« クズの葉にアマガエル | トップページ | 稲刈り終盤 »

2008/10/02

稲刈りがすんで

当地では稲刈りはほとんど終わりましたが,今年は例年に比べて田植えが遅かった田んぼも多く,まだ稲刈りが終わらずに黄金色の稲穂が垂れている田んぼも少し残っています.

FallAroundHome_Sep2008053m

昔は稲刈りが終わると稲わらを干してから脱穀していたのでしょうが,いまはコンバインで刈ってしまいますので,その場で脱穀は終わり,あとには稲わらと籾殻が残ります.稲わらは今ではほとんど使い道が無いようで,このように束ねて干して置かれているのは珍しいほうです.使い道が無いのは籾殻も同じで,昔のようにリンゴ箱に緩衝材として詰めるということはしなくなりましたので,田んぼの中で燃やされるのが普通です.もみ殻は長時間燃え続けるので夜通し煙たく,朝起きると喉がいがらっぽくなっていることもあります.今夜もこのあたりは結構燻されている感じです.

立てられている稲わらの周りで青々としているのは稲刈り後に生えてきた二番穂.これもちゃんと実を付けるまでに育つところが面白いですね.

|

« クズの葉にアマガエル | トップページ | 稲刈り終盤 »

四季折々」カテゴリの記事

コメント

そちらはもう稲刈りが終わったんですか。早い!!
こちらはこれからスタートです。
ワラは結構使い道があるんですよ。
干して取り込んできて畑の隅に春まで積んでおきます。
そして果樹の根元やバラの根元、キュウリやスイカなど大活躍。
親戚に畳やさんがいるのですが、昔は畳にするのでワラを集め
に来ていました。しかし、最近は発砲スチロールだそうです。
これはちょっと寂しい気がしますがやむをえませんね。
刈取が始まると稲の匂いが強くなるのですが、明日からかな。

投稿: おみごん | 2008/10/03 23:30

家畜を飼っているとわらは必需品ですね.堆肥づくりや収穫物の保温にも重宝します.しかし,当地では稲刈りのあとで放っておかれる稲わらも結構目立ちます.畳の芯にも使われなくなりました.

投稿: 俊(とし) | 2008/10/04 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/42663415

この記事へのトラックバック一覧です: 稲刈りがすんで:

» 二番穂枯れる [望湖庵日記]
昨年もほぼ同時期に同じ内容の記事をポストしているのですが,今年も霜が降りるようになって二番穂が枯れてきました.それでもちゃんと実は入っているので,これから初冬に [続きを読む]

受信: 2008/11/30 16:17

« クズの葉にアマガエル | トップページ | 稲刈り終盤 »