« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/31

南国宮崎の駅前

Miyazaki_mar2008006m

3月最後のポストです.先週末に宮崎に行ったときに撮ったスナップ.南国宮崎では駅前に大きなフェニックスが何本も植えられています.街路樹もフェニックスが多く,南国気分を掻き立てられます.これで食べ物に特徴的なものがあればいいのですが,残念ながらそれが乏しいのが玉に瑕.もう少し地域起し的なものをやって,特に食べ物で質の高いものを生み出すことができれば,もっともっと観光客を呼び込むことができるでしょう.

Miyazaki_mar2008010m

さて,今回気がついたのは高速バス路線網の充実です.九州一円に高速バスの路線網が張り巡らされており,比較的安価で気軽に利用できます.航空機はもとより鉄道よりも安く移動できるために,特に若い世代を中心に利用者が増えているようです.九州は中央部に巨大で険しい山塊があるために東西の行き来が大変不便です.特に鉄道ではその便が大変貧弱なのですが,宮崎県都城市-えびの高原-熊本県人吉市-八代市をつなぐ高速道路の開通により,少なくとも南九州での東西の行き来は格段に便利になりました.上の写真は宮崎駅発福岡行きの高速バスです.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/26

春の黄色い花たち

これも週末に撮った写真です.一つは,3月16日にもポストしたトサミズキのその後の様子.だいぶ花穂が長くなってきたのがわかります.この花の写真は露出が難しく,直射日光が当たっていると,花びらの部分が簡単に白トビしてしまいます.今回のショットはかろうじて白トビを極小にできたのですが,輝度のヒストグラムを見ると冷や汗モノです.

Springhome_mar2008048m

もう一つの黄色系の花は,早春を告げる花の一つ,アオモジです.わが家に植わってもう10年.毎年美しい花をつけて春を楽しませてくれます.一昨年もこのブログでご紹介しました

Springhome_mar2008051m

東京はもうだいぶ桜が開花してきましたが,当地での開花にはもう少し時間がかかりそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/23

春の使者たち

昨日のポストの続きです.

昨日3月22日,ついに東京では桜が開花したようです.桜が咲くと,春の気分が本格的に盛り上がってきます.住宅地の中では,そこここでコブシモクレンが満開期を迎えています.一方,休耕田などでは蝶の姿をちらほらと見かけます.ルリシジミベニシジミなどです.彼らは春を告げる使者たちですが,今朝の当地は霜が降りて地面は白くなっていました.無事に寒さをしのぐことができたでしょうか?

Aroundhome_mar2008050m

Aroundhome_mar2008071m

昨日の分も含め,これらの写真は全て PENTAX K10D に装着した FA77mmF1.8 Limited で撮影しています.前にも一度ポストしたとおり,焦点深度が非常に浅いレンズなのでフォーカシングには一苦労.何枚か撮って最も良くフォーカスしているものを選んでいますが,それでもこのボディとレンズの組み合わせだとかなり後ピンになるようで,納得の行かないショットも数多くあります.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/22

春始動

前回のポストから一週間が経ちました.途中冷たい雨の日もありましたが,今日の日中の気温は16度を越えており,もう完全に春がやって来たという感じです.近所の休耕田を短時間散歩してみましたが,オオイヌノフグリタネツケバナホトケノザヒメオドリコソウナズナなどが大量の花をつけていました.それに誘われてか,蝶もちらほらと見かけます.いよいよ春が始動しました.

Aroundhome_mar2008065m

Aroundhome_mar2008021m

Aroundhome_mar2008063m

Aroundhome_mar2008003m

Aroundhome_mar2008027m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/16

今年のトサミズキ開花

Springhome_mar2008009m

例年トサミズキの開花の様子を紹介していますが (*1, *2, *3),今年も庭のトサミズキがほころび始めました.まだ花穂が長く降りてきていませんが,来週くらいになるとだいぶ長くなることでしょう.この花は,わが家では最も早く春を告げる花です.もちろん地面ではオオイヌノフグリタネツケバナヒメオドリコソウホトケノザなどが咲いています.来週はさらに本格的に春の花が咲くことでしょう.

Springhome_mar2008030m

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008/03/15

HDD のクローニング

先週の記事でパソコン換装のことを書きましたが,やっと今週になって全てかたがつきました.秋葉原に部品を買いに行ったときに,ひょっとして HDD が壊れていたらまずいので大容量で価格がこなれた HDD を買ってきたのですが,幸いなことに古い HDD は壊れておらず,それをそのまま使っていました.しかしこの HDD はシーク音がガリガリとうるさく,容量も今の水準からすると随分と見劣りするので,これも換えてしまおうと作業を始めました.

最大の問題は,古い HDD から新しい HDD へ全てのパーティションをそっくりとコピーすることです.クローニングと言っても良いでしょう.これは Windows を立ち上げたままでは実行できません.起動ディスクである C ドライブや,スワップファイルを置いているドライブなどは Windows の稼動中はコピーを取ることができません.このようなときのために,フロッピーディスクCD から Linux などの異なる OS を起動して, HDD のパーティションを操作することができるツールがあります.商用のものもフリーソフトもあるので,今回は GParted (Gnome Partition Editor) というツールを使用しました.

まず,Windows の起動中に GParted LiveCD イメージファイルをダウンロードして CD-R に焼き,起動ディスクを作成しておきます.それから新しい HDD を取り付けてこの CD-R からブートして GParted を起動します.この GParted とは,なんと Linux 上の GNOME デスクトップで動くツールで,最初から高解像度の X Window System の上で難なく立ち上がりました.

次に,この新しい HDD に古い HDD と同じ構成のパーティションを切ります.今回は基本パーティション一つ,拡張パーティションの中に二つの論理パーティションを切ります.各パーティションのサイズは古い HDD のパーティションと異なるサイズであってかまいません.

パーティションを切ったら,古い HDD のパーティションを一つずつ対応するパーティションにコピーしていきます.各パーティションにはそれなりの容量のファイルが収められているので,この作業はかなりの時間がかかります.全てのパーティションをコピーし終えたら,基本パーティションからブートできるようにブートフラグを立てます.

これでいったんシャットダウンし,古い HDD を取り外し新しい HDD でブートします.このとき念のためマザーボードの BIOS でブート条件を確認しておくと良いでしょう.今回はすんなりと Windows が立ち上がりましたが,すぐさまディスク管理ツールでドライブ名を C: や D: などと再設定しておきます.再度リブートして,今度は論理ドライブごとにエラーチェック・修復ツールを走らせます.これもかなり長い時間がかかります.そして再度リブート.だいぶ時間が経ちましたが,これで完成です.

新しい HDD は垂直磁気記録の大容量タイプ,しかもシーク音がほとんど聞こえないので,動作しているかどうか不安になるほどですが,これまでよりも確実に高速化していることが体感できます.2週間ごしの換装でしたが,やっと快適に使えるようになりました.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/03/08

ウグイス,ヒバリ,トサミズキ,田起こし

今年の冬は中盤以降寒い日が長く続き,それは新年から2月一杯続いたように思います.お陰で体が鍛えられて完全な冬モードになり,2月にはあまり寒いと感じなくなるほどでした.その証拠にこの冬はマフラーを一度も身に付けていません.

しかし3月に入るとやはり力強く春がやってきました.今朝は結構寒くて真っ白に霜が降りていましたが,そこここでウグイスが鳴き,空にはヒバリが囀り,庭の一角ではトサミズキの薄黄色の花がほころびかけていました.すでに田起こしを始めている田んぼもあり,もう春はすぐそこです.ウメはあちこちで満開ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン換装

先週"パソコンの突然死" で書いたとおり,パソコンの不調の原因は,結局 CPUマザーボードかの切り分けができず,CPU,メモリ,マザーボード,グラフィックカード,電源の換装という大掛かりなものになってしまいました.CPU だけ,あるいはマザーボードだけという換装ができればよいのですが,ここ4年ほどの間にこれらのハードウェアの世代は3世代ほど進んでいます.いまさら古い世代のハードウェアを新品で手に入れることはほとんど不可能,かといって中古やジャンクに手を出すのはリスクが高い,というわけで,色々なハードウェアをまとめて換えざるを得ないということになります.

大変幸いなことに HDD には何の問題もなかったため,換装後も一発で Windows が立ち上がりました.もちろんマザーボード上のハードウェアのドライバは全てインストールしなおす必要がありましたが,それは OS 全体の再インストールに比べれば大したことではありません.

換装後数日経ち,マザーボードの BIOS を最新のものに入れ替え,ようやく安定してシステム全体が動くようになりました.ついでといっては何ですが,長年使ってきたレーザ・プリンタインクジェット・プリンタイメージ・スキャナを,最新のオール・イン・ワン・プリンタに入れ替えることにしました.そもそもレーザ・プリンタは往年のパラレル・ポートを使っており,新しいマザーボードにはパラレル・ポートが無いものですから,いずれにせよ使えなくなってしまったのです.

品物は注文した翌日に届き,早速古いハードと入れ替えました.ここでも,古いドライバのアンインストール,新しいドライバやユーティリティのインストールと手間がかかりますが,従来のハードウェアに比べると,USB のデバイスは圧倒的に使い勝手が良くて助かります.新しいプリンタとスキャナは,色調の特性が古いプリンタとはかなり異なるため,しばらくは試行錯誤で最適な色調の設定を探ることになりそうですが,これもハードウェアをいじり倒す楽しみの一つです.全く不本意ながら,色々なものが一気に新しくなりました.Windows VISTA SP1 が発売されたら,こちらに乗り換えてみようかとも思っていますが,Windows XP SP3 の評判も悪くないようなので,迷いますね.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/03/02

街角のひな祭り

Ca251067

明日はひな祭りです.先週,東京のある和菓子屋さんのショー・ウィンドーに飾られていたおひな様.いかにも伝統と格式を売り物にした老舗の和菓子屋さんに相応しいディスプレイです.かなり質の高そうなひな人形で,おそらく大変高価なものなのでしょう.江戸時代の大名家の嫁入り道具のひな人形セットは大変なものだったらしいですね.それにしても,大変雅で趣きのある日本の文化です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンの突然死

先週後半にパソコンが突然死してしまい,それから数日はてんやわんやの大忙しでした.まず原因がわからなくて参りました.電源を入れても画面には何も現れませんので原因の推測すらできません.まず疑ったのは電源.+12V 系や +5V 系は生きているように見えたので,他の電圧系が駄目になったかと思い,ちょうど近々ハードウェアのアップグレードを考えていたので,駄目もとで新しい電源を買ってきてつないで見ましたが,これがまるで駄目.

次にマザーボード上のバッテリーが死んでいるのではないかと思い,リチウムボタン電池を交換してみましたがこれも駄目.ここまで来ると覚悟が決まり,もう少し先にしようと思っていたハードウェアのアップグレードに踏み切りました.土曜日の午後にアキバに出かけ,CPU,マザーボード,メモリ,グラフィックカードなどを買い集めました.本当は Intel Core 2 Duo E8500 という 45nm の最新 CPU の 3.0GHz 版が欲しかったのですが,このシリーズは発売間もなく極端な品薄になり,最下位の E8200 2.66GHz しか手に入りませんでした.これがなんとも心残り.

土曜日の夕方から夜にかけて,古いハードをケースから取り外し,新しいマザーボードやカードを取り付けていきます.ハードウェアのアップグレードと入っても,OS の入れ替えは行いません.古い HDD が生きているという前提で,これをそのままつないで復活させようという魂胆です.結果的にはこの作戦が功を奏し,OS の再インストールなどせずに,これまでの環境が新しいハードウェアの上に復活しました.それでもマザーボード上のハードウェアのドライバの入れ替えなどは発生し,最終的にまともに動くようになったのは土曜日の深夜.

日曜日の午後にも若干の作業が発生して,夜になってようやく安定して動くようになりました.CPU のクロックは当初の思惑よりは遅いものしか手に入りませんでしたが,全体としては10万円よりは十分少ない金額で最新の CPU とマザーボードに換装できました.あとしばらくして Vista SP1 がリリースされたら,この新しい OS のインストールに励むことにしたいと思います.

それにしても睡眠不足で憔悴しています.

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »