« まだ咲いているクリスマス・ローズ | トップページ | "舞水端里(ムスダンリ)"でアクセス急増 »

2009/03/28

来てみたらうれしい定額給付金

総選挙を意識したばらまき施策との批判も多かった定額給付金ですが,わが家にも市役所から申請書が送られてきました.所定の書式に振込先の金融機関の口座番号などを書いて送り返す仕組みです.

Fixedallowancenotice

妙だなと思ったのは,この書式の送り主の市町村長の部分が,印刷機による書式(青色)の一部にはなっておらず,オンデマンド印刷(黒色)により印刷されていること.ということは,この書式は複数の市町村に共通のものであり,使い回されているということを意味します.総務省からそのような書式が支給されて全国一斉にやっているのか,あるいは県庁が指導して県内では統一されてやっているのか,あるいは行政コンサルタントによる業務委託により行われているのか,実際はどうなんでしょう?この定額給付金をビジネスチャンスと見たコンサルタントが市町村に果敢に売り込みをしている姿をテレビの報道で見たことがあります.地方の小規模自治体にしてみれば,このような変則的な業務を短期間で施行しなければならないのは大きな負担です.そのためのノウハウも人材もないはずの自治体にしてみれば,コンサルタントに業務委託できれば大変ありがたいはず.ただし,そのための経費は自治体の持ち出しになります.

てなことを考えながら書式を埋め,判子を押し,運転免許証と預金通帳のコピーを取って返送用封筒に封をします.少額でもお金をもらえるのはやっぱりうれしい.自治体が希望するように,このお金は出来るだけ地元で使うようにもしたいと思います.しかし,これで今の政権を支持する気持ちが強まるかというと,それはまったく別の問題です.

| |

« まだ咲いているクリスマス・ローズ | トップページ | "舞水端里(ムスダンリ)"でアクセス急増 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来てみたらうれしい定額給付金:

» 寄付要請のダイレクトメール [望湖庵日記]
日本の6月は賞与が支給される季節です.今年の日本企業の賞与は,経済危機の影響で大幅減額が相場.大企業の場合でだいたい20-30%の減額が普通のようです.住宅ロー [続きを読む]

受信: 2009/06/13 09:11

« まだ咲いているクリスマス・ローズ | トップページ | "舞水端里(ムスダンリ)"でアクセス急増 »