« チリの有名ラベルの限定品 | トップページ | Ruby 1.9.2-p180 Released »

2011/02/13

ジョウビタキと一緒に寒肥やり

例年この時期になると,庭木に寒肥を施します.昨年はこれ,一昨年はこれ.もう毎年のことなので,時期もほぼ同一ですし,使っている肥料もほぼ同一.私は毎年菜種油粕が中心です.ただし庭の木々は年とともに変化していきます.それまで隆盛を誇っていた木が突然虫にやられて枯れてしまったり,元気の良い木の陰で地味に育ってきた木が,急に元気になって枝振りが良くなり実がついたり,まるで人間社会を見るような栄枯盛衰の移り変わりです.

Winterhome_feb2011035m

ところで,今年はちょっとした異変を経験しました.スコップで土を持ち上げては隙間に油粕を入れ,持ち上げた土をそっとおろして蓋をする,という作業を繰り返していくのですが,なぜか一羽のジョウビタキのメスがずっとまとわりついてくるのです.カチカチとくちばしを鳴らしながら,作業をしている私とつかず離れずの距離,大体 2m くらいでしょうか.でもいったいなぜ?

Winterhome_feb2011041m

農作業で畑を耕したりすると,土の中の虫が地面に書き出されるのでそれを狙って鳥が集まるというのは頻繁に見られる光景ですが,私の場合は別に虫が出てくるでもなし,それにしてもずっと私から離れません.特に,肥料やりを終了して灌木の選定を始めてからも,私からなかなか離れようとしません.

うーん,この行動はいったいなんなんだろうなぁ?

|

« チリの有名ラベルの限定品 | トップページ | Ruby 1.9.2-p180 Released »

四季折々」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/50861924

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキと一緒に寒肥やり:

» 寒肥 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
一昨年の寒肥やりは実にオーソドックスだったというのがこの記事からわかるのですが,昨年は寒肥をさぼったので,今年はどうしてもサボるわけにいかず,昨日の吹きすさぶ寒風の中,ホームセンターに肥料を買いに行き,今日の午後,例年通り寒肥やりを行いました. 一口に寒肥と言っても,どのような肥料をやるかは様々.昨年までは,この季節に... [続きを読む]

受信: 2013/02/17 22:16

» 寒肥やり [望湖庵日記 Lakeside Diary]
ここ2年ほど,早春のこの時期は仕事が忙しくて海外出張に出ることが多かったものですから,それ以前は続けていた寒肥やり(*1 *2 *3)をサボってきました.今年はさすがにさぼるわけにはいかないと思い,時期はやや遅めになってしまいましたが,本日庭の木々に寒肥やりを行いました.今では,油粕や鶏糞や骨粉などを寒肥に適した配合で... [続きを読む]

受信: 2016/02/21 15:53

« チリの有名ラベルの限定品 | トップページ | Ruby 1.9.2-p180 Released »