« カントリー・デュオの逸材 | トップページ | 古代米に遺跡が映える »

2008/06/10

ヒメヤママユ幼虫現る

Summerhome_jun2008058m

ヒメヤママユの幼虫です.ヤママユの幼虫には毛が密生してはいないので,すぐに区別がつきます.しかもこの写真を良く見るとわかるのですが,特に背中の部分がかなり毛深いです.毛の部分を除いた本体はもっとほっそりしていることがわかります.また,非常にまばらですが特に長い毛が生えていることもわかります.

この個体はたまたまショウジョウという赤い葉っぱのカエデについているのですが,この赤い葉っぱをムシャムシャ食べたとしても,体の色が赤く変化することは無いのでしょうか?この赤色はアントシアニンかな?もちろん葉緑素はあるはずのなので,緑色も隠れてはいるはずですが.

|

« カントリー・デュオの逸材 | トップページ | 古代米に遺跡が映える »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/41494865

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメヤママユ幼虫現る:

» アントシアニン [サプリメントの成分・効果・効能を調べてみる]
アントシアニンはポリフェノールの一種で、主にブルーベリーだとかカシスなどに含まれている水溶性の色素です。 [続きを読む]

受信: 2008/06/11 17:43

« カントリー・デュオの逸材 | トップページ | 古代米に遺跡が映える »