« 古代米に遺跡が映える | トップページ | 二股木の道祖神 »

2008/06/15

元禄の如意輪観音

これも本日つくば市北条を訪ねたときのスナップ.とある神社の境内にあった如意輪観音像です.石に刻んである碑銘を読むと,何と元禄六年!西暦では1693年のはず.十干十二支では癸酉(みずのと・とり)の年です.時の将軍は徳川綱吉.今から300年以上前に奉納された観音像です.非常に良い状態で残っていました.この観音像は法輪が大きくて見事.また石の頂点の梵字も大変きれいに残っています.

なお,アップした画像は,石肌のテクスチャを強調するために,白黒画像とオーバーレイするという Photoshop の常套手段を用いています.

Hojo_jun2008062m

このあたりには十九夜講の風習があったらしく,街道筋にその石碑がありましたが,実は如意輪観音と十九夜講とは大いに関係があります.十九夜講とは女性たちが妊娠・出産・子育てを助け合い,知恵を伝え合うという主旨の講だったようで,近世になってから発達したもののようです.すなわち江戸時代から明治にかけて流行ったもののよう.そして十九夜講の女性たちの信仰の対象となったのが,この如意輪観音だったというわけです.お隣の千葉県でも同様の講が盛んだったそうなので,かなりの地域的な広がりをもって流行していたのでしょう.

ちなみに,街道筋には二十二夜の石碑も合ったのですが,これは日本全国でもかなりマイナーのようです.一般的には二十三夜の "月待ち",すなわち二十三夜講が普通でした.これも十九夜講につながる女人講の一種のようです.日本の近世の習俗でもすでに失われ忘れられようとしているものがいかに多いか思い知らされます.

|

« 古代米に遺跡が映える | トップページ | 二股木の道祖神 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。

十九夜講は、私の地区では年3回行われていますが、如意輪観音がその信仰の対象であると言うのは、初めて知りました。

参考になりました。

投稿: RX5 | 2008/06/19 06:08

この観音像も,右側の碑文を良く見ると「十九夜念仏」という文字が読み取れます.写真をクリックすると一段大きな画像が現れますので,それで見てください.

投稿: 俊(とし) | 2008/06/19 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/41544722

この記事へのトラックバック一覧です: 元禄の如意輪観音:

» ☆ 十九夜さま・・・。 [始めようホームシアター]
農村の風習について書こうとすると、冷静な記述がなかなか出来ない。地方をバカにされるのも癪だけど、かといって、スローライフに代表されるように、田舎暮らし礼賛!みたいなのも、何にも知らないでいい気なもんだ・・・と皮肉の一つも言いたくなる。  農村に生まれ、一生涯をその地に留まる事を運命づけられた者にとっては、上記のようなアンビバレントな心情が常に働く。  今回の話題は「十九夜さま」である。かつて農村には、共同体としての様々な「寄り合い」が存在した。「十九夜さま」は、集落の若妻たちが「安産祈願... [続きを読む]

受信: 2008/06/19 06:10

» カステラ一番,電話は二番 [望湖庵日記]
文明堂といえばカステラの老舗の暖簾,なのですが,実は暖簾分けがたいそう複雑だったようで,Wikipedia の記事によれば,現在では文明堂を名乗る企業が,長崎の [続きを読む]

受信: 2008/08/10 08:50

« 古代米に遺跡が映える | トップページ | 二股木の道祖神 »