« トサミズキほころぶ | トップページ | MediaMonkeyでアルバムアート転送成功 »

2009/03/20

キーボード・トラブルの解決

実につまらないトラブルに巻き込まれましたが,何とか解決できました.

事の発端は,以前紹介したコードレスマウスが突然動かなくなってしまったこと.マウスカーソルがうんともすんとも動きません.電池を入れ替えてもダメ.仕方が無いので修理に出しました.

2週間ほどしてショップから連絡があったので取りに行ってみると "症状再現せず,念のため新品と交換" という診断書.症状が再現しないなんておかしいなぁ?と思いつつ,新品になったのでまあいいか,と持ち帰り,ドライバをインストールして使い始めてみたのですが,しばらくしてアレッ?

使っているキーボードは英語配列の 101 キーボードなのに,キー配列が 日本語配列 (106) に書き換わっているではありませんか!これではキーボードをまともに使うことが出来ません.

ここから解決方法を探すのに一苦労.色々なキーワードで検索し,そこに書いてある処方箋を試してみるのですが,なかなか完全な解決法が見つかりません.二,三日経ってようやく,これでいいだろうという解決法が見つかりました.実は,マウスのドライバをインストールした時点で,レジストリエントリ

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

が以下のように書き換えられていたのです.

PollingIterations dword:00002ee0
PollingIterationsMaximum dword:00002ee0
ResendIterations dword:00000003
KeyboardFailedReset dword:00000000
LayerDriver JPN kbd106n.dll
LayerDriver KOR kbd101a.dll
OverrideKeyboardType dword:00000007
OverrideKeyboardSubtype dword:00000002
OverrideKeyboardIdentifier PCAT_106KEY

101 キーボードを使っているのに,106 キーボードを使う設定に書き換えられているので,これを以下のように書き戻します.

PollingIterations dword:00002ee0
PollingIterationsMaximum dword:00002ee0
ResendIterations dword:00000003
KeyboardFailedReset dword:00000000
LayerDriver JPN kbd101.dll
LayerDriver KOR kbd101a.dll
OverrideKeyboardType dword:00000007
OverrideKeyboardSubtype dword:00000000
OverrideKeyboardIdentifier PCAT_101KEY

こうやってリブートすると,ちゃんと元通りに使えるようになりました.めでたしめでたし.それにしても腹が立つのは,ロジクール (Logicool) のドライバ SetPoint です.このドライバは,同社のキーボードとマウスの両方に対応した統合ドライバをインストールするらしく,何も修正しなくて良いはずのキーボード設定を書き換える,しかもキーボードの種類をうまく検知できずに,誤った設定に書き換えてしまうというとんでもない代物.同社のサポートーページにも同様の症状への対応方法が書かれていますが,どうも不具合が発覚した順に対応方法を書き加えていったらしく,体系的でないためにわかりにくいうえに,結局私の症状にぴったりの処方箋は見つかりませんでした.大幅減点ですね.

|

« トサミズキほころぶ | トップページ | MediaMonkeyでアルバムアート転送成功 »

IT関連情報」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/44407873

この記事へのトラックバック一覧です: キーボード・トラブルの解決:

« トサミズキほころぶ | トップページ | MediaMonkeyでアルバムアート転送成功 »