« 池の氷 | トップページ | 新しい皮袋には新しい酒を »

2010/01/12

朽ちて還り,生き続ける

わが家を新築したときに作ったウッドデッキは,当初の予想通り10年程度で朽ちてしまいました.防腐塗料を定期的に塗っていたのですが,もともと柔らかい材だったので,雨ざらし日ざらしのもとでは朽ちることを防ぐことはできませんでした.

Takasaki_jan2010008m

雑木林の公園に置かれたこのテーブルも,程よく朽ちかけています.表面にはコケ地衣類が張り付いて,良い味を出しています.ミクロに観ると,微生物が木材の繊維を分解し,それをさらに別の生物が養分にする,という連鎖が続いていることでしょう.

Takasaki_jan2010018m

全ての生き物はいずれ朽ちて自然の中に還っていきます.還るということは,それが新たな命の元になって生き続けるということでもあります.私の体を構成する細胞に含まれている膨大な数の原子も,地球40数億年の歴史の中で自然の中の循環を繰り返してきたものが大部分のはずです.

朽ちて分子がばらばらになり,いったんはエントロピーが増大したとしても,太陽光と地熱のエネルギーで駆動される全地球熱機関の働きで,それらは再びつなぎ合わされ,新たな命を与えられて生き続けます.

|

« 池の氷 | トップページ | 新しい皮袋には新しい酒を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/47265600

この記事へのトラックバック一覧です: 朽ちて還り,生き続ける:

« 池の氷 | トップページ | 新しい皮袋には新しい酒を »