« 柿の実たわわ | トップページ | コセンダングサ »

2008/10/22

セイタカアワダチソウが満開

セイタカアワダチソウが満開です.北アメリカ原産の帰化植物ですが,もう日本に定着してからかなりの時間が経っています.今ではすっかり日本の秋の風景の一部になりました.これも北アメリカからの帰化植物であるキクイモの花が終わると(*1),次はセイタカアワダチソウの群落が目立つようになります.

AroundHome_Oct2008030m

ところで,セイタカアワダチソウはアレロパシー (Allelopathy) という現象で有名です.Wikipedia の記事によれば,これはセイタカアワダチソウ自身の根からある種の化学物質が分泌され,周囲の植物の成長を阻害するのですが,実は自分自身の成長も阻害されているとのことで,連作障害の原因の一つともされているそうです.当初はものすごい勢いで繁茂していたセイタカアワダチソウが,ここ10数年の間は何となく普通の植物として落ち着いてきたと見えるようになったら,それはこのアレロパシーが原因かもしれません.うちの近所ではこいつらはまだ十分元気ですが.

|

« 柿の実たわわ | トップページ | コセンダングサ »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/42863793

この記事へのトラックバック一覧です: セイタカアワダチソウが満開:

» コセンダングサ [望湖庵日記]
これは先日紹介したセイタカアワダチソウとほぼ同時期に咲くセンダングサの仲間.Wikipedia の記事によれば,非常に変異が多い種なのだそうです. いわゆるひっ [続きを読む]

受信: 2008/10/25 13:05

« 柿の実たわわ | トップページ | コセンダングサ »