« アキノノゲシ | トップページ | ジョニーデップの演技が光る »

2009/09/20

田んぼの火入れ

Fallaroundhome_sep2009052m

これは今日の夕方の光景.稲刈り後の田んぼには,稲の切り株があるのですが,放っておくと切り株から二番穂が伸びてきます.この二番穂はすくすくと育ち,ちゃんと花を咲かせて実を付けるのですが,ちょうどその頃になると霜が降りてそのまま立ち枯れてしまいます.そうすると,おそらく地味が落ちるのでしょうか,稲刈り後すぐに田んぼを耕して切り株を鋤き込んでしまうところもあれば,このように枯れた切り株に火をつけて燃やしてしまうところもあります.切り株と共にもみ殻を燃やすこともあり,これは長い時間くすぶり続けるので,風向きによっては一晩中燻されることがあります.この季節,水田稲作地帯ならではの風物詩です.

やむを得ず写り込んだ二本の電線をレタッチして消したのですが,どうやらうまく消えてくれたようです.ほとんど痕跡がわからないと思いますが,いかがでしょう?

|

« アキノノゲシ | トップページ | ジョニーデップの演技が光る »

四季折々」カテゴリの記事

コメント

現場をよく確認してみると,切り株を燃やしているというよりは,切り株の間に落ちている稲わら屑を燃やしていると言ったほうが正確でした.昔は稲わらは様々な用途に二次利用されたでしょうに,今では燃やすしかないのでしょうか?ちょっと悲しいですね.わらじのスリッパだったら少々高くても喜んで履いてみたいと思いますが,なかなか売っていないんだよね.

投稿: 俊(とし) | 2009/09/23 19:11

いい写真だなぁ・・・
詩情あふれる、というかんじ。
陳腐なほめ言葉でスミマセン

投稿: 篠山 | 2009/09/25 20:48

篠山様

おほめの言葉をいただき,ありがとうございます.光線の具合がちょうど良く,水田の後背地の台地の影が長く延びて,その影のすぐ手前に日光に照らされた煙が来ました.人のシルエットはこれ以外にも何パターンか撮ることができたのですが,これが最も良いと判断しました.

投稿: 俊(とし) | 2009/09/25 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/46262261

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼの火入れ:

« アキノノゲシ | トップページ | ジョニーデップの演技が光る »