« そしてようやくサクラ | トップページ | スミレも盛んに »

2009/04/07

あぜはタネツケバナでいっぱい

自宅の眼下には広い谷戸に田んぼが広がっているのですが,あぜはタネツケバナの白い花でいっぱいです.あぜだけではなく,昨年秋の稲刈り以降まだ一度も耕されていない田んぼの中でも,この白い花がたくさん咲いています.一見地味ですが,私は水田地帯に春を告げる特徴的な花だと感じています.

Aroundhome_apr2009002m

花そのものは大変小さいので,その詳細をよく観察する機会は少ないかもしれませんが,花弁は4枚,オシベも4本です.直立した茎に白い花がたくさん付いているのですぐにわかります.早春から咲き始め,かなり暖かくなってからも咲き続けています.北半球に広く分布するそうですから,今頃世界中のあちこちでこの白い花が見られることでしょう.

|

« そしてようやくサクラ | トップページ | スミレも盛んに »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/44588221

この記事へのトラックバック一覧です: あぜはタネツケバナでいっぱい:

« そしてようやくサクラ | トップページ | スミレも盛んに »