« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

災厄の週末

先週は大変気温が高い週だったのですが,金曜日午後から雨が降り出し,土曜日は本降りの一日.気温も下がって冬の冷たい雨に変わりました.そしてこの日の夕方にチリで M8.8 という非常に強い地震が発生.USGSサイトで確認すると,非常に長い距離で断層が動いたようで,震源がある程度深かったからあの程度で済んだものの,浅ければ大変な災害をもたらした地震になったはずです.

土曜日の午後にいったん雨は上がったのですが,日曜日の夜明けには再び雨が降り出しました.しかも気温は非常に低くなり,午前中には一時雪に変わるなど,二日間も冷たい雨に見舞われ,先週の高温からすると春はしばらく遠のいた感じです.

チリからはるばる太平洋を越えてやってきた津波が午後に日本各地に到達.津波のことを巨大な "波"だと勘違いしている人がいまだに多いのですが,津波の波長は非常に長いので,人間の感覚からすると海面全体が盛り上がって海水が洪水のように陸地に押し寄せて来る,一種の "海水洪水" だということをもっと啓蒙しなければなりませんね.また太平洋のような平均水深が 4,000m を超えるような深い海を渡ってくる津波(深水波)はとてつもなく速く,ジェット機並みの速度で伝わりますので,地球の向こう側から来るといっても,それほど時間がかかるわけではありません.

テレビを見ていて驚いたのは,千葉県鴨川で小規模ながらポロロッカとか海嘯と呼ばれる遡上波が発生したことです.南米のアマゾンや中国の銭塘江では従来から潮汐波に関係してこれらが発生することが知られていますが,津波で川を遡上する孤立波群が発生することが観察されたことは珍しいはず.鴨川だけではなく,利根川のような大河でも発生したのではないかと思われます.記録に残されていれば良いのですが.

幸い,日本国内での被害は最小限にとどまったようです.三陸海岸では,過去の教訓から,巨大な防潮堤が築かれ,いわゆる津波水門もあって,人々はその内側でのみ暮らす,はずだったのですが,今では水門の外側にも建物が建てられていますので,過去の教訓が十分に生かされているとは言い難いのが残念です.まさに過去の災厄の記憶が薄れてきたそのときに,今回の津波がやってきた,ということでしょう.オリンピックがちょっと霞んでしまいましたね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/22

板壁の家

Moma_ibaraki_feb2010012m

これも昨日の中村彝(なかむら つね)のアトリエです.この建物は今は珍しくなった板壁.北米の家屋建築では今でも板壁は珍しくないのですが,彼らの場合はカラフルなペンキで塗装してあることが一般的なので,このように地味な防腐塗装だけの板壁はなかなか見ることができません.しかし私が子供のころは,日本の一般家屋のほとんどはこのような板壁で,ちょっと郊外の農村地帯に行くと,農家は土壁が多かったと記憶しています.そのような農家には土間もまだ普通にありました.私の祖父母の家はまさにそのような家でした.

私たちの生活様式はここ50年ほどで劇的に変化しましたね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

中村彝アトリエ

茨城県近代美術館で開催中の "アントワープ王立美術館コレクション アンソールからマグリットヘ" を見に行ってきました.水戸市千波湖に面した高台に作られた大変立派な美術館なのですが,企画が悪いのか県立の美術館としては入館者数は全国での最低レベルなのだそうです.

Moma_ibaraki_feb2010003m

今回の企画はオランダはアントワープ王立美術館コレクションの中から,ポスト印象派の系譜をルネ・マグリットポール・デルボーまで辿るという,なかなか通好みの企画.案の定,日曜日にも関わらず館内は閑散としていました.私自身は,マグリットやデルボーを学生時代から愛好していたので,東京国立近代美術館での企画展には足を運んでおり,今回の企画展にもあまり新味は期待していませんでした.しかし,今回展示されたマグリットの一作品は私は初めて見るもので,その描き込まれた質感は大変すばらしいものがありました.

しかし今回の収穫はこの企画展ではなく,水戸市出身の画家 "中村彝(なかむら つね)" のアトリエです.このアトリエは東京都新宿区下落合に建てられていたものを移築したもののようで,小ぢんまりとした建物ながら,大変味わいのあるもので一見の価値があります.この画家は大変不遇だったようで,身寄りのない孤独な人生を送り,享年37歳,結核で亡くなっています.新宿中村屋の主人である相馬愛蔵夫妻の世話にもなっていたとか.

Moma_ibaraki_feb2010009m

建物は角度の違う二つの切妻屋根により構成されており,大きな屋根の北側には天窓があり,この下がアトリエになっています.それ以外には寝室兼居間,台所,便所,そして身の回りの世話をしてくれていた女性の部屋と,大変小ぢんまりとしたものです.大変素敵なアトリエなのですが,この家の中のベッドで療養しながら具合が良いと筆をとるという暮らしは,どのようなものだったのでしょうね?

Moma_ibaraki_feb2010019m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の足音

このところ急に日が伸びてきたように感じます.日の出が早くなり,起床時には空がかなり明るくなっているのがわかりますし,日の入りの時刻もだいぶ後ろに倒れ,午後4時を過ぎてもまだまだ太陽の高度はかなり残っています.

_2010008m

春分まであと一か月.春分には昼と夜の長さが同じになるので,これからますますお天道様を拝める時間が長くなっていきます.秋に植えた球根からは葉が伸びてきましたし,木々の芽もだいぶ膨らんできました.春が待ち遠しいですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/19

寒肥やり

ようやく雨や雪の続いたひどい二週間ほどが終わり,太陽が顔を出してくれました.それでは,ということで,この季節の決まりごと(*1 *2),庭木へ寒肥をやることにしました.今年の寒肥は "なたね油かす" です.これが最も基本となるもの.昨年は "牡蠣殻入り" などというものを使ったのですが,今年はオーソドックスに行くことにしました.

Winterhome_feb2010016m

庭木の枝ぶりを観察し,枝の先端部分を地面に投影したあたりが根の先端ということらしいので,そのあたりにスコップの刃先を入れ,油かすをすき込んでは土を元に戻して蓋をします.これを木々の間の地面に対して何十回も繰り返します.今年は 5kg の油かすを二袋使いました.さらに,地味の落ちたあたりには腐葉土をばら撒きます.

薄日が差している中で作業をすると,体が温まり,うっすらと汗をかいてきます.今日はお風呂とビールが気持ちいいはず.冬から春への移り変わりは,このような歳時記の作業でも感じることができます.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ディック・フランシス逝去

英国の作家,ディック・フランシスが2月14日に亡くなりました.この日が早晩来るとは分かってはいましたが,いざ訪れてみると喪失感と寂寥感に囚われてしまい,鬱々としています.このブログでも近作を取り上げてレビューしたことがあります(*1 *2 *3).

元,英国競馬界での優秀なジョッキー,後に作家に転じ,競馬に何らかの関わりがある主人公を題材にしたミステリー "競馬シリーズ" で,世界中に莫大な数のファンを持つミステリーの巨匠となりました.

日本では早川書房が早い時期から翻訳に努め,また "菊池光" という名翻訳家の独特の文体によって多くのファンを獲得しました.私もその一人で,学生のころから30年来のファン,と言っても良いでしょう.日本での大成功が菊池光のお陰だということはディック・フランシス本人もよく分かっていたようで,菊池光が亡くなった時にはミステリマガジン誌にわざわざ追悼文を寄せているほどです.

競馬シリーズの特徴は,なんといっても主人公の性格設定とその描写にあります.常に冷静で禁欲的な性格,肉体的苦痛に耐える強靭な精神力,そして善意と信念,これらの言葉に彩られる総合的な人物像がほとんどの主人公に当てはまります.

そしてそれを縁取るのが凶悪,凶暴,狡猾などの言葉では言い尽くせないほどの性格異常の悪役たちです.世の中に本当にこんな性格の悪い人たちがいるのだろうか?と若いころは思ったものでしたが,年を取るにつれて,これは実話を題材にしているのでは?と思えるほどになってしまいました.年を取るということは恐ろしいことでもあります.

さて,もうこれで競馬シリーズの新作が出ることはありません.これまでに読み貯めたシリーズをもう一度ひも解いてみましょうかね.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/02/14

雪がうっすら

Winterhome_feb2010012m

昨日夕方からちらちらと雪が降り出し,おそらく夜遅くまでそのような状態だったのでしょう.朝起きてみると,外にはうっすらと雪が積もっていました.この冬三回目の積雪です.雪かきをするほどではないのですが,車を運転するときには注意が必要でしょう.

とにかく寒い.昨日は一日中5℃を下回って寒かったのですが,今日はどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

Windows 7 定着インストール

ここ二ヶ月ほど試用してきた Windows 7 ですが,ようやく全ての必要なアプリケーションが十分に動作することを確認することができたのと,新しい使い勝手に慣れてきたので,本格的に移行するために定着インストールを行いました.定着インストールとは,要するに再インストールなのですが,これまで何度かインストールをしてきた経過で得た反省点をすべて反映させて,真っ新の状態からインストールし直すものです.

まず,ハードディスクパーティションを切り直します.Windows をインストールするパーティションは小さめに,ユーザのファイルを格納するパーティションは大きめに修正しました.これは,最近はデジタルカメラで大きなサイズの画像ファイルを量産しているので,以前の文書中心のフォルダに比べると圧倒的に大量のディスクスペースを消費するようになってきたためです.

それから Windows 7 インストール DVD からインストールのし直しです.もう何度も行っているので慣れたものですが,それでもインストール後のユーザフォルダの移動など,気を付けなければならない操作も多いので,長い時間神経を使いながらの作業が続きます.午前中から始めたのですが,完了したのは夜8時ころ.インストールしたデバイスドライバは10個ほど,アプリケーションは20個ほどでしょうか?

Windows 7 は十分な量のディスクキャッシュを確保し,かつファイルのインデックスをこまめに取っているようで,アプリケーションの起動が大変速いのが特長です.これは体感速度として快感に近いものがあります.いろいろなアプリケーションの設定を整えたり,動作を試してみたりしているうちに夜遅くなってしまいました.外は小雪が降っています.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/02/11

雨の祝日

昨日からお天気はぐずつき気味.しかし雨はなかなか本降りにはなりません.どうせだったらまとまって降ってくれると地面が湿ってありがたいのですが.寒さが再び戻ってきましたので,ひょっとすると今夜は雪になるかも.

Kisetsukuba_feb2010009m

今日の昼食はちょっと遠出をして,古い農家を改造して作ったレストランでお食事.祝日なのですが,都心からは遠く離れた田園地帯なので,訪れる人もまばらです.しかし内容は大変充実しており,コストパフォーマンスも抜群.窓辺のランプとお花に大変良い具合に光が当たっていたので,思わず写真を撮ってしまいました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/08

立春が過ぎて

この冬は,昨年末から急に寒くなってきて,結局一月は大変寒い一か月になってしまいました.初冬が暖かく雨が多かったこととは対照的でした.立春は過ぎたのですが,まだ寒気が断続的に日本列島に入り込み,大変寒い日々が続いています.

Winterhome_feb2010004m

しかし日は確実に伸びてきました.立春が過ぎて今週末は中華圏では春節です.啓蟄とか,Groundhog Day とか,北半球では春を待ちわびる行事が続きます.そろそろ庭の木々に寒肥をあげなければ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

日本人は大きなものづくりに慣れていない

昨日,2010年2月6日の朝日新聞に,建築家隈研吾さんへの長文のインタビュー記事が掲載されましたが,その中で私の目を引いたのがこのブログ記事のタイトルにした言葉.少し引用すると以下のようになります.

汐留など東京の再開発はほとんど使い捨て型です.(中略)長期的な都市計画ビジョンやその土地に即した公共空間もインフラ整備もない.日本人の勇気のなさ,大きなものづくりに慣れていないことが如実に表れています.

このインタビュー記事のタイトルは "土地に根ざす建築".なかなか良い響きですね.しかし私が気になっているのは,"日本人の勇気のなさ,大きなものづくりに慣れていないことが如実に表れています" という一文です.そうかなぁ?それは明治以降,国の近代化のために大急ぎで色々なものを作り替えなければならなかったことと,第二次大戦による国富の喪失の中から,その場しのぎ的にでも国を再構築しなければならなかったという,ここ100年ほどの短期的な現象ではないのか?という疑問を感じます.

近世の例では,つい最近このブログに書いた江戸城と江戸の町の都市計画があります.大河の付け替えまでを含む世界史にも稀な巨大都市計画は,家康において構想され,歴代の幕府と有力大名たちの詳細設計と労役の提供によって成し遂げられた "大きなものづくり" の典型ではないでしょうか?これも最近紹介したオスマンのパリ改造よりもスケールの大きな物語ではないかと思います.

古代の例でいうと,平城京平安京があります.中国のコピーに過ぎないという評価もあるでしょうが,城塞都市が基本の中国の長安などと比較すると,日本オリジナルの要素がかなり含まれているそうです.また大仏殿の造営などは,国民総動員的に地方から資材や労役を徴発するなど相当無理をしたものですが,仏法によって国を統治するというビジョンは非常に明確でした.

現代はどうでしょう?日本は戦後ひたすら低価格高品質のものづくりにまい進し,そうして作った工業製品を世界に輸出することで生き延びてきた国です.しかし,モノづくりの重心は日本以外のアジアの国々に移りつつあります.その時にこそ,ビジネスモデルの転換を含む "大きなものづくり" の構想力が試されるのですが,今のところ,戦後のものづくりの成功体験を思想のバックボーンとして持つ経営者や官僚や政治家たちに構想の変革を見出すことはできていません.欧米の先進企業が新たなビジネスモデルに基づく変革を遂げて高収益を維持しているのを見るにつけ,彼我の差はどこから来るのだろうと思わざるを得ません.

こういう違和感を建築家の立場で感じ取り,新たな道を探っている一人が隈研吾さんなのだろうと思います.古代や江戸時代とは問題の中身も質も全く異なりますし,新たな質の文明を作り出す,それも今の資本主義文明から大きな混乱や犠牲なしに移行できるような詳細設計をしながら,というのは至難の業です.それでも,こういう問題を建築によって可視化して,私たちの眼前に提起してくれる能力は非常に貴重なものです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/06

時間が実在しないって!?

時間は実在するか(講談社現代新書) - 入不二 基義(著)

この本は以前から気になっていたマクタガートの時間論が詳しく書いてあるというので買って読んでみたものです.マクタガートはイギリスの哲学者で "時間が実在しない" ことを哲学の立場から証明したことで有名な人です.証明は20世紀の初めころと最近のことなので,それ以降もこの証明を起点として哲学的時間論が延々と闘わされています.たとえばこれ

時間が実在しないなんてありえない!とふつうは誰しも思うのですが,この証明で論じられる時間論は結構奥が深く,哲学的な時間論のみならず,最先端の物理学にも影響を及ぼしている(はず)ほどのものです.私自身の興味からすると "時間の矢" の問題や "因果律" の問題に大変興味があって,この本を読んでみようと思ったのです.

少々背景を説明すると以下のようになります.まず,物理学の法則は数式で記述できることが多いのですが,実はこの数式には因果律は何も仕込まれていません.時間対称ですらあるので,時間を反転させても何ら矛盾は生じません.

複数の物理量が互いに影響を及ぼしあって変化するとき,西洋の哲学では,まず原因があり,それが他に影響を及ぼして結果が生まれる,という因果律が思考の枠組みとして暗黙のうちに仕込まれています.ところがよく考えてみると,どちらが原因でどちらが結果なのかは自明ではありません.電位差があるから電流が流れると考えても,電流が流れるから電位差が生じると考えてもよいのです.

私の考えでは,因果律は宇宙の原理ではなく,人間の思考パターン(の一つ)に過ぎません.物事を理解しやすくするために,原因と結果という(西洋のお得意な)二項対立構造を持ち込んだに過ぎません.

物理法則が非因果的であるというのは量子力学ではすでに確立された考え方です.マクロな系では粒子一つ一つを区別できないために,熱力学第二法則が見かけ上成立し,因果律や時間の矢が生まれるように感じるのだと思います.

そういうことを思いながら,この本を読んでみました.この本の前半は,マクタガートの時間の非実在論の解説で,時間のA系列,B系列,C系列が紹介され,マクタガートの証明のロジックが語られます.何というか,やはり哲学の本なのですね.A系列の過去,現在,未来の遷移を考えるときに,哲学者たちはまだ "コーシー列" や "デデキントの切断" という概念には到達していないように思えます.数学史で言えば19世紀の段階と言うべきなのでしょうか.数学者たちは,実数というおぞましいものを手なずけるのに長い時間を要しましたが,哲学者たちにもまだまだ長い時間が必要という気がします.もちろん時間が実数だとしての話ですが.

一方,B系列やC系列は現代物理学とかなり相性が良いように思えます.特にC系列は非因果的な世界観とかなり近い.これは物理学者がかなり喜びそうな気がします.C系列はB系列から時間の矢を取り除いた等方的なイベントの羅列なので,相対論や量子力学以降の物理学が前提とする時間概念に非常に近い.この辺りについては,別の本である "時間はどこで生まれるのか(集英社新書) - 橋元 淳一郎(著)" に詳しいのですが,残念ながらこの本自身はスカなのであまりお勧めしません.

本書の後半は,マクタガートの批判・検証と,著者独自の時間論の試みに充てられています.批判・検証の部分はまだよいのですが,著者独自の時間論については,まだまだ道半ばという印象を受けます.しかも人間の思考における時間という限界から抜け出せておらず,あまり建設的なことを論じていないように感じました.私自身はクロード・レヴィストロースの有名な言葉 "世界は人間なしに始まったし,人間なしに終わるだろう" という考え方に賛同するものなので,哲学という枠組みの中の時間論にはそもそも無理があると感じざるを得ません.人間の思考がなくても時間が存在するか?と問われれば,私は 100% 確信して YES と答えますが,西洋哲学の枠組みではそこまで確信できないのではないでしょうか?

いずれにせよかなり分量のある新書なので,少し時間をかけて味わいながら読むと,哲学者たちの苦闘を追体験できると思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/02

雪と霧の朝

昨日夕方から降り出した雨は午後7時ころにはみぞれに変わり,そして8時ころには雪に変わっていました.駅から家にたどり着くまでにシャーベット状の雪が積もった歩道をどうにかこうにか歩いてきました.

一夜明けた今朝,案の定地面には雪が凍りついています.ところどころ雪が溶けて乾いているところもあるのですが,まだまだツルツル・バリバリの地面.どうにかこうにか駅まで歩いていきます.

Winteraroundhome_feb2010005m

上の写真は自宅近くの谷津田の様子.雪がうっすらと積もっているのに加えて,わずかに霧がかかっています.寒くて体は凍えているのですが,思わず鞄からカメラを取り出してシャッターを切りました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »