« 夏と冬のはざまで | トップページ | Refsort/Ruby で JPBirdList を使う方法 »

2012/10/07

日本鳥類目録第7版に準拠したRefsort/Ruby辞書ファイルをリリース

先月の中旬ころ,予告されていたとおり,日本鳥学会から "日本鳥類目録 改訂第7版" がリリースされました.マスコミ向けにニュースリリースが出てメディアでも扱われたので,目にした人も多かったのではないかと思います.今回の改訂は実に12年ぶり.この間に鳥類分類学は大きな変化に見舞われ,それは今でも続いています.すなわち,これまでは形態中心だった鳥類の系統分類に,遺伝子解析技術による進化系統学が持ち込まれ,そこで従来の常識を覆す結果が次々にもたらされているからです.

従来の日本鳥類目録 第6版は,この変化の大波をかぶる前の古典的な系統に則っていたのですが,さすがに現時点では新しい学問成果を取り入れないわけにはいきません.それにより今回の第7版は,はおろか,に至るまで大きな変化を含んだ改訂となりました.

早速,新しいリストを Refsort/Ruby の辞書ファイルに編集しようと思ったのですが,IOC List と違って,Web にリストが掲載されるのではなく,印刷出版物によるリリースという古典的なやり方です.この目録は一冊5,500円もするので,買おうかどうしようか迷っていました.さすがに2週間ほど経つと日本鳥学会の Web サイトに Excel で作成されたリストが掲載されましたので,それを拾ってきて辞書ファイルにしました.元のリストは学名と和名だけだったので,IOC List から英名を引っ張ってきて,学名,英名,和名という標準的なフィールド構成のリストにしてあります.また,Authority の人名にはアクセントウムラウトが含まれているので,文字コードは UTF-8 に限定しています.

今回の改訂では,種の収録範囲が広がっただけではなく,日本で記録された亜種も包括的に収録されたのが大きな変更点で,これは皆さん大歓迎でしょう.この結果,第7版には667種(外来種含む)と,526亜種(外来種,ssp. 含む)が収録されています.自然分布種と外来種の両方に記載されている種もあり,たとえばトキがそうなのですが,これは歴史的経緯なども考慮されたものと思われます.

これで,日本の鳥類リストも現代的なものに一新されました.従来の分類体系が頭に染みついているバーダーがほとんどだと思いますので,ぜひ Refsort/Ruby とこの辞書ファイルを記録の整理にご活用ください.

|

« 夏と冬のはざまで | トップページ | Refsort/Ruby で JPBirdList を使う方法 »

IT関連情報」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

書洩らしましたが,この辞書ファイルのエンコーディングは UTF-8 です.従って,入力ファイルも UTF-8 でエンコードされていなければなりません.Windows の場合,デフォルトでは Windows-31J でエンコードされますので,UTF-8 が扱えるエディタなどで UTF-8 の入力ファイルを作り,かつ,そのファイルの第1行目に

#!E -*- coding: UTF-8 -*-

というマジックコメントを付けておく必要があります.これはちょっと面倒ですね.Linux であれば UTF-8 がデフォルトの文字コードである場合が多いので,このような操作は必要ない場合が多いと思います.

投稿: 俊(とし) | 2012/10/07 20:05

この辞書ファイルを UTF-8 でエンコードしたのは,Authority に含まれる人名にアクセントやウムラウトが含まれているためなので,これらの文字をアクセントやウムラウトを含まない文字に置き換えるか,そもそも Authority を含まない辞書ファイルにしてしまえば,Windows-31J でエンコード可能です.Windows プラットフォームではこちらのほうが便利かもしれませんね.

投稿: 俊(とし) | 2012/10/07 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54612/55835855

この記事へのトラックバック一覧です: 日本鳥類目録第7版に準拠したRefsort/Ruby辞書ファイルをリリース:

» Refsort/Ruby で JPBirdList を使う方法 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
昨日のポストの続きです.今回の辞書ファイルは UTF-8 でエンコードされており,これは Windows ではあまり使われない文字コードなので使い方がわかりにくいと心配しています.以下に超省略形ながらも使い方を書いてみますので,参考にしてください. (1) Ruby の入手とインストール まずは Ruby インタープリ... [続きを読む]

受信: 2012/10/08 13:46

» 日本鳥類目録第7版準拠のRefsort辞書ファイル(Windows-31J版)をアップしました [望湖庵日記 Lakeside Diary]
これも先日のポストの続きですが,やはり UTF-8 エンコーディングの辞書ファイルだけでは不便だろうと思い,Windows-31J でエンコードした辞書ファイルをアーカイブに加えました.ただし Authority は全て削除しましたので,Authority が必要な人は,オリジナルの UTF-8 版を参照してください.... [続きを読む]

受信: 2012/10/10 08:11

» IOC List v3.2 Almost Released [望湖庵日記 Lakeside Diary]
約四半期ごとに更新を続けている IOC の World Bird List ですが,遅れていた v3.2 へのアップデートがリリースされようとしています.すでに本体のリストは北米時間で10月15日アップされているのですが,最終確認を取っている最中のようです.今回のアップデートはやや控えめなもので,種数は 10,466 ... [続きを読む]

受信: 2012/10/21 08:30

» IOC 鳥類リスト v3.2 和名追加版リリース [望湖庵日記 Lakeside Diary]
IOC List v3.2 が10月15日にリリースされてから,まずオリジナル版を Refsort/Ruby 辞書ファイルに編集してアップロードしたのが11月11日でした.次にやるべきことはオリジナル版に和名を追加することです. これは簡単なようで実は大変な作業.かなりの部分は古い版の辞書ファイルを参照して自動的に和名... [続きを読む]

受信: 2012/11/25 17:06

» 日本鳥類目録第7版の Refsort 辞書ファイルを更新 [望湖庵日記 Lakeside Diary]
昨年10月の7日と10日に,日本鳥類目録第7版を Refsort/Ruby の辞書として編集しなおしたものをアップしました.それに対して,わずかにあった誤植を取り除き,またあまり意味のなかった不詳亜種のレコードを取り除き,そして最新の IOC List v3.2 に記載の英名をできる限り取り入れるという改訂を行いました... [続きを読む]

受信: 2013/01/06 16:20

« 夏と冬のはざまで | トップページ | Refsort/Ruby で JPBirdList を使う方法 »