« Windows XP SP3をインストール | トップページ | 寒い五月 »

2008/05/11

ASUS P5K-EとPC-UNIX

数年前まで私の自作の PC の中には数台の HDD があり,そこには PC-DOS やら Windows やら Linux やら FreeBSD やら,はたまた実験的な OS やらを同居させていたものでした.しかし,WindowsXP SP2 以降は,そのような開発実験的な趣味は衰え,専ら WindowsXP だけを使うようになっていました.この春,ハードウェアを更新したことが契機になり,再び PC UNIX を使ってみようかという気になって,いくつかの OS を試してみました.マザーボードは ASUSP5K-E です.

まずは何といっても FreeBSD です.最新の 7.0 のインストールディスクを試してみました.P5K-E は Intel の P35 チップセットと ICH9R を搭載したマザーボードなので,ATAPI はそのままでは準備されていません.このため ASUS は JmicronJMB363 というチップを使って ATAPI と SATA RAID のインターフェースを搭載しています.しかしながら,PCIe に接続された JMB363 のドライバは開発途上のようでうまく動いてくれず,ATAPI につないだ CD ドライブを正しく認識してくれません.これは FreeBSD 7.0 の2008年4月の最新の snapshot では解消されているので,7.1 が出たらこれを真っ先に導入してみようと思います.

次は Fedora 8 です.あと数日で Fedora 9 がリリースされるのですが,いずれにせよこちらは Linux なので,HDD のパーティションを贅沢に要求します.私の現在の環境では基本パーティションを一つ,拡張パーティションを一つ,それぞれ WindowsXP のために消費していますので,Linux を同じ HDD にインストールするのは無理ではありませんが,あまりやりたいことではありません.Linux も FreeBSD のような "スライス" という概念で HDD のパーティションを浪費しないような構成をとってもらいたいものです.

ということで,現時点ではいずれの OS も導入を見送らざるを得ませんでした.しかしFreeBSD 7.1 がリリースされたときには,まずこれを導入してみたいと思います.

|

« Windows XP SP3をインストール | トップページ | 寒い五月 »

IT関連情報」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/41171834

この記事へのトラックバック一覧です: ASUS P5K-EとPC-UNIX:

» Fedora 9をインストールしました [望湖庵日記]
先日のポストで予告したとおり Fedora 9 がリリースされましたので,試しにインストールしてみました.Linux 系の PC-Unix はかなり贅沢にハード [続きを読む]

受信: 2008/05/18 11:20

» FreeBSD 7.0をインストールしました [望湖庵日記]
このところ暇を見つけては色々な PC-UNIX をインストールして楽しんでいます (*1 *2) が,今のところ FreeBSD 7.0 で落ち着いています.や [続きを読む]

受信: 2008/06/22 09:28

» PC-BSDをインストールしました [望湖庵日記]
BSD の系譜をひく PC-UNIX はそれほど数がありません.最も主流なのは FreeBSD ですが,これはデスクトップで使うというよりはむしろサーバ OS [続きを読む]

受信: 2008/09/23 10:49

« Windows XP SP3をインストール | トップページ | 寒い五月 »