« 寒い五月 | トップページ | 最高レベルのデュエット集 »

2008/05/18

Fedora 9をインストールしました

先日のポストで予告したとおり Fedora 9 がリリースされましたので,試しにインストールしてみました.Linux 系の PC-Unix はかなり贅沢にハードディスクのパーティションを消費するのですが,最近の Red Hat 系では,LVM という仮想ボリュームを実装しているので,基本パーティションを二つ用意し,一つを /boot パーティション,もう一つを LVM にしてそこに残りの仮想パーティションを全て突っ込むということが可能になっています.これを利用してインストールすることにしました.

まずインストール DVD イメージをダウンロードし,これからブートします.お決まりのインストーラーである AnacondaX Window 上で立ち上がりますので,あとはいくつかの質問に答えていくことでインストールが進行します.

肝心なのはディスクのパーティション設定ですが,ここはパーティションテーブルを見ながらインタラクティブに試行錯誤できるので,LVM がわかってしまえばかなり楽.

もう一つ肝心なのは,ブートローダの設定です.デフォルトでは,ディスクドライブの MBR (Master Boot Record) にブートレコードを書き込みますので,Windows XP を立ち上げるときにもブートローダである GRUB が立ち上がり,メニュー画面から Windows か Fedora のいずれかを選ぶことになります.しかし私は MBR を一切変更したくなかったので,ブートローダを MBR ではなく /boot パーティションに書き込むオプションを選びました.ただしこの場合は,別途フロッピーに GRUB をインストールし,その中の設定で /boot パーティションからブートするように設定しておく必要があります.こうすると Fedora を立ち上げるにはフロッピーからブートすることになりますが,Windows XP に関しては従来どおり何の変化も与えません.

さて一通りインストールして使ってみましたが,デフォルトのデスクトップ環境GNOME なのですね.私は KDE に慣れていたのでちょっと戸惑います.また SELinux がインストールされているせいか,簡単に Windows XP のパーティションにはアクセスできなかったり,戸惑うことがいくつかあります.また Red Hat 系を使うのは初めてということもあって,カーネルのビルドや,起動時に読み込むモジュール管理を行うディレクトリがどこなのか,まだ探し出せていません.

これまで,PC Unix を使っていたのは Pentium III (1 GHz) までだったので,自作の数値計算プログラムを走らせて速度ベンチマークをしてみると,現在の Core2Duo E8200 (2.66 GHz) は5倍程度の速度で走ってくれました.体感的には make がびゅんびゅんと進むのが驚きです.

あくまでお試しインストールのつもりなのですが,しばらくはこの Fedora に慣れてみようと思います.

|

« 寒い五月 | トップページ | 最高レベルのデュエット集 »

IT関連情報」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

PC Linux はずっと Slackware を使っていたので,Red Hat 系はやはり性に合いませんね.しばらく使った後に消してしまいました.

その代わりと言っては何ですが,FreeBSD 7.0 をインストールしてみました.こちらも本当に久しぶりの FreeBSD なので,色々と変わってだいぶ戸惑っています.でも素人に不親切なそっけなさは健在.使い倒すには相当勉強が必要です.最近は日本語の解説本が無いのが困った.

投稿: 俊(とし) | 2008/06/01 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/41243327

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora 9をインストールしました:

» PC-BSDをインストールしました [望湖庵日記]
BSD の系譜をひく PC-UNIX はそれほど数がありません.最も主流なのは FreeBSD ですが,これはデスクトップで使うというよりはむしろサーバ OS [続きを読む]

受信: 2008/09/23 10:47

« 寒い五月 | トップページ | 最高レベルのデュエット集 »