« 30年ぶりのアメリカ自然史博物館 | トップページ | 落ちぶれ弁護士の魂に火が点けられた »

2011/01/22

雪のセントラルパーク

Detroit_and_newyork_jan2011062m

ニューヨークの記録 (*1 *2) の最後です.ニューヨークは昨年末に大雪が降って20インチ以上もの積雪があり,交通がマヒしたりして市当局の初動体制が厳しく非難されました.その名残りがまだセントラルパークに残っているときに私はニューヨークに到着したのですが(上の写真はその時のセントラルパーク),その当日の天気予報が不吉なことを言います.明日の夜から再び雪を伴った嵐が到来し,予想ではマンハッタン地区で9インチの積雪があるというのです.テレビでもこの予報を大々的に,しかもかなり大げさに繰り返し報道します.前回あまりに強く非難されたので,当局がかなり過剰な対応をしているようです.交通機関もそれなりに過剰反応すると予想されるので,これは大変困った事態.

そうこうするうちに翌日の午後早々には,私がその次の日に乗るはずの国際便がキャンセルとの知らせ.自動的に翌日の最も便利な便に振り返られていて,しかも座席番号まで決まっています.こういう通知がメールで携帯電話に届くようになったのは大変な進歩ですが,10インチくらいの雪で止めるなんて何て根性なしだ!と怒ってみます.何しろ数十年前にモスクワの空港で50㎝ほど積もった雪の中でも普通に発着していたことを経験していますので.

Detroit_and_newyork_jan2011181m

仕方がないのでホテルの宿泊を延長し,翌日は丸一日自由時間となり,それでアメリカ自然史博物館にもいくことができた次第.まあ功罪半々といったところでしょうか?アメリカ自然史博物館を観終わった後で,セントラルパークを斜めに縦断して Cetral Park South まで歩いたのですが,途中なかなか良い雪景色が見られました.高層ビル群が建ち並ぶさまを背景にして,自然の樹木に雪が厚く積もっているのはなかなか良い景色です.上の前日の写真とは全然異なる風景に変わっています.大勢の観光客やニューヨーカーがカメラを持って散歩していましたし,子供たちはそり遊びに興じていました.

Detroit_and_newyork_jan2011194m

|

« 30年ぶりのアメリカ自然史博物館 | トップページ | 落ちぶれ弁護士の魂に火が点けられた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/50652686

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のセントラルパーク:

» 3年ぶりのマンハッタン [望湖庵日記 Lakeside Diary]
先週前半に約3年ぶり(*1 *2 *3)で冬のマンハッタンを訪れました.前回訪問した時には,大雪に見舞われ,空港が閉鎖されて一日余分に滞在を余儀なくされ,そのおかげで博物館に入り浸ることが出来たのですが,今回雪は降ったものの,交通機関の乱れはなく,予定通りに行って帰ってきました. 午後早目に到着して,車ですぐにホテルに... [続きを読む]

受信: 2013/12/22 19:30

« 30年ぶりのアメリカ自然史博物館 | トップページ | 落ちぶれ弁護士の魂に火が点けられた »