« ミツバチ入るかな? | トップページ | ネモフィラの丘 »

2009/05/03

松林の中のチューリップ

昨日訪れた "国営ひたち海浜公園" の中でのスナップ.ここは第二次大戦中は旧日本軍の水戸飛行場,戦後は米軍の水戸射爆撃場として使用されてきましたが,後に返還.総面積350haという広大な面積に公園を今なお造成中で,そのうちの135haが開業中,という日本には類を見ないゆったりとした国営の公園.公園の海側には茨城港(旧常陸那珂港)という巨大な貨物港が建設中で,沖に延長5kmもある長大な防波堤を見ることができます.

入場料金は低廉で,園内にはシャトルバスが走り,レンタルサイクルもあり,かつまた,自転車やペットの持ち込みも可能という,なかなかゆったりと大らかな運営です.あまりに広いので一日ではとても回りきれませんが,季節の花がそこここに植えられており,これがなかなかの見もの.相当量の園芸作業が投入されており,これだけでもあの料金は安すぎです.

Hitachiseasidepark_may2009023m

私が特に好きなのは,"たまごの森" と名付けられた,アカマツの林の中のチューリップ畑.チューリップ百数十品種が,松林の木漏れ日の光と影に映えて大変フォトジェニック.このようなチューリップの見せ方は大変斬新で,他には無いものです.光と影と色彩のまだら模様は写真心を大変刺激してくれます.

Hitachiseasidepark_may2009020m

最近有名になったのは "みはらしの丘" 全体を埋め尽くすネモフィラの群落.これは次の記事に回します.それ以外に,複数の野外ステージで三日間行われる真夏の "Rock In Japan Festival" は大変有名.

|

« ミツバチ入るかな? | トップページ | ネモフィラの丘 »

四季折々」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/44879267

この記事へのトラックバック一覧です: 松林の中のチューリップ:

» ネモフィラの丘 [望湖庵日記]
昨日の記事に続いて,国営ひたち海浜公園の第二弾.昨日アップしたチューリップに続いて,今日は丘をひと山埋め尽くすネモフィラの花.一体どうやって植えたのか?それとも [続きを読む]

受信: 2009/05/04 05:00

« ミツバチ入るかな? | トップページ | ネモフィラの丘 »