« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/27

東京スカイツリー再訪

Tokyoskytree_nov2011155m

ちょうど一年前に,建設中の東京スカイツリーを訪れ,写真を撮ってこのブログにアップしたのですが,この週末に再び同じ場所を訪れてみました.

Tokyoskytree_nov2011031m

現場は東武伊勢崎線業平橋駅に隣接した再開発地区で,スカイツリー本体の建設工事はほぼ終了しているものの,隣接するビルや,すぐ横を流れる北十間川の改修工事などが最盛期を迎えており,いかにも工事現場という雰囲気で,あまり観光ができる様子ではありませんでした.実際,週末の早朝にカメラを持ってうろうろしている人の数は一年前よりも少なめで,完成が近づいているにもかかわらずかえって人が減っているのは妙なものでした.

Tokyoskytree_nov2011066m

しかしそれでも,ゲイン塔の最先端までがきちんと完成したタワーの外観は見ごたえがあり,やはり来て良かったなと思いました.特色のあるわずかに青みがかった白の塗装が冬の青空に映えてとても美しく感じました.北十間川沿いにしばらく歩き,スカイツリーを背景に周辺の風景を撮っていきます.十間橋や横十間川との分岐を過ぎたところにある川を渡る歩道橋を浅草通りの側に降りて,浅草方面に引き返し,東武ストア,都営アパートの脇を通って,春日通にいったん出てから再び押上方面に戻り,日本たばこ産業の工場の周りを回るようにして業平橋まで戻りました.

Tokyoskytree_nov2011114m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

阿蘇の鄙びた湯治の宿

Kumamoto_nov2011051m

毎回のごとく阿蘇にも足を伸ばしたのですが,これまでは遠くから立ち上る湯煙を眺めるだけで訪れることが無かった "地獄温泉" に行ってみました.ここは古くから知られた阿蘇山中央火口丘中腹に建つ温泉宿で,かつては湯治部が大きな割合を占めていたことでも有名です.下の写真は湯治部の建物.板張りの壁が独特の雰囲気を持っています.

Kumamoto_nov2011045m

昔は足の便が悪く,狭くて急な山道をバスに揺られてようやくたどり着くような山奥の秘湯,という感じだったのですが,今では道は狭いながらも自家用車で行くのが当たり前の宿になっており,相変わらず湯治部は健在ではあるものの,近代的な別館が建てられて,一般の宿泊客でも秘湯気分を味わうことが出来ます.

Kumamoto_nov2011046m

今ではレストランに何とフランス料理のシェフがいて,ジビエ,かどうかはわかりませんが,地元の食材を活用したメニューを用意してくれるそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸時代の石橋に水がほとばしる

先週は短期間九州に行っていたので,その時のスナップ.これは熊本県のほぼ中央部の中山間地域にある通潤橋という古い石橋.築造は江戸時代末期で,この地域には大小たくさんの石橋が今でも残されており,なかなか風情があります.今ではそれらが良い観光資源になっており,私が訪れた当日もたくさんの観光バスが停まっていました.

Kumamoto_nov2011019m

もともとは台地から台地に水を送るためのサイフォン橋です.台地と台地の間の低いところに石橋を架け,その中に通水路を作ってサイフォンで水を送るというものです.橋の中央部から水が噴き出していますが,これは本来は通水路の掃除をするためのもの.観光用の見世物にするためではなかったのですが,これが今では大変貴重はイベントになっているから面白いものです.

Kumamoto_nov2011036m

私は放水の時間など知らずに行ったのですが,この季節は毎日正午から20分間の放水を行うことになっていて,たまたまちょうどその時間に出くわすという幸運に恵まれました.夏場の水田に水を送る必要がある時期には放水は行われていないので,非常にうまい具合に行き当たったと思います.橋の真ん前には道の駅が設けられており,その中の小さな食堂で,熊本の家庭料理 "だご汁" をすすりながら放水を見物しました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/17

再び過酷な北米往復

このところ立て続けにアメリカまで往復することが多くなっています.航空会社のマイレージ・プログラムでだいぶマイルが溜まったので,それを使ってビジネスクラスにアップグレードを試み,何度か成功はしているのですが,なかなかチャンスが巡ってきません.今回も往路はアップグレードに成功して快適なフライトを楽しんだのですが,帰路はエコノミークラスで窮屈な思いをして帰ってきました.これは昨年にもこのブログに書いた通りです.

Milwaukee_nov2011002m

そもそも,最近の北米往復便は便数もフライト当たりの座席数も減っているように感じます.昔は B-747 ジャンボが定番だった路線ですが,最近ではジャンボは少なくなり,代わりに B-777 などの機材が増えてきました.その効果でしょうか,機内はほとんどの場合満席に近い混み具合です.ビジネスクラスはあっという間に埋まってしまい,マイルでアップグレードを試みる私のような貧乏サラリーマンは,結局は満席のエコノミークラスで血栓症におびえながらアメリカ大陸まで往復することになります.

私が北米往復するときによく使っている航空会社は,マイルは溜まりやすいし使用期限もないので一見良さそうなのですが,溜まったマイルはアップグレード以外に使い道がないので,混雑が続く限りはマイルは溜まる一方になります.これでは何のためのマイルか存在理由が揺らぎます.日系の航空会社だと,マイルで商品が購入できたり,電子マネーに換金できたりと様々な選択肢があって使い出があるのですが,マイレージ発祥の地の航空会社は,なかなかマイルを使わせてくれないので困っています.

下の写真は,今回の出張で会議に使ったホテルのなかの一風景.古いボイラーのファサードをはぎ取って,ホテルの中の装飾につかっているものです.ちなみに,このホテルは世界的に有名なオートバイメーカーの本社のすぐ近くで,このオートバイのファンや,オートバイの愛好家には人気のブティックホテルのようです.

Milwaukee_nov2011008m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/05

Country GoldにAlison Brownが来た!

今年の Country GoldAlison Brown Quartet が来ました!本日14時からの NHK の番組を見て,初めて知りました.Alison Brown はインテリのカントリー,というかブルーグラス,というかジャズ.というか,とにかく既存の音楽ジャンルの枠をはみ出た音楽を作ってきた,ナイロン弦のバンジョー奏者です.このブログで何度も(*1, *2, *3, *4, *5)取り上げたことがあります.そう,ファンなのです.

今回は,彼女のヒット曲 "The Wonderful Sea Voyage" を演奏してくれました.以前から気になっていたピアニストの John Burr もキーボードを弾いていて,いやぁ,やっぱりすごいなと思いました.アコースティック・ピアノを持ち込んでほしかったくらいです.
下の映像は,彼女の同じ曲のパフォーマンスです.

次に紹介しているのは,今となってはお宝映像,Country Gold 1991 での Alison Krauss & Union Station に出演してる Alison Brown です.なんと AKUS も阿蘇に来たことがあるのですね!この頃の AKUS はまだまだ洗練されていなかったことがよくわかります.Alison Brown のルックスたるや,まるで田舎のお姉ちゃんです.パフォーマンスはすでにそれなりの域に達してはいますが.一方,Alison Brown は全く目立ちません.うつむいています.

次も Country Gold 1991 での映像.いやあ,もう20年前なのですね!

Harvard 出身で,しかも MBA Holder で,金融系キャリアを持ったブルーグラス系のアーティストというのは,本当に稀な存在ですが,その彼女は,実は日本に思いを寄せてくれる人だった,というのが今回改めてわかって,私は本当に涙が出るくらいに心を揺さぶられられました.もともと,彼女のアルバムのライナー・ノーツを読んでいて,やけに日本人への謝辞が多いな,と気づいていたのですが,それがどういう理由に拠るのかはわかりませんでした.しかし,この番組を観て,彼女との日本との縁を知ることが出来ました.

番組中,鹿児島在住の鹿倉さんという人と再会し,言葉を交わして子供たちを紹介する場面がありましたが,これは本当にカントリー系のフェスティバルならではの光景です.このような設定が,日本の,それも九州の阿蘇で20年以上もずっと続いてきたというのは本当に驚嘆すべきことで,昨年,駐日アメリカ大使の John RoosCharlie 永谷に表彰状を渡したのもむべなるかな,という感じです.

鹿倉さんが彼女のカルテットを屋久島に招請してコンサートを行ったのが10年前ということです.ご本人も感激の至りだったようです.素晴らしいことです.私も,一生のうちで一度は,このフェスティバルに参加したいと思っています.この会場についても,過去に紹介していますので,ご参照ください.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

WiMAXを導入しました

諸般の事情で自宅以外の場所でも自由にインターネットにアクセスする環境を構築する必要に迫られました.以前だと,携帯電話のデータ通信サービスくらいしか手が無く,特定の場所であれば公衆無線 LAN のサービスを使うこともできたくらいでした.しかし,昨年くらいから状況が大きく変わってきました.一つは E-Mobile,もう一つは WiMAX です.

E-Mobile はもともとは携帯電話事業者としてサービスを始めたようで,現在でも音声通話サービスを提供しているようですが,主なサービスはむしろ HSPA データ通信サービスです.二年縛り契約ながら月額固定で,サービスエリアも広くて評判も良いようです.下り最大速度 42Mbps のデータ通信サービス "EMOBILE G4" が現在の最主力.無線 LAN ルータと一体となったデータ通信端末の使い勝手の良さで,ユーザ数を伸ばしています.

一方,WiMAX は新しい通信規格である IEEE 802.16e 通称 Mobile WiMAX を事業化したものです.もともとは親会社の KDDI が開発した WiMAX の技術を子会社として事業化したもので,こちらは E-Mobile と異なり無線データ通信専業です.まだ新しいサービスであり,現状での人口カバー率は十分に高くはないのですが,2012 年度末には人口カバー率 93% を目指すそうです.また WiMAX は自らの通信網を MVNO提供するサービスも行っており,この販促効果はかなり大きいのではないかと思います.

Misc_2011069m

私が今回契約したのは後者の Mobile WiMAX です.それをこれまで契約してきた ISP が行う MVNO サービスとして契約しました.導入キャンペーンにより機器購入が非常に割安になったり,キャッシュバックサービスがあったりとかなりお得なようにも見えますが,しかし契約は一年縛りでかつ月額で約 3,600 円もするので,かなり高額の固定費負担となります.

ISP の Web ページから申し込むと,翌日には同時に購入した無線モデム兼 WiFi ルータが発送され,翌々日の本日午前中に機器が到着.早速パソコンにつないで回線開通の手続きを行うと同時に,機器の細かな設定を行います.ISP の MVNO 契約なので特に面倒な入力は必要なく,ほぼ自動的に回線は開通.その後は,WiFi ルータを兼ねたモデムにより,快適に各種インターネットサービスが使えます.実は私の自宅は大都市圏とは言えない所で,モデムが表示する電波強度は弱めなのですが,これが実際に活躍するのは都市圏に持ち出す場合がほとんどなので,あまり気にしないことにしています.

今後は,ノート PC を外に持ち出すときには必ずお供することになりますが,すでに自宅内で使用している WiFi のみを備えた iPad2 も,このモバイルルータと共に外に持ち出せば,外出先でインターネット接続ができるようになるはずです.スマートフォンでも WiFi 接続は当たり前ですから,今後も活躍する機会は増えそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »