« 若い詐欺師の生きがいとは? | トップページ | 素晴らしい洗練を果たした Lonesome River Band »

2009/10/12

商人講が納めた擬宝珠

昨日の板橋不動の続きです.これはこのブログで時々取り上げる(*1, *2擬宝珠.本堂の手すりのあちこちに,このように奉納された擬宝珠が配置されていました.陰になった部分に書いてあった文字は「商人講中守谷町」と読めます.残念ながら年号を見ることができなかったのですが,のメンバーの名前には苗字は無く名のみが記載されていますので,商人たちが苗字を持つようになる以前,すなわち江戸時代かそれ以前のことだったろうと思われます.

Itabashifudo_oct2009065m

この本堂は,文禄年間(1592-1596)の建立だそうで,その後建て替えもされていないようですから,擬宝珠が後で付けられていない限り,その当時のものではないかと思われます.かなり古いですね.もう400年以上経っています.まだ江戸時代が始まる前,豊臣秀吉が栄華を極めていた頃です.うーむ,ちょっと古すぎるか?江戸時代になって付けられた,あるいは付け替えられたという可能性もありますね.

"講中" の二文字目の "" とは,集団を表す語の後に用い,その成員全員を指す語.何々社中というような使われ方が多いですが,講にもよく使われていたのでしょう.商人講がどういう講だったのかはよくわかりませんが,商人組合として商人どうしの内部調整や,行政との窓口のようなことをやっていたのでしょう.

|

« 若い詐欺師の生きがいとは? | トップページ | 素晴らしい洗練を果たした Lonesome River Band »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/46463221

この記事へのトラックバック一覧です: 商人講が納めた擬宝珠:

» 板橋不動境内で見つけたもの [望湖庵日記 Lakeside Almanac]
これも週末の板橋不動の境内でのスナップ.擬宝珠に続いて手水舎(ちょうずや,てみずや)の屋根の部分の木彫のレリーフ.何の花でしょうか?ざくろではないよなぁ? 次は [続きを読む]

受信: 2009/10/13 21:29

« 若い詐欺師の生きがいとは? | トップページ | 素晴らしい洗練を果たした Lonesome River Band »