« 遠出のお参り | トップページ | FreeBSD 7.1 リリース »

2009/01/04

木肌が美しい鳥居

神社初詣に行って改めて思うのは鳥居の形.これは一体どのような歴史があり,どのような意味があるのでしょうか?詳しくは Wikipedia のこちらをご覧ください.

Newyear2009011m

上の写真はこのお正月にお参りに行った神社の鳥居.形の分類で言うと明神鳥居ですね.丸太の一本造りのように見えます.しかも表面はよく磨いてあるようで,素朴な木の素肌ながら,なかなか美しい色彩とテクスチャです.思わず惚れ惚れとして写真を撮ってしまいました.昨年末にこのブログで紹介したばかりの富岡八幡宮の銅葺きの鳥居と比べてみても,なんら見劣りしません.

|

« 遠出のお参り | トップページ | FreeBSD 7.1 リリース »

四季折々」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/43634815

この記事へのトラックバック一覧です: 木肌が美しい鳥居:

« 遠出のお参り | トップページ | FreeBSD 7.1 リリース »