« 清澄界隈 (3) | トップページ | セイタカアワダチソウが満開 »

2008/10/20

柿の実たわわ

2007年はの当たり年だったのですが,今年も引き続いて当たり年のようです.住宅に庭木として植えられる生り物としては柿が圧倒的に多いようで,今年は近所をちょっと歩くだけでも,そこここにたわわに実った柿の実を見ることができます.これは実は鳥や動物たちにとっても大変なご馳走.身近なところではヒヨドリは柿の実を良くつついています.タヌキも柿を好物にしています.またうちの近所ではハクビシンが夜な夜な出没しては柿を食べているようです.

AroundHome_Oct2008057m

それにしても,果物の当たり年というのはどうやって決まるのでしょう?春から夏にかけての気温や日照が関係しそうだということは容易に想像がつきますが,当たり年が続くということがあるのでしょうか?それとも,土壌の栄養分の蓄積にも影響されて,当たり年はそう毎年は続かないものなのでしょうか?

|

« 清澄界隈 (3) | トップページ | セイタカアワダチソウが満開 »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/42852700

この記事へのトラックバック一覧です: 柿の実たわわ:

» 今年は柿の実が早い? [望湖庵日記 Lakeside Almanac]
今年は秋が早く,もう柿があちこちで実っています.昨年のこのブログでは,10月20日の記事に柿の実がたわわに実っていると報告していますので,昨年に比べるとほぼ一ヶ [続きを読む]

受信: 2009/09/21 16:12

« 清澄界隈 (3) | トップページ | セイタカアワダチソウが満開 »