« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/27

国境とさすらう人と詩人の言葉と映像美

テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX IV(永遠と一日/再現/放送/テオ・オン・テオ) - ブルーノ・ガンツ(出演),イザベル・ルノー(出演),テオ・アンゲロプロス(監督)

テオ・アンゲロプロスの作品は,数年前に最初に観たのがこの "永遠と一日" で,それから最近立て続けに観たのが "シテール島への船出" と "霧の中の風景".そしてつい先日再びこの "永遠と一日" を観ました.

うーん,何というか,映画監督というよりは,こだわりの映像詩人ですね.非常に詩的な映像美がこれでもか,これでもかと押し寄せてきて,それを味わい咀嚼するいとまもないほど,ち密に構成された映像を,それも超長回しのカットや360度パンなどを見せつけられるので,なかなか息を継ぐ間もありません.光と影の表現も大変詩的で,キューブリックとは別の意味で表現スタイルの徹底に圧倒されます.

さてあらすじですが,重病を患った著名な詩人が,明日から入院という日に過去の追慕に浸っていたのですが,ふとしたきっかけでアルバニア系の不法入国の少年をかくまうことになり,一日という短い間ではありますが,少年と旅をする間に心を癒されていくロードムービー,という趣の作品です.主演のブルーノ・ガンツも名演ですが,少年役の男の子や,妻の役の女優さんもなかなかの名優です.

この監督の曇天時にしか撮影しないというこだわりは,写真を趣味とする者としてある程度共感できます.直射日光の下での強い陰影ではコントラストが強すぎて,光の当たった部分が白とびしたり影の部分が黒つぶれして階調が無くなり,ディテールの再現が難しくなります.それを避けるにはレフ板を使うことになりますが,たいていは不自然な照明になって満足のゆくものが得られません.それに対して薄日程度の日光だと,光が被写体全体によく回って,ディテールの再現も,微妙な陰影もうまく表現できるので,そのような光を好むのは大変よく理解できます.この頑固なまでのポリシーのおかげで,この監督の作品はいずれも柔らかなコントラストと控えめの彩度の色彩に彩られており,雨や霧やもやと大変相性が良くなっています.これはこの監督の作品すべてに共通しているように思います.

このようなこだわりを持っている割には,この監督の雨のシーンの撮影は非常に乱暴に思えます.ホースで水をかけるだけで,いかにもホースで水をまいているのが見え見え.光にあれだけ気を使う割には,ずいぶんいい加減だなぁと思ったものです.この監督の作品には雨のシーンや水たまりのシーンが頻出して,それは大変味わいのあるものなのですが,降雨のシーンだけはいただけません.もっと自然にしとしと降る雨を取り入れてくれないものかなぁ?

さて,この監督の映画に共通して登場するものを挙げるとすると,一つは国境であることは間違いありません.上記の3つの作品のいずれもが,国境というものが高い塀のように閉塞感を持って主人公たちを取り囲んでいるさまを感じることができます.もう一つは,居場所無くさまよい続けなければならない主人公の運命.そして,詩的な言葉とそれを引き立てる美しく物悲しい音楽,ということになるでしょう.この作品では詩が重要な役割を果たしているのですが,それに劣らず音楽も素晴らしいです.

ベルリンカンヌでの受賞の常連で,この監督が新しい作品を発表するたびに映画ファンはざわめき立つのですが,もう次の作品が準備されているとか.楽しみですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/26

台風一過の青空もつかの間

昨日の午前中は冷たい北東の風に乗って台風の雨が窓ガラスを叩いていたのですが,午後からは雨は上がり,夜になると風も収まって台風一過の青空になりました.今朝は雲がほとんど無いほどの日本晴れで,風も穏やか,気温もまあまあということで,絶好の外出日和・・・なのですが,夜になると再び雨という予報です.高気圧と低気圧が交互に大陸から流れてくる秋のお天気の移り変わりは早いですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

YouTube Playの入選作


ニューヨークのグッゲンハイム美術館(カタツムリのような螺旋形状の建物で,建物自体が現代アートでもある現代美術専門の美術館)と YouTube が2年ごとに共同で開催している YouTube Play が今年開催されました.入選作品はこちらで観ることができます.

その入選作の一つ.日本人アーティストの作品です.こういうコンテンツを作るのは,どのようなツールを使い,どの程度の時間がかかるものなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼風冷え冷え


昨日夕方から続いて
いる寒冷前線の南下ですが,なかなか関東まで降りてきません.しかし,冷たい風が一晩中吹いたおかげで,気温はぐっと下がりました.下の絵は今朝7時のアメダスによる気温分布です.茨城県や群馬県は軒並み20度以下になっていることがわかります.東京や神奈川もほとんどが25度以下.

これから雨が降ってくると思われるので,体感気温はさらに下がって来るのではと思います.これくらい涼しくなると,本気で衣替えを考えたくなります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/22

来たな!寒冷前線

お彼岸になっても今日のように猛暑日をもたらしてくれた今年の夏の暑さですが,夕方からようやく寒冷前線の風が吹き出し,気温がぐんぐんと低下中です.この秋初めての本格的な寒冷前線の通過となります.落雷など無ければよいのですが.

当地の明日の最高気温の予想は24度なので,今日とは10度ほども違います.体がついていけるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/09/21

稲刈りがほぼ終わりました

当地の稲刈りはほぼ終わり.まだわずかに刈り終えていない田んぼも残っているのですが,ほとんどの田んぼでは稲刈りが終わりました.この辺りでは,5月の連休中に田植えをしてしまうので,稲刈りも8月の月末から9月の中旬くらいまで,というのが順当なところです.

Aroundhome_sep2010036m

夏にヨーロッパに行くと,広大な麦畑が黄金色に輝き,そこに大型のコンバインが入って収穫をしているさまを見ることができます.それに対して日本の稲刈りを見ていると,ヨーロッパの麦の収穫に比べて,稲にまだ緑味が残っているころに稲刈りを済ませてしまうのが大きく異なると感じます.日本では稲を十分に枯らしてしまう前に刈り取りを済ませてしまうので,特に当地のように早場米の産地では,稲刈り後の切り株から二番穂がすくすくと育ってしまう,ということが起こります.この二番穂は結局は11月に訪れる霜で完全に枯れてしまうのですが,しかし実は十分に入っているので,それが初頭の野鳥の餌になるというご利益がありますので,一概にどちらが良いと言うわけにはいきません.

しかし,稲刈り後の田んぼが二番穂で青々としているというのも変な感じです.どうせだったら,稲刈り後は田んぼに水を張って冬期湛水をしてくれないかなぁと毎年思っています.これは農家の人にどれだけの付加労力を強いることになるのでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/20

カラスウリはまだウリボウ状態

これも同じく一昨日の午後の散歩(*1 *2)のときのスナップ.毎年,雑木林の縁のマント群落カラスウリがたわわに生っているところがあるのですが,今年の夏は周辺の草刈りが行われておらず,このカラスウリに近づくためにかなりのやぶこぎをしなければなりませんでした.

Aroundhome_sep2010007m

結果として,カラスウリはまだウリボウ状態で,色づいたものはありませんでした.あとひと月もすると,オレンジ色に色づくと思われますが,またやぶこぎをして近づかなければならないとすると,再びチャレンジするかどうかは微妙です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/19

キクイモ

昨日の散歩の続き.クズの花と一緒に咲いているのがキクイモの花です.キクイモは北米原産で,日本には江戸末期に飼料用作物として伝来したのだとか.名前のとおり,地中に "塊茎" を作り,それがイモとして食用になります.

Aroundhome_sep2010029m

この季節,荒地の斜面を黄色い花が彩っているのが見えたら,まずキクイモではないかとみるのが妥当であるくらい,日本にしっかりと根を下ろしました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/18

クズの花

今年の夏は暑く長かったものですから,クズにとっては大変好適な環境だったとみえて,我が家の周辺あちこちで大繁茂しています.これは,あまりの暑さに人間が草刈りを十分に行わなかったということも原因になっていると思います.

Aroundhome_sep2010003m

さて,当地ではクズの花はもうほとんど終わりかけなのですが,今日の午後の散歩で,わずかにまだ美しく咲き残っていたものを見つけました.葉っぱと蔓は憎たらしいほど繁茂するのですが,この花だけは愛せますね.今やアメリカ南部を象徴する花と言ってもいいそうです.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

日本は暑いか寒いか雨が降っているかのいずれかだ

タイトルの言葉は日本に住んだことのあるアメリカ人の言葉だそうですが,けだし名言というべきでしょう.日本に住み続けていると,この風土が当たり前と思いがちですが,世界にはさまざまな気候や風土がありますので,たまにはこういう外部の意見を聞いてみるのも面白いものです.

この言葉に則って考えると,いまは暑さが終わり,雨の季節に入ったというところです.雨が上がるともう寒くなっていて,冬が始まります.寒い冬が緩んでくると雨が降り出し,雨が上がったらもう暑くなっていて夏が始まる,これの繰り返しです.するってぇと,日本には四季は無く,三季しかないと言っても良いかもしれません.

Fallaroundhome_sep2006037m2

しかし別に肩身が狭い思いをする必要はありません.熱帯地方では雨季と乾季の二季しかない地域もあり,それすら無い一季も珍しくありません.季節が多いほうが良いかどうかも人によって異なるでしょう.

そうは言っても,日本は四季をさらに細かく分け,二十四節気などというものもありますし,さらに細かく分けた七十二候というものすらありますから,昔の人がいかに季節というものを大事にしていたのかがわかります.現在はちょうど秋分ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/14

涼風で生き返る

昨日の夜,ちょうど今頃ですが,雷がゴロゴロとなりだし,ぽつぽつと雨が降り始めました.日中は34度くらいまで気温が上がり,湿度も高くて大変不快な一日だったのですが,この雷雨がちょうど寒冷前線の通過だったのでしょう,北からの涼風がびゅんびゅんと吹き始め,雷雨が去った後には辺り一帯は大変涼しい空気に包まれていました.

この状態は今朝になっても変わらず,今日日中もそれほど気温が上がらず,夜になった今では,窓を開けていると寒いくらいに感じるほどです.もう気温は20度近くまで下がっているかも.

いやぁ,ようやく秋がやって来て生き返りました.これで体を動かしてもじっとりと汗をかくことがなくなり,部屋の片づけや庭仕事など,猛暑の間放っておいた仕事に取り掛かることができそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/12

湿った北風が吹いてきました

昨日は予想通り34度くらいまで気温が上がり,猛暑日に近い暑さとなりました.今日も予報では同じくらい暑くなるはずだったのですが,朝から雲がわいて湿った北風が吹き,日射が無い分気温は上がらず,昨日よりは涼しく過ごせそうです.

気象情報によれば,これは東北地方に停滞している秋雨前線が徐々に南下してきているためだとか.この調子で秋雨前線が南下を続けてくれれば,いずれ前線の北側の涼しい空気がやって来るのでは?と期待しています.

_2010045m

今年の夏,我が家の猫は日中気温が上がっていても,エアコンの効いた部屋には入りたがらず,熱風が吹く廊下に寝そべっていたのですが,今日は座布団の上で気持ち良さそうにお昼寝をしています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/11

モズの高鳴き

今朝,今シーズンとして初めてモズの高鳴きを聞きました.家人によれば,二日前くらいから鳴き始めたとのこと.例年だと,モズは8月の下旬くらいから高鳴きを始めるのですが,今夏は猛暑だったからでしょうか,高鳴きが遅れていたようです.ようやく秋の気配が漂ってきました.今日と明日は再び猛暑日の予想ですが.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

新しい愛機となるか?

そんな酷暑の中,新しいスマートフォンが私のオフィスにやってきました.しばらく前に注文しておいた Blackberry Bold 9700 です.Blackberry はカナダの Research In Motion 社が製造販売するスマートフォンの代名詞.今でこそ iPhoneAndroid というライバルたちが勢力を伸ばしてきたので,その地位はすでに安泰ではないのですが,それでも企業の情報システムに組み込んで,高いセキュリティレベルをを確保しながら業務メールのやり取りを行えるという信頼性と実績は他に代えがたいものがあります.

Blackberrybold9700010m

私の場合,これまで私用の携帯電話を仕事にも流用して着信のみ通話を受けていたのですが,最近その頻度が高くなってきたので,とうとう仕事専用の携帯電話を導入した次第です.しかしながら,私の勤務先の情報システムは Blackberry との連携は一切無いので,実はあまり威力を発揮することができません.しかも,独自 OS のスマートフォンなので,これまで日本の携帯電話に慣れ親しんできた者にとっては,まるで異なる操作体系や発想法に慣れるまでには相当の時間がかかりそうです.この Blackberry は果たして愛機になれるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

酷暑の9月始まる

気が付けばもう9月!それなのにこの暑さはいったいどうしたことでしょう?8月の真夏のころよりも最高気温が高いではありませんか.もうすぐお彼岸の秋分なので,すでに昼間の長さはどんどん短くなり,例えば夕方は6時半にはかなり暗くなってしまうというのにこの暑さ.

以下の図は気象庁が発表している "異常天候早期警戒情報" というものからの引用です.

Temeratureforecast_midsep

ラニーニャの影響でフィリピン近海の海水温が高くなり,そこで発生した上昇流がハドレー循環により中緯度の日本付近で下降して強力な太平洋高気圧を作っている,というのが推測されるモデルなのでが,それにしても驚くのはその持続期間の長さです.普通は一か月もすれば上空の偏西風の蛇行パターンが変わってきて,シベリア大陸から寒気がやって来るはずなのですが,今年はそれがまったくありません.強くて安定した太平洋高気圧が日本のほぼ真上から乾いた空気を吹き下ろしているので,夕立すら発生しにくいという異常事態.

このままいくと,9月一杯は毎日30度を超えそうで,暑さに弱く夏が嫌いな私にとって人生最悪の夏になりそうで,大変憂鬱な気分です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »