« 新緑に瀑布が映える | トップページ | ナナカマドの花に虫たちが突進 »

2012/05/03

宅内LANをCAT6に張り替えました

15年ほど前に自宅を新築した時には,インターネットへの接続はまだ ISDN の時代でした.そして,NTT の宣伝通り,近い将来に宅内に張り巡らした ISDN バスに様々な ISDN 機器が接続されて,快適なネットワーク生活が楽しめる・・・と信じていたものです.しかし,ISDN はあっという間にすたれて安価な xDSL が普及し,さらにほどなく光ファイバーが宅内に引き込まれる時代になってしまいました.

自宅を新築するときに,10BASE-TLAN と,ISDN バスを宅内に張り巡らしたのですが,もう10年ほど前からは光回線を使い始め,かつ宅内のルータもギガビットの速度となり,そして ISDN バスは単なるお飾りにしかなっていませんでした.これを現状に合わせるべく,LAN の張り替えをしなければならないなぁ,と思っていたのですが,なかなか手を付けるきっかけがありませんでした.

しかし,ISDN を解約してアナログ回線に戻してから2年ほど経ったので,もうさすがに潮時だと考え,一念発起してこの連休中に LAN の張り替えを行うことにしました.

まずはギガビットのイーサネットを張りたいので,CAT6e というケーブルを買ってきました.かなり固いケーブルなので,電線管を通すには良いのですが,アウトレットボックスの中でケーブルをたるませるのは難しそうです.また,CAT6 規格の RJ-45 モジュラージャックも買ってきました.CAT6 ともなると,ツイストペア線を極力解かずにモジュラージャックに接続しなければならないので,良く工夫された機構になっていますが,その分配線作業も面倒そうです.

まず,古い ISDN ケーブルを抜きながら新しい CAT6e ケーブルを通していきます.我が家の電線管は当初から太めの直径 22mm のものを使っているのですが,それでもアナログ電話のケーブルと,CAT6e の太めのケーブル2本を通すのは至難の業でした.特に,アウトレットボックスに電線管を取り付けるための木ねじが電線管の内側に出っ張っているのが指で触ってわかるので,何度もケーブルがつかえてしまうのですが,10度目の正直くらいでようやく貫通.ケーブルの外被が傷んでいないか確認しながら作業しましたが,致命的なものではありませんでした.

ケーブルが貫通すると,古い ISDN や CAT5 のモジュラージャックを外し,新しいモジュラージャックを新しい取付枠に固定して CAT6e ケーブルを配線していきます.老眼で細かい作業を行うので手元ライトは必需品です.幸いこの CAT6 のモジュラージャックは優れもので,慣れない素人でも短時間で配線作業が完了させることができました.しかし,ケーブルが固いので,アウトレットボックスの中で余裕をもってたるませることが難しく,ケーブルをうまく納めるのに手こずりました.最小曲げ半径もあるはずなので,あまりきつく曲げるわけにもいきません.

どうにかこうにか妥協しながら取付枠をアウトレットボックスにねじ止めし,さらにカバープレートをはめ込んで完成です.ルーターからの LAN ケーブルを壁のモジュラージャックにつなぎ,別の部屋の壁のモジュラージャックからケーブルを PC や TV につないで接続を確認して作業はおしまいです.確かに 1Gbps で接続できているようです.これでわが家にギガビットの LAN が張れました.

出来てしまえばどうということはないのですが,固いケーブはやはり難物でした.

|

« 新緑に瀑布が映える | トップページ | ナナカマドの花に虫たちが突進 »

IT関連情報」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

現在の自宅のTVセットにはDLNAサーバ・クライアントの機能があります.またPS3にも同様の機能があるので,これらとPCを組み合わせると,様々なメディアの宅内配信が可能になるはずです.

ためしに,PCのWIndows 7でメディアストリーミングを設定すると,PCに蓄えられている映像を,TVセットで観られるようになりました.こういうことを本格的に始めようとすると,やはり宅内LANを有線のギガビットイーサネットで張ってよかったと思います.

投稿: 俊(とし) | 2012/05/05 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/54623139

この記事へのトラックバック一覧です: 宅内LANをCAT6に張り替えました:

« 新緑に瀑布が映える | トップページ | ナナカマドの花に虫たちが突進 »