« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/29

東京スカイツリーを見てきました

毎日職場の窓から間近に眺めている東京スカイツリーですが,建設中の間に一度は足元に行って見上げてみたいと思っていました.運よく週末に好天に恵まれたので,朝早めに家を出て眺めてきました.

Tokyoskytree_nov2010022m

まず,電車のどの駅で降りたものかも良くわからずに行ったのですが,北千住駅から東武伊勢崎線に乗って押上方面をめざします.どうやらここが建設現場という駅,業平橋で下車すると,まさにそこが建設現場のど真ん中でした.

Tokyoskytree_nov2010018m

日曜日の朝9時30分ころには着いたのですが,すでに北十間川沿いの展望ポイントはかなりの人出で,みなさん携帯電話のカメラや,本格的な一眼レフを持っています.ビデオを回している人たちもいます.日曜日なので工事はお休みですが,いかにも建設中という感じの広大な再開発地区の中心に,巨大な白亜の鉄パイプ構造物がすらりと空高く伸びるさまは,いかにも新しい東京の街を予感させます.

Tokyoskytree_nov2010061m

私は北十間川沿いにしばらく歩き,タワーの最上部が十分によく見えるあたりまで行って引き返し,周囲の下町の路地をしばらく探索して面白いお店を発見したりしながら,11時30分には業平橋駅から電車に乗って帰りました.帰る頃の業平橋駅周辺はさらに人が増えており,平日朝の混雑した駅構内の程度の人口密度.それが北十間川沿いの道路を埋め尽くしているので,このタワーが正式に開業した時にはどのようなことになるのか,心配になるほどでした.

Tokyoskytree_nov2010108m

Tokyoskytree_nov2010100m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/11/28

ケヤキの落ち葉

昨日の記事の続きです.桜の紅葉はほとんど終わりでしたが,ケヤキはちょうど葉を落としている最中でした.ケヤキは紅葉というよりは黄葉し,最終的には茶色の葉を地面に大量に落とします.かつて,広大な農家の敷地などでは,これらは集められて堆肥にされていたのでしょうが,今はどうでしょうね?コナラの落ち葉と同様,たい肥にするには良さそうな葉だと思います.

Ottonumapark_nov2010089m

ニシキギはもうほとんど葉を残していなかったのですが,美しい実はまだ残っていました.

Ottonumapark_nov2010073m

最後に桜の紅葉をもう一度.

Ottonumapark_nov2010140m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27

色づいた葉っぱを探しに

先週は我が家の庭で紅葉を探したのですが,ここ1週間ほどで木々の葉がほとんど落ちてしまい,もう紅葉を楽しむ時期は終わってしまったようです.それでも,せっかくの週末でお天気が良さそうだったので,車で近場の公園に行ってきました.

Ottonumapark_nov2010005m

お目当ては桜の紅葉だったのですが,木々にはもう葉はほとんど残っておらず,また風が強い日があったせいか,地面にもあまり残っていません.それでも気を取り直してぶらぶらと歩いていくと,まばらながら美しく紅葉した桜の葉が地面に残っていました.

Ottonumapark_nov2010135m

私が好きな紅葉は,緑から黄色そして赤へと,パッチ上に色のグラデーションがあるような紅葉です.ソメイヨシノはこのような紅葉をすることが多いのですが,もう時期が外れてしまいました.それ以外の灌木でこのような紅葉を探してみると,結構あるものですね.

Ottonumapark_nov2010034m

Ottonumapark_nov2010042m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鉄階段をもう一つ

Milwaukee_nov2010008m

ひと月ほど前にいくつか紹介した鉄階段(*1 *2 *3 *4)ですが,つい最近撮ったものをもう一つ.これも典型的なアメリカのビル外壁の鉄階段.非常時にはこういう鉄階段を下りるのかもしれませんし,鉄階段の設置が法律で義務付けられているのかもしれませんが,それにしても何の囲いもないこういう階段を高層階から降りるのは非常に怖いのではないかと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/11/21

我が家の紅葉

今年は春の低温,夏の高温,そして10月の低温,という具合に寒暖の差が激しかったように思いますが,そのせいで野菜がうまく育たなかったり,どうやら山のどんぐりがよく実らずにクマが里に下りてきたり,という不順な天候でした.それと関係があるかどうかはわかりませんが,紅葉は美しく色が濃いように思います.

今年最も紅葉が美しいのは,実はサクラ.東京都内のソメイヨシノの並木は11月に入ってからはいずれも見事に色づき,緑から黄色,赤茶への色のグラデーションが見事です.

さて,翻って我が家はどうかというと,ドウダンツツジの類が比較的きれい.ヤマボウシも例年だと茶色く紅葉するだけなのが,今年は一様に赤く染まって美しいです.

Fallhome_nov2010008m

また,例年常緑ながら美しいグラデーションを見せてくれるのがカクレミノ.葉が大きく肉厚なので,なかなか見ごたえがあります.

Fallhome_nov2010023m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/20

マフィア映画の往年の傑作

シシリアン [DVD] - ジャン・ギャバン(出演), アラン・ドロン(出演), アンリ・ヴェルヌイユ(監督)

暗黒街を徹底的にかっこよく描いたフランスのフィルム・ノワールの傑作のひとつ.主演はジャン・ギャバンアラン・ドロンリノ・ヴァンチュラら助演陣も素晴らしく存在感のある顔ぶればかり.演出や演技も一流です.こういう映画はやはりちゃんと見ておかなければなりませんね.

シチリア島出身でパリで遊戯具製作を表の業として営むマフィア一家.そこに警察の手を逃れて逃げ込んだ一匹狼の殺し屋が加わり,家族の中で唯一のフランス人女性とのスキャンダルを絡めながら,超高額の美術品を飛行機ごと盗み取ってしまうというお話です.

まあ,ジャン・ギャバンの老年の渋さと,アラン・ドロンの若々しい荒っぽさとが見事に対立かつ調和して,それが異常にかっこよい!というのがこの映画最大の見どころです.特筆すべきは音楽.この映画のテーマ音楽は,今でも覚えていますが,当時のポップスチャートでも上位に食い込むくらいの人気でした."ぼよよーん" という音が特徴的で,映画を観ずにラジオで聴いているだけだった私は,なぜこんな曲が人気なのかと訝ったものですが,その疑問は40年後に初めてこの映画を観て氷解しました.映像と音楽のベストマッチとはこのことでしょう.実に素晴らしい.さすがはエンニオ・モリコーネです.

とにかく,数あるマフィア映画の基点とも呼べる往年の名作.この映画のアラン・ドロンを観て,サングラスのかけ方や,たばこの吸い方,コートの襟の立て方を学んだ日本人は多かったはずです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

コメディーと思っていたら名作だった

アパートの鍵貸します [DVD] - ジャック・レモン(出演),シャーリー・マクレーン(出演),ビリー・ワイルダー(監督)

名作です.このような名作がかつてアメリカで作られていたこと自体が驚きですが,時代背景に依存した作品というわけではなく,大組織の中での上下関係と男女の不倫という極めて普遍的なテーマを扱った映画として,二番煎じ三番煎じのリメイクがたくさんあっても良いような映画です.

まず親しみを覚えるのは,1960年ころのアメリカの大企業の内部の描写.組織の上下関係はもとより,男女の地位や役割分担という意味でも今とは隔世の感がありますが,日本ではいまだにこのような社会関係が続いているので,かえって親しみを覚えてしまいます.ボスと秘書の不倫関係というのは永遠?のテーマですが,今回はそれが社内のエレベータガールという関係にまで広がっているのは日本では見られない現象かもしれません.

さて,主演はジャック・レモンシャーリー・マクレーンですが,この二人はこの映画の直後に同じスタッフで作られた作品 "あなただけ今晩は" でも共演してヒットを取っています.こちらはパリ市内にあった市場街を舞台にしたロマンティック・コメディですが,時代が下っているだけにオールカラーの作品.翻って,この "アパートの鍵貸します" はオールモノクロの作品です.しかもほとんど舞台劇にできそうな脚本と演出.それでいながら照明が自然なところが実に素晴らしい!舞台劇を映画化する場合によく見られるギラギラした照明と登場人物のクローズアップがこの映画では皆無なのは,監督のビリー・ワイルダーの才覚なのでしょうか?私の審美基準だけの話ですが,実に素晴らしいことです.

時代や地域を越えてリメイクが多く現われても良いような作品なのですが,あまりに普遍的なテーマなのでしょうか,特にこの作品のリメイクということが特定できないということなのかもしれません.しかし,主演のジャック・レモンも,シャーリー・マクレーンも,実によい演技をしています.これをロマンティック・コメディと呼ぶのはちょっと失礼かもしれません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »