« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/24

街の中あれこれ

アメリカ旅行 (*1 *2 *3) のときに撮ったその他の雑多な写真です.まずはダウンタウンの中心近くにあるクラシックなホテル.内部も大変重厚で,ロビーフロアのカフェも大変立派.まるでヨーロッパのどこかの街にいるような錯覚を覚えます.

Ham_jul2010024m

次は街の中心部近くにある運河と,そこに架かる鉄橋を往来している鉄道車両.写真ではちょうど Canadian Pacific の機関車が重連で貨物列車を引っ張っているところでした.

Ham_jul2010112m


大きな地図で見る

最後は,帰りの飛行機でカナダからアラスカにかけてを飛んでいるときの写真.主翼には揚力がかかってピンとそっくり返っており,それが高空特有の青黒い空によく映えます.一方眼下には,原野の中の湖や川が次々と現れては飽きさせません.

Ham_jul2010134m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/20

古い街の路地

これもアメリカ旅行 (*1 *2) の続きです.

古い街を歩いていると,思わず引き込まれそうになる路地を見つけることがあります.アメリカの場合,そういうところにふらふらと吸い込まれていくと本当に危ない目に遭うリスクが高いので,あまりお勧めはしませんが,ヨーロッパの古い街は,街全体が路地からできている場合もあり,路地歩きが好きな向きにとってはたまりません.

Ham_jul2010053m

そんなわけで,今回もこれはと思う路地や建物の外壁を撮り歩きました.結果はなかなか良好.煉瓦の色がバラエティに富んでおり,しかも一面べたに同色の煉瓦を使うのではなく,必ずモザイクのように組み合わせて使ってあるところが素晴らしいです.

Ham_jul2010056m

Ham_jul2010086m

Ham_jul2010111m

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/07/19

アメリカ中西部の中核都市

前ふりに続いて本文に入りましょう.

Ham_jul2010052m

今回の旅行の収穫は,アメリカ中西部とある中核都市の,いかにもアメリカらしい,しかし落ち着いた雰囲気の古い街並みでした.いたるところに100年以上は経っていそうな古い建物が散在しています.朽ちているものはほとんどなく,今でも修復しながら使っているようで,ヨーロッパの古都ほどではないにしても,町全体に重厚な雰囲気が漂っています.

Ham_jul2010068m

他のアメリカの大都市と比べて感じたのは,街を歩く黒人の比率が少なめで,黒人のみならず中国人も韓国人もあまり見かけない,代わりにインド人はよく見かける,といったところです.日本人観光客も皆無.人々は親切で気さく.時代の先端を走るという町ではなく,古くからのアメリカの伝統的価値観や良識を守っていると感じました.

Ham_jul2010090m

| | コメント (0) | トラックバック (5)

久々に見たアメリカ

Ham_jul2010002m

先週は何年かぶりでアメリカに行ってきました.もうずいぶん長い間行っていなかったのですが,9.11 後に始まった入念なセキュリティチエックは今でも健全で,相変わらず靴を脱ぎ,ベルトを外し,しかも全身スキャンまで受けさせられ,指紋も全指と両親指を取られたので,もうほとんど丸裸状態です.

今回訪れたのは中西部の田舎町と中規模の都市だったのですが,いずれも落ち着いた感じで,バブルに浮かれているでもなく,不景気に沈んでいるでもない,という印象を受けました.

今回は被写体と天候に恵まれ,たくさん写真が撮れましたので,そのいくつかを順次載せていきます.

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010/07/12

ハチャメチャだが妙に楽しいミュージカル

プロデューサーズ [Blu-ray] - 出演:マシュー・ブロデリック,ウィル・フェレル,監督:スーザン・ストローマン

プロデューサーズはあまりお上品な映画とは言えませんが,たまにはこういう映画も良いでしょう.子供が観てもよくわからないが,大人が腹を抱えて笑えるミュージカルの傑作です.とにかくトニー賞12部門を受賞したというモンスター・ミュージカルの映画版です.

と言っても,この作品の由来は少々複雑.まず,1968年にこの題名の映画が作られましたが,あまりに俗悪な内容だったために公開された映画館は少なく,さほど知られないままでした.しかし,2001年にこの映画を元にしたミュージカルが公開されて,これが大ヒット.トニー賞12部門を受賞しました.これはさすがにすごい.それから2005年になって,このミュージカルを元にした映画が作られました.それがこのミュージカル映画です.

ナチズム同性愛という,タブーの二大親玉のような題材を真正面から取り上げて笑いのめすという手法はもうほとんど博打ですが,これが大当たりしたのがまた面白いところ.

しょっぱなから,出てくる登場人物が極め付きの俗物揃いというシナリオなので,ナチズムだろうが同性愛だろうが,それほど気にせずに楽しめます.若くて真面目な会計士のヒステリー癖や青い毛布のハンカチなどはまず笑えるエピソードですが,次に出てくるゲイの演出家とその取り巻きの描写は大変秀逸.特に, "Gay" という言葉の "陽気な" という意味と掛けているところが素晴らしい出来.俳優さんたちの表情や振る舞いも超一流で楽しめます.特に,Roger Bart の顔の筋肉の動きは絶賛に値します.

隠れナチスの男がアパートの屋上で飼っている鳩の作りものがよく出来ていて笑えます.セリフや歌に合わせての羽振りが実に可笑しい.ドイツ人やナチズムをコケにする手法は許容ギリギリの線ですが,エンターテイメントという意味では成功です.スウェーデン美人を使ったスウェーデンの風刺もまあまあ.とにかく俗物のオンパレードなので,筒井康隆の "俗物図鑑" を思い出すほど.

しかしこの映画の本質は,やはりブロードウェイのショービジネスの楽しさへの讃歌,ということに尽きるでしょう.全編を通してこの哲学はしっかりと貫かれており,ブロードウェイへの愛というものすら感じられます.出演者たちも Roger Bart に限らず役者ぞろい.舞台俳優が多いせいか,表情の作り方が派手でわかり易く,歌の吹き替えのシンクロがずれていたりぎこちなさが目立つにもかかわらず,朗々と歌い上げるさまもお見事.

子供と一緒に見るには躊躇しますが,大人が堅苦しさを脱ぎ去って楽しめる逸品です.さすがはトニー賞12部門受賞作品だけのことはあります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

参議院選挙

今日は参議院選挙の投票日.参議院は定数が242名と,衆議院に比べるとだいぶ少なく,しかも半数ずつが改選される仕組みなので,一回の選挙での改選議席は121名でしかありません.また任期が6年と長いのも特徴.このため,その時々の世論や政治情勢を敏感に反映させる衆議院に対して,長い時定数の安定した考え方に基づく意思決定を行い,衆議院に対する牽制を行うのが主な役割,ということになっているはずです.

共時的意思決定の衆議院に対して,通時的意思決定の要素を持つのが参議院,という言い方もできるでしょう.従って参議院のほうがより保守的である(すなわち変化に対する抑止力となる)という性質は原理的に埋め込まれているはず・・・なのですが,しかしそこは一斉国民投票による選挙で議員が決まるものですから,共時的性格も併せた複雑な性質を持つに至っています.

今回の選挙での争点は,大局的に言えば,日本という国をどう再設計するかということなのでしょう.しかし,各党や候補者の論点を見聞きしても,その根本となるべき政治思想の部分はあまり語られず,むしろ国家統治の一手段に過ぎない税制に敏感になっている点ばかりが目立ち,大変残念です.

私自身の問題意識としては,地球環境をこれ以上損なうことなく,ほどほどに快適ながらも身の程をわきまえた生活水準を長期間維持するために,どう覚悟を決め,今後100年間で何をすべきかという議論をしてほしいのですが,こういう話は政治家はもちろん,哲学者からも聞いたことがありません.このような生態学的文明観に基づく政治哲学はいまだ十分なものはないように思います.地球環境を守り維持することは本来の保守主義に通じるものですが,一方で保守主義は封建的価値観や既得権の擁護のことと混同されやすいのが難しいところ.この辺りをうまく再構成して新しい思想的背骨を作ってくれる人はいないものでしょうか?

とまれかくまれ,本日の選挙の結果がどうなるか,見守ることにしましょう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/04

Refsort/Ruby 2.12 リリース

昨日,久々の改訂版をアップロードしたばかりなのですが,ソースコードを眺めているうちに "あれ?" と思う個所を発見し,昨夜から今朝にかけていろいろといじっているうちに,やはり新しくバージョンを上げることにしました.

辞書ファイルに埋め込みコメントが多数ある場合,Refsort の -m オプションを使うと,加速度的に読み込み速度が落ちていきます.多数というのは,まあ 10,000 箇所くらいという意味です.これは Ruby の Hash#key というメソッドの実行が加速度的に遅くなるためです.これを回避するために別の方法を用いることで,劇的に速度低下を抑えることができました.めでたし.

またマイナーな仕様変更として,起動オプションのうち,--detectdup オプションの名前を --detectdouble に変更しました.短縮形は -d のままで変更ありません.

一方,昨日から使い始めた Ruby 1.9.2-RC1 ですが,今のところは特に問題点もなく快調です.順調にいけば,8月初めには 1.9.2 がリリースされることでしょう.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/07/03

Refsort/Ruby 2.11 リリース

半年ぶりに Refsort/Ruby の改訂版をアップロードしました.今回の改定は比較的マイナーなものですが,出力フィールドに辞書ファイルや入力行のコメントの部分を指定できるようになったことが主な変更点です.辞書ファイルの編集や改造を行うときには必須の機能となるはずです.

またこれに合わせて,日本産鳥類辞書の最新版 jbird301.ref もアップロードしましたので,ご利用ください.こちらはマイナーなバグフィックスが主です.

Ruby も 1.9.2 のリリースが間近に迫り,つい昨日には 1.9.2-RC1 がリリースされています.この Ruby でも上記の Refsort/Ruby は問題なく動作しているように見えます.正式版のリリースが出たらもう少し真面目にチェックしてみようと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »