世界中から資金とスタッフが集まること請け合いです.道理で良くできた映画だと思いました.

| |

« 肉は硬いほうが旨い | トップページ | トラディショナルな曲作りが光るシンガー・ソングライター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 革命家を育んだバイク旅行:

« 肉は硬いほうが旨い | トップページ | トラディショナルな曲作りが光るシンガー・ソングライター »