« 寝苦しい | トップページ | Could you tell me how to get to the fish market? »

2008/07/26

ペンタックスはニコンFマウントのレンズを作るべきである

昨日発売になったニコンのフルサイズデジタル一眼レフ D700レビュー記事を丹念に読んでみました.読めば読むほど,フルサイズの撮像素子の高感度・低ノイズの威力と,癖の無い高い描写力が良くわかります.撮像素子のフォトダイオード一つ一つに十分な光量が確保されているのでしょう.APS-C サイズのカメラが画像処理でいかに無理をしてノイズを抑え込んでいるかを考えると,筆者がタヌキの親子の作例で "動物やスポーツ写真に画質革命が起きそうな気がする" と述べているのは誇張ではないと感じます.

ただしニコンの場合の問題はレンズ.筆者も述べているように,デジタル時代に相応しいレンズがあまり無いのです.今回 D700 の発売に合わせたキットレンズ AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G (IF) が発売されましたが,手ブレ補正ができるフルサイズ用レンズはこれだけ.手ブレ補正なしでよければ,AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED とか,AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED のような高級で重たいレンズもあるにはあるのですが,アマチュアが持ち歩いて使いこなせる重さではありません.もちろん NIKKOR レンズには従来からの単焦点レンズもあるにはあるのですが,テジタルカメラの撮像素子とのマッチングを考えると不満や不安がかなり残ります.従って,このカメラをレンズキットで購入すると,50代の私はもうその一本だけで一生を終えそうな切ない気分(笑)に浸ってしまいます.

ニコンは手ブレ補正ができる FX フォーマット用レンズのラインナップを充実させていく必要がありますね.D700 は画素数を抑えた仕様ですが,今後2,000万画素を超えるような素子も当然出てくるでしょうから,その場合を考えて,デジタル・フルサイズに耐えられるだけの特性を持ったレンズ群を用意していく必要があります.ボディ内手ブレ補正も真剣に考えるべきでしょう.

そこで思い出したのはペンタックスの単焦点レンズ群.私が持っている3本の単焦点レンズはいずれも,小型・軽量・高画質,という折り紙つきです(*1 *2 *3 *4 *5).特に,FA31mmF1.8AL Limited と,FA77mmF1.8 Limited の2本は,他社のレンズを含めて現在最高の描写力を持つレンズとして "銘玉" の名を恣(ほしいまま)にしています.このような特徴のあるレンズをラインナップに加わえたらどうでしょう?アマチュアにとっては,良い意味で癖のあるレンズにはとても心惹かれるものです.高価で高性能の万能ズームレンズは確かに便利なのですが,アマチュアの趣味の写真としてはあまり面白くありません.個性的で癖があり,しかも長い間愛着を持てる,そのようなレンズがぜひ何本か欲しいものです.好きなボディと好きなレンズを組み合わせ,それらの重みや手触りを味わいながら,気になる被写体に向かうという行為こそ,アマチュア写真の楽しみです.

しかし上記ペンタックスレンズのマウントはペンタックス KAf マウント.これをニコンのFマウントにして出してみたら意外と売れるのではないでしょうか?ボディとレンズの両方を組み合わせて売っている垂直統合型のカメラメーカーとして利害相反が起きるのは明らかですし,ニコンからライセンスを得られる保証もありませんが,ペンタックスの今後の経営を考えたときに,レンズメーカーとして生き残る戦略を考えてみても良いのではないでしょうか?カメラメーカーも,そろそろレンズマウントを共通化して水平分業モデルに転換することを考えてもよいではないかなぁ?もちろん,マウントアダプターというやり方もありますが,フル互換にはなりませんので.

|

« 寝苦しい | トップページ | Could you tell me how to get to the fish market? »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

早速訂正です.AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)は2003/06/28発売のレンズでした.従ってかなり古い.ニコンのVRレンズとしては古い部類に入ります.Web掲示板の評判は芳しくなく,特に画像周辺の像の流れと片ボケについてとやかく言われています.

しかしこのレンズがスカだとすると,もう本当に合わせるレンズは限られてきますね.高画質のレンズと合わせて購入すると50万円は超えます.

投稿: 俊(とし) | 2008/07/26 14:40

今日,量販店の店頭で触ってきました.24-70mmのズームをつけたボディはさすがにデカく重い.でもソリッドな質感は素晴らしいですね.連写の速さも驚き.でもなぁ,レンズがなぁ.

売る側も気がついているのか,Nikkor の単焦点レンズを着けたボディもいくつか展示してありました.50mm/F1.4 の昔懐かしい標準レンズを着けた場合には,重すぎるというほどではなく,ホールド感はそれほど悪くありません.このカメラの場合は単焦点レンズ中心になるのではという私の思いは確信に変わっていきました.

投稿: 俊(とし) | 2008/07/27 14:18

買う側はいいけど
ニコンがゆるすかぃ?

投稿: たこ | 2009/07/27 11:32

あらら,一年前の記事にコメントが付いた・・・

まあ,ニコンがどう言うかはわかりませんねぇ.でもペンタックスがレンズを出したところで,量は高が知れているでしょうし,マウント,すなわちボディのユーザベースが増えると思えば,意外と歓迎してくれるかもしれません.

どのみち,ペンタックスにはボディの開発・量産を続ける体力が無くなっていくはずなので,いずれはボディとレンズの垂直統合路線は諦め水平分業の道に進むか,事業を大幅に縮小してプレミアムブランドとして生き残るか,選択を迫られるでしょう.

投稿: 俊(とし) | 2009/07/27 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/41973166

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスはニコンFマウントのレンズを作るべきである:

» なぜ0.1mmをケチるのか? [望湖庵日記]
先日,ニコンの新しいフルサイズ・デジタル一眼レフ D700 のことを書きましたが,今日はその本体,それも中枢の撮像素子について. このカメラの撮像素子は,いわゆ [続きを読む]

受信: 2008/08/09 10:20

« 寝苦しい | トップページ | Could you tell me how to get to the fish market? »