« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/19

反薄明光線を見た

昨日,ツバメのねぐら入りを見に行ったときのこと.日没を待っていると,太陽とは反対側の東の空に光のすじが幾条もあるのに家人が気付きました.それも,東の空に向かって収束していくように見えます.西の空にこのようなものが見えるのだったら別に不思議に思わないのですが,太陽と反対の方向にこのようなものが見えるのは珍しい.

Kasumigaura_aug2012019m

ちょっと考えて推測してみるに,太陽そのものは積乱雲に隠されて見えていないが,積乱雲の複数の隙間を通った太陽の光が,平行な光条として東の空を貫き,光を散乱させているのでこのように見える.しかも,それらが互いに平行で長距離にわたって続いているので,遠近法の原理で無限遠で収束しているように見える.

Kasumigaura_aug2012026m

帰宅後家人がインターネットで調べてみると,この現象を "反薄明光線" と呼んでいることがわかりました.原理は推測したもので正解.裏後光とも言うそうです.確かにねぇ.英語でいうと "anticrepuscular rays".結構難しい単語ですね.思いもかけず珍しい気象現象に出会うことが出来て,一石二鳥でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメのねぐら入り

大きな川や湖の岸辺にはアシ原が広がっていますが,そこがしばしばツバメのねぐらになっています.これは日本中どこでも見られる光景のはずなのですが,かなり暗くなってから見られるものなので,一般にはあまりよく知られていません.それを見に霞ヶ浦に行ってきました.過去にも同じ場所で見たときの記事をこのブログに書いています.

ねぐら入りは西空に雲が無く明るい夕暮れであれば,だいたい日没後20分ころから盛んになりますが,昨日の西空は積乱雲に覆われてかなり暗め.そのためいつもよりもかなり早めに始まりました.肉眼では十分に楽しむことが出来ませんが,低倍率の双眼鏡を使うと,暗い空におびただしい数のツバメが飛び交い,小さな群れがあるとき突然急降下してアシ原に飛び込む様子がよくわかります.

Kasumigaura_aug2012043m

今回の写真はツバメの小さな黒い影がよくわかりように,大きめのピクセル数でアップしてあります.クリックして拡大した時に PC の画面をはみ出してしまうかもしれませんが,ご容赦ください.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012/08/18

酷暑が続く

お盆が過ぎるとそろそろ秋の気配が漂ってくる・・・はずなのですが,今年は今頃になって蒸し暑い日々が戻ってきています.まるで梅雨末期か梅雨明け直後に戻ったよう.西日本では連日酷暑が続いてきますが,日本の上空には大陸から寒気が南下してきているようで,広範囲で積乱雲が湧きたち,集中的に雷雨が降っています.

Kumamoto_aug2012017m

秋の気配を感じさせる雲をたまに見ることはあるのですが,そのような空はすぐに去り,積雲が広がる亜熱帯のような空が戻ってくるのがもどかしいです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/17

ピカチュウつばめ

九州新幹線に乗ってみたのですが,実は車種と編成はいろいろあります.車種は東海道新幹線でおなじみのN700系(ただし8両編成)と,九州新幹線だけの800系(6両編成).列車名は以前の鹿児島本線の主力特急列車だった "さくら","みずほ","つばめ" の三種類があり,編成は6両または8両.車種と列車名の組み合わせは結構複雑で,整理が必要と感じました.まあ,部分開業期間が結構長く,全線開業に伴って再編成された部分もあって,今はまだ過渡期なのかもしれません.

Kumamoto_aug2012029m

Kumamoto_aug2012028m

上の写真はピカチュウなどポケモンのキャラクターたちが描かれたラッピングトレイン "つばめ".熊本駅に回送列車として停まっていました.全日空にもポケモンのラッピング機がありましたが,全世界の子供たちに絶大な人気を誇るポケモンを採用したことは,大人の目には奇妙に映ったとしても,マーケティング上は王道を行くものです.

私としては,部分開業時代に "リレーつばめ" として使われていた 787系水戸岡デザインの車両がなかなか好きでした.以前このブログで紹介した記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/12

Refsort/Ruby v2.43 Released

Refsort/Ruby(例えば新しいほうから順番に *1 *2 *3 *4 *5 など)とは,辞書参照型ソーティングフィルタを Ruby スクリプトとして実装したもので,細々ながらも10年以上メンテナンスを続けているものです.辞書として,例えば生物を分類学上の順番に並べたものを用意すれば,入力された生物の種名を分類学上の順番に並べ替えてくれます.その最新版 v2.43 をリリースしました.

今回のリリースはマイナーな修正ですが,文字エンコーディングに関するものです.IOC がリリースしている IOC World Bird List は3万以上の亜種が網羅された膨大なものですが,何と文字コードが UTF-8 に限定されています.これは人名などにウムラウトアクセントが使われており,そのような多言語の文字列を一元的に扱うためにやむを得ない措置です.これを Refsort/Ruby の辞書ファイルにしたものをリリースしています(*1 *2).いずれも UTF-8 でエンコードされています.これを Windows 上の Refsort/Ruby で使うことはもちろん可能なのですが,コマンド・オプションでフィールド区切り文字を指定したいと思ったときに不具合が生じます.Windows のコンソールから指定できる文字は Windows-31J というエンコーディング(より正確には各国語版 Windows のロケールで指定されたエンコーディング)に限られます.Refsort/Ruby は UTF-8 の辞書ファイルを読み込んだ場合は,内部でのエンコーディングも UTF-8 に限定します.そこへ Windows-31J の文字列を割り込ませることはできません.

そこで v2.43 では,このようなエンコーディングの不一致を検出した場合には,コマンドラインから入力された文字のエンコーディングを辞書ファイルのエンコーディングに変換するようにしました.これは,今後のマルチエンコーディング時代でも使い勝手が悪くならないようにするための一つの改良です.

これ以外にも,フィールド指定に関する警告メッセージを増やしたりしました.だいぶ robust になってきたと思いますので,どうぞお使いください.

| | コメント (0) | トラックバック (13)

Refsort/Rubyの紹介スライドをアップ

これまで開発を続けてきた辞書参照型ソーティングフィルタ Refsort/Ruby を紹介するパワーポイントのスライドを作成し,このブログの自作ソフトの棚にアップしました.

実は,今日にでも Refsort/Ruby の改訂版 v2.43 をアップしようと考えているのですが,この紹介スライドは現行の v2.42 に基づいたものですので,多少出力時のメッセージが異なっていたりしますが,本質的には何も変っていません.

スライドの末尾には分類学に関するやや過激な私的論考を加えてあります.セミナーなどのお呼びがかかれば,できる限り対応しますのでお声がけください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/11

多少涼しくはなったものの

今週後半は太平洋高気圧の勢力が弱まり,オホーツク海高気圧から吹き出す低温高湿の気流の影響で,関東地方は比較的涼しい夏を楽しむことが出来ました.しかし,昨日はさすがに日差しと共に気温が上がり,各地で真夏並みに気温が上がりました.湿度も高めだったので,梅雨明けを思わせる蒸し暑い一日になってしまいました.

今日は大陸から南下してきた寒気が本州の中央部にやってくるようで,不安定なお天気が予想されています.突風,落雷,そして短時間の豪雨に警戒するようにとのことです.それにしても朝からムシムシと高い湿度で不快ですね.

Nonta_2012181m

暑いのは苦手なので,休みの日でも外に写真を撮りに行くのが億劫で,これではいけませんね.光が良くない家の中で猫の写真ばかり撮っています.しかしこの猫は露出が極めて難しく,白トビをなくそうと思うと黒ツブレが起き,暗部のディテールを出そうとするとハイライトが白トビする,という大変厄介な被写体です.今回もアンダーの露出補正をかけたうえでレタッチで再度補正しなおしています.

今回のレンズは銘玉と言われているレンズなのですが,絞り開放では解像感に乏しくてパープルフリンジも出やすく,2段ほど絞ってようやく本来の実力が発揮できます.室内での猫撮りにはちょうど良い焦点距離なので重宝しています.猫の柔らかい毛の質感を非常によく捉えてくれるのですが,画像を縮小するときのシャープネスの調整次第で猫の毛が太く硬い描写になってしまうので要注意.Photoshop では画像を縮小するときにデフォルトでやや強めのシャープネスをかけますので,ここは被写体ごとに要調整です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/10

ホームサーバで悩む

現在わが家にはパソコンが3台,タブレットが1台あります.パソコンは,Windows を稼働させている家族共用のメインマシンと,Linux 専用のサブマシン,そして家人専用のノートパソコンです.マシンの台数が増えてくると当然のことながらファイルの共有や同期が問題になってきます.しかも,これからはタブレットやスマートフォンからファイルをブラウズすることが当たり前になるので,家庭内といえどもしっかりしたファイル共有基盤を作っておく必要があります.できればそれぞれのマシンのバックアップも自動化・一元化したい.ファイルの同期は今でも最も必要な機能なので,Peer-to-Peer の秀逸なバックアップソフト Windows Live Mesh のお世話になっているのですが,つい先日廃止がアナウンスされたので待ったなし.

しかし,現状の選択肢はあまり豊かなものではありません.

まず考え付くのはホームサーバです.これにはさらに三つの選択肢があります.一つは Microsoft の Windows Home Server (WHS)Windows Server (WS) を専用マシンで動かすこと.もう一つは PC-UNIX 上で NAS を構築することです.三番目は専用のハードウェアを購入すること.

当初は第一の選択肢,WHS 2011 "Vail" を動かすことしか考えていませんでした.これは WS 2008 R2 をベースにしたホームサーバソフトで,Windows 7 との連携もよく考えられており,メディアサーバとしての機能も秀逸.自動バックアップも取れるし価格も非常に安い.これで決まり!と思っていたのです.ところが,今年10月 Windows 8 とともにリリースされる WS 2012 のアナウンスを聞いてびっくり.何と WHS シリーズは廃止され,その機能は WS 2012 の一つのエディション "Essentials" に引き継がれるというのです.これは困った.安価でお手軽なホームサーバー OS が無くなり,高機能ではあるものの高価で管理が面倒くさそうな WS を使わなければならなくなります.

これは大変!と,二つ目の選択肢 PC-UNIX 上の NAS を物色中です.早速目についたのは FreeBSD ベースの FreeNAS という OS.BSD 系の OS は安心感がありますし,メディアサーバーの機能も追加できるので,管理する意欲とスキルがあればこれも良さそう.最先端のファイルシステム ZFS が使えるのも大きな魅力ですし,ハードウェアに要求されるスペックも必要最低限で済みます.ただし,まだまだ発展途上の OS であり,もう少し世の中で使い込まれて使い勝手が良くなってから使いたい気もします.

第三の選択肢として Pogoplug なんて専用のハードウェアもあるのですが,ローカライズが中途半端でグローバル商品にするという気概が感じられず,どうも腰が引けています.やがて撤退するのではないかと心配しています.QNAP などの NAS 専用マシンはいかにも良さそうなのですが,高価なうえにいじり倒す楽しみが無さそうなのでパス.

発想を替えた第四の選択肢は,ホームサーバを持つことはせず,クラウド上のストレージを使ってファイルの同期やバックアップを行うというものです.これまでにも Microsoft の SkyDrive は使ってきたので,なじみが無いわけではありません.しかしまだまだ容量に限りがあり,しかもネットワーク帯域や使用制限を考えると転送速度が遅すぎて実用性がいまいち.

うーん,困った.で,とりあえずの結論は,簡単に導入して使い始めることが出来る WHS 2011 を導入して 1-2 年間ほど使ってみる,というものです.その間に,WS 2012 のホームサーバとしての可用性を検討し,同時に FreeNAS の成熟を待つという方針です.どんなものでしょうね?どなたかアドバイスを.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012/08/05

この見慣れない星の配置は?

毎晩,十分に日が暮れた後の夜空を眺めながら帰宅するので,季節ごとの星座の移り変わりを楽しむことが出来るのですが,このところ,南の空に妙に見慣れない星が見えます.てんびん座の西側,おとめ座の辺りなのですが,明るい星が二つ,南北に縦に並んでいます.一つは青白く,もう一つは赤みを帯びています.それらの西側にも明るく赤い星が一つ.いずれも1等星かそれ以上の明るさ.

Spica_mars_saturn

青白い星はおとめ座のスピカだろうとすぐに目星が付くのですが,残り二つがわかりません.というわけで,星空シミュレータソフト "Stellarium" を動かして調べてみたのが下の画像です.星空を斜めに突っ切っている赤い線は黄道

スピカと南北に並んでいたのは土星でした.へー,土星って今頃このあたりにいるのですね.西側の赤い星はやはり火星でした.黄道上にはこのように惑星がうろうろしているので,都会の明るい星空で見える星の数が少ないと,星座を見誤ることもあるので要注意.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »