« 稲刈り進む | トップページ | なぜ新聞社は号外を出すのか? »

2008/09/14

エゴノキの実

fallhome_sep2008022m

エゴノキは初夏に白く美しい花をつける(過去記事その1その2)ものの花期は大変短く,その後は落葉まで単調な様相の木なのですが,一つだけ変化があるとすれば花の割には大柄の実でしょう.この実にはサポニンという物質が含まれており,これは界面活性作用があって,たいていの生き物にとっては食べると毒.したがってこの実は鳥に食べられることもなく,秋になって落葉するまで実が付いたままになっています.

|

« 稲刈り進む | トップページ | なぜ新聞社は号外を出すのか? »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/42470843

この記事へのトラックバック一覧です: エゴノキの実:

« 稲刈り進む | トップページ | なぜ新聞社は号外を出すのか? »